ミカリュスの恋愛レッスン♡

6
ノート

男性から見た夫婦円満の秘訣

今まで、女性目線でのいつまでも『夫婦円満でいる秘訣』のようなものを書いてきましたが、本田晃一さんが男性から聞いた『夫婦円満の秘訣』を記事にされていたのでご紹介させていただきますね。

男性、しかも活躍させている男性から聞いた夫婦円満の秘訣ということなので、まだ読んでいらっしゃらない方で興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

🔗「活躍している人」から聞いた夫婦円満の秘訣(世界一ゆる〜い幸せの

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます❤️ ミカリュスより
28

心と体のセクシュアリティの大切さ

フランス人の義両親は、結婚45年ほど経ち、義父が定年を迎えておりますが、寝室を別にするという発想はなく、ダブルベッドで仲良く眠っています。

彼らにとって、<寝室を別にする=離婚の危機>という意味になるようで、いつもラブラブというわけではもちろんなく、お互い不満もあるようですが、それでもカップルとしてのスキンシップをとても大切にしているのが感じられます。

反対に、私の両親は、私が物心ついた頃から

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます❤️ ミカリュスより
36

今、目の前にある幸せを味わい愛でよう。

風邪をひいて微熱で体が火照っているときって気持ちも恋をしてるみたいになるようです。

なんというかアバタもエクボという感じで、ふわっとした恋愛初期のあの感覚です。

そのことを出張から帰ってきた夫に話したら、すごく嬉しそうに、それならずっと微熱があったほうがいいねって笑われました。

健康で元気なときの私は、偉そうでちょっと可愛げがないのだと思います。

そう言えば夫は、私の体調がいまひとつだった

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます❤️ ミカリュスより
34

経済的自立よりももっと大切なこと

この記事は、主に、国際結婚をして、母国(日本)以外の相手の国に住むケースを想定して書いています。

日本在住で国際結婚している方は、基本的に自分のテリトリーで暮らしているということで、アフェーで暮らしている海外在住の国際結婚組とは違う種類のご苦労があると思われます。

日本在住の場合は、近くに家族や昔からの気がおけない友人がいることや、母国語で仕事をしていて、自分の学歴や実力にあった職業に就いてる

もっとみる
今日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
32

国際結婚における経済的&精神的自立について

本日は、国際結婚における経済的自立に関して私の思うところを書いてみようと思います。

国際結婚でしかも相手の国に住む場合で、日本と接点を保ちながら生活するのなら、お相手の男性がかなりの高収入でしかもそのお金を自由に使わせてくれるという寛容な方以外の場合は、女性側にもある程度の経済的基盤があることが望ましいと思われます。

年齢別にざっくりと分けて考えてみると

・20代前半で、日本で職務経験がなく

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます❤️ ミカリュスより
24

1日多触のススメ - 夫に健康で長生きしてもらうために

ニューヨーク在住のパワーブロガーのコモンるみさんのブログです。

🔗1人暮らしの男性は○○が足りないから平均寿命が短い(だれも書かない★ニューヨーク1%未満★)September 16, 2016 テーマ:NY幸せになれる体質作り

独り暮らしの人は
パートナーがいる人に比べ
平均寿命が短い。

特に男性は顕著。

この原因は
1人暮らしの男性は○○が足りないから。

また、こんな統計も。

もっとみる
今日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
26