大村 昇

宮城県美里町地域おこし協力隊(2022.04〜)/約5年の東京生活からUターン/多様な生き方を学び実践するまちの大学をつくりたい/副業コピーライター・ライター/Mr.Childrenとスヌーピーが好き/のぼ・ぼーの https://lit.link/nobo0630

大村 昇

宮城県美里町地域おこし協力隊(2022.04〜)/約5年の東京生活からUターン/多様な生き方を学び実践するまちの大学をつくりたい/副業コピーライター・ライター/Mr.Childrenとスヌーピーが好き/のぼ・ぼーの https://lit.link/nobo0630

    マガジン

    • 地域おこし協力隊としてのコラム。

      2022年4月から着任している地域おこし協力隊での活動を通じて、感じたこと・考えたことを綴っています。

      • 地域おこし協力隊としてのコラム。

    最近の記事

    「書く」から生まれた正義。

    毎日、何かしらを書いている。 地域おこし協力隊としてのWebメディアの編集や、企画書の整理、また副業としての記事やコピーの制作、あるいはこのnoteのアカウント。変な話、ひょっとしたらライターだった前職よりも「書く」に携わる時間が長くなっているのかもしれない。そのバリエーションも豊富である。 これは決してわるい話ではない。僕自身、文字や文章を考えることに抵抗がないからだ。自分の特徴や個性を活かして生きているとも思える。そして何より「書く」を愛するものとして、日々鍛錬できて

      • 髪を切ることへの抵抗感。

        小学生だった頃、僕は「自分の髪を切ること」に抵抗があった。いや厳密に言えば、「髪を切った自分の姿をクラスメイトをはじめとする他人に見られること」かもしれない。あの感覚は、いったい何だったのだろう。 まずひとつ、新鮮なものを見るような他人の眼差しにそわそわした記憶がある。きっといわゆる自意識過剰だっただろうが、「アイツ髪切ってきたぞ」と見られることが恥ずかしかった。「切ったんだね」と誰かがはっきり言葉にすることはなくとも、それなりの視線を感じたことを覚えている。そんな感覚に怯

        • 帰れるときに帰ること。

          ちょっと遅めの新年会に出席してきた。同じ課に所属する、いわば直属の先輩方との飲み会。そのほとんどが歳上であり、何より日頃の業務からお世話になっている方々とお酒を飲み交わしてきた。 3時間ほどの一次会を終えてから、一行は二次会への会場へ向かう。ハンドルキーパーとしてノンアルで過ごしていた2人の職員さんの車に乗せられていた。ただ、僕はその途中で降ろしてもらうことにした。そもそも自宅を通るルートだったということもあるが、結局帰れるときに帰った方が良いと判断したためである。 たし

          • 「面白がる」があること。

            その人自身やそこに広がる社会が面白いか、そうでないかは別として、「面白がる姿勢」って大事だよなあと思う。たとえば、目に見える景色や耳に聞こえる誰かの意見に対して、「なるほど面白そうだな」と考えをめぐらすこと。もちろん全ての物事に興味を持つことは、ひとりの人間には不可能なのかもしれない。それでも、決して無関心ではなく反論するわけでもなく、面白そうなことにアンテナを張って反応することは、大きく言えば人として大切にしたい。 その理由は、魅力的に映ると思うから、である。何を見ても何

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 地域おこし協力隊としてのコラム。
            大村 昇

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            すべては想像力しだい。

            往々にして「良いアウトプット」のためには、「良いインプット」が必要だとされる。アートからクリエイティブまで、それは世の中のあらゆるものに言えることである。現在の地域おこし協力隊を務める自分で言うなれば、地域での良い企画やまちづくりのためには、町民の皆さんとのコミュニケーションあるいは他地域の事例を知ることが必要、といったところだろうか。 しかしながら、インプットおよびアウトプットの“質”も重要になってくるはずである。ただただ教科書を読んで参考書の問題を解くだけでは、まあたし

            移住までのレイヤーを。

            まちの移住・定住促進活動を担っている。地域おこし協力隊としてUターンする直前まで、僕は東京で暮らしていた。地元である宮城でのまちづくりに興味を持ち、都内での移住イベントや現地でのお試し移住ツアーなんかにも参加した。それらを通じて地域で活動する人々に魅せられ、知り合いもたくさん増えて、安心感と共に移住してきたという経緯がある。 いま、地域の人に移住促進のアイデアを訊いてみると、比較的いきなり移住を促すような方法論が聞こえてくる。たとえば地域で起業したい人をターゲットに、予めそ

            自由を定めること。

            幼い頃、多くの人が塗り絵を経験したのではないだろうか。枠線だけが描かれた無色の、たとえばキャラクターを、クレヨンや色鉛筆で彩っていくコンテンツだ。“本物”のデザインを真似るのもよし、オリジナルの配色で塗っていくのもよし。そこには、ある程度範囲が定められた中での自由を表現できただろう。だからこそ、幼い子どもでも楽しめるものであったように思う。 これがもし、何も描かれていない真っ新な紙だったとしたら。絵を描くのが得意あるいは苦じゃない人ならば、その思いのままに線を引き色を塗るこ

