エッセイを書きたい。(ラジオネーム : パラダイス楽園)
つまりはプライドの高さ。

つまりはプライドの高さ。

高校から大学を経て社会人7年目。

僕は人生においてバイトをしたことがない。

マジでない。

ついでに言うなら実家を出たことがない。

高校時代は帰ったら寝て、夜はゲーム。

「バイトは大学生になったらしよう」と思っていた。

大学時代は片道2時間かけて通学だったので、普通に疲れる。

奇跡的にバイトをしたことがない友達を2人見つけたこともあり、

「アイツが働かないならオレも働かない」というマインドを持つように。

最終的には当時のドラマに影響され、自分のことを「高等遊民」と称した。

そんな暮らしをしてきたのである。

裕福な家ではないが、有事の際にはお金をもらう。

それで案外生きていけるものである。

すべては僕のプライドの高さだ。

情けない姿を人に見せたくなかったのである。

「レジがバグって会計が…」とか、

「赤マルって何?」ってなる姿とか、

「料理に毛が入ってたけど、毛深いお前が犯人だろ!」とか。

そんな姿を晒すのが恥でしかなかった。

だからバイトしようとすら思わなかったのである。

そんな僕も、一度だけ面接をしたことはある。

大学生の頃だ。

ロック好きだった僕はTSUTAYAの面接を受けた。

そして落ちた。

最悪である。

めちゃくちゃダサいじゃないか。

プライドはズタボロ。

情けないったらありゃしない。

「だからバイトなんてしたくなかったんだよ!」と叫んだ。

数年後、そのTSUTAYAが潰れた時、両手を挙げて喜んだのは僕だけだろう。

それにしても、まぁ夏休みがキラいだった。

やることがないからではない。

バイトのCMがめっちゃ流れるからだ。

家族でテレビを観ていると、

「マイナビバイトで探せ〜♪」と聞こえてくる。

そのたびに肩身の狭い思いをしてきた。

スマホをイジるふりで必死。

一応、それなりに申し訳無さみたいなのはあったのである。

バイトをしていたら、学生時代の過ごし方に色々な選択肢が増えていたのかもしれない。

でも、とにかく恥を晒したくなかったのだ。

しかし、弊害もあった。

就活の時、企業が「バイトは?」って聞きすぎ。

「みんながみんなしてると思うなよ!」と心の中でキレていた。

就職支援課の人から「勉強に励んでました的なことを言いなさい」と言われたので、それを実行。

弊社の採用担当は、ウチの大学に来たことがあったので、

「キミ、あそこに2時間かけて通ってきたのか!?すごいな!?そりゃバイトする時間なんてないわな!」と理解してれた。

持つべきものは理解者である。

そんな僕も今では社会人7年目。

毎月親にお金を渡している。

もはやバイト経験の有無など問われない。

新人時代、

「仕事はバイトじゃねぇんだよ!責任感を持て!」と上司に言われ、

その後フォローするように

「んで、何のバイトやってたの?」と聞かれるも、

「いえ、やってないです」の一言で変な空気になったくらいだ。

そんなわけで、学生時代プライドが高すぎてバイトをしてこなかった僕。

その分、社会人で情けない姿を晒し続けている。

もはやプライドなんてない。

でも、7年も働いたのだ。

これだけで過去はチャラになるだろう。

むしろ社会に出てから学ぶことのほうが大事。

だから最後に、全国の学生に言いたい。

「プライド高ければ、バイトしなくてもいいよ」と。

ーーーーーー

過去の記事を加筆修正して電子書籍出してます!

Kindle Unlimitedのかたは無料で読めますので、アナタもぜひ!

9冊売れました!あと1冊売れてほしい!

学生時代の夏休みは、深夜ラジオ聴きながら、ずーーっとプレステ2でパワプロやってました。

ーーーーーー






この記事が参加している募集

自己紹介

私は私のここがすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エッセイを書きたい。(ラジオネーム : パラダイス楽園)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

ありがとうございます!
エッセイを書きたい。(ラジオネーム : パラダイス楽園)
エンタメ好き28歳の男です。 190センチです。 ラジオとプロレスが好きです! 内輪ネタも大好きです! 電子書籍発売しました!