            「苦手な人」ならスッと出る。

            とある街コンに参加してみたときのこと。受付を済ませると、プロフィールシートなるものが渡され、そして記入を促された。名前や年齢、職業などを書き進めていく中で「好きなタイプ」という欄があった。好みの人間(おそらく異性)のタイプを問う質問である。 しかし僕のペンは止まり、結局空欄のまま会のスタートを迎えることになった。どう書けばいいのか分からなかったというか、浮かばなかったからだ。好きなタイプが。互いのプロフィールシートを見せ合う自己紹介タイムに入ると、女性たちは「優しい人」や「

            敬語とかタメ口とか。

            「敬語やめてください。大村さん俺の高校の先輩ですよ?」 とある職員から言われた言葉である。2つ下の彼とは、高校時代に直接会うことはなかったものの、今は町の役場という同じ職場にいる。ただ、自分の地域おこし協力隊という身分が難しいのか、そうは言われても気持ちよく“先輩ヅラ”できないのが本音である。 なんというか、彼は紛れもない職員であり行政でのキャリアを重ねており、民間企業で言えば正社員。一方の僕は、今年度から期間的に委嘱された、民間で言えば契約社員のようなものである。そこま

            誰かのための言語化を。

            言語化には、それなりの自信がある。ライターとして生きてきたし、というか今も仕事で取材して記事を書いているし、毎日このnoteだって書いている。それなりの自信というか、単純にほとんどの人より長く文字や言葉と向き合っている自覚がある。 ただ、どうも自分のための言語化ばかりに時間を費やしているなあ、とも思う。べつにそれがわるいことだとは思わない。むしろ調子がいいときは「それでこそ自分だ」なんて、ちょっとしたアイデンティティも感じる。しかしながら、これではいわゆるただの自己満足に溺

            事件は現場で起きている。

            「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」 織田裕二主演ドラマ『踊る大捜査線』シリーズでの、あまりにも有名な言葉だ。調べてみると、それは劇場版の『〜THE MOVIE』で発せられた台詞であり、西暦にして1998年。当時6歳の僕には知る由もないものだったが、ドラマ名場面集だのモノマネ芸人だの、僕は平成のテレビの大きな波を受けてしっかりと記憶している。 とても本質的な言葉だなあ、と思う。たとえば、今の僕なら。 地域の課題を解決するような、あえて大きく言えば地

            就職活動における自己分析の意味。

            就職活動に取り組み出した大学時代、「自己分析」という言葉と出くわした。読んで字の如く、自分自身を分析すること。過去の出来事や所属してきたコミュニティ、自分が好きなものや興味のあることなどを洗い出して、それらの傾向から自己を知るというものである。まあ、わざわざここで言うまでもないのかもしれないが。 あの目的はなんだったのだろう。大学生だった僕は、自分を知ることによって「書類や面接で会社にアピールできること」を念頭に置いていた。つまり「採用されやすくするため」だったわけだが、い

            会話が続かなくて気まずくなる、の原因。

            最近ついに恋人ができたという26歳の青年。詳しくは聞かなかったが、かなり久しぶりに女性と付き合っているようだ。ただ、彼女と帰りの車内での会話が続かないことを嘆いていた。というか、周りの人間たちにいじられていた。 個人的には、そのあまりの初々しさに微笑ましくなる。今はもうそんなことほとんどないけれど、そういえばその感覚あったっけなあ。記憶の引き出しが開く。僕には、中学1年生の頃にお付き合いをしていた女の子へ、上手に話せなくて気まずくなっていた過去がある。 思い返してみると、

            起業を、患う。

            たとえば怪我を負ったり病気を患ったりしたら、病院へ行くという選択肢が真っ先に浮かぶだろう。「治す」のプロフェッショナルであるお医者さんのもとへ行き、治療を施してもらうこと。がんばって自分自身で、WebサイトやYouTube動画を検索して治そうとはあまり思わない。まあ、身体の程度にもよるのかもしれないが。 最近、起業支援をしてくれる人とよく出くわす。これまで企業のコンサルティングとして従事していた経験や、すでに地域での実績を積み重ねている人たちだ。地域おこし協力隊としての任期

            できていないこと、やれること。

            地域おこし協力隊として、着任からもうすぐ1年が経とうとしている。今はイベント準備や企画などに追われていた秋までと比べて落ち着いているからか、3年の任期を終えた後のことを考えている。そして、とりあえず不安になっている。 僕は任期を終えた後もこの地元に残って、自分の事業で生きていくつもりである。具体的な内容は決まっていないものの、おもにまちづくりの事業に取り組みたい。俗に言うところの移住・定住促進や、コミュニティなどという分野になるのだと思う。 Webや雑誌で、ほかの地域の協

            きっかけがあるだけで。

            今日は、ずっと気になっていた照明を、とうとうAmazonで購入した。どうやらお急ぎ便で、明日にも届けてくれるらしい。部屋がどんなふうに表情を変えてくれるのか、とても楽しみである。 2023年となってから、ここまで2週間。仕事では新たな活動にも取り組み出し、プライベートではインテリアをせっせと頑張っており、なんというかアクセルを踏み込んで活動できている感覚はある。ただ年が変わっただけ、つまり意識が変わっただけで、それなりの変化を自覚できている。人間とは、不思議なものである。さ