マガジンのカバー画像

愛童夢のポエムの世界

74
愛童夢は、ポエムでの私(イッチャン)のペンネームです。 昔書いた作品ですが、当時の純な気持ちを楽しんで頂ければと思います。 何かあなたの心に響けばうれしいです。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

ポエム・・・今の自分から考えると・・似つかわしくないもの・・

 昔、ポエムを書いていた時期があります。
作詞作曲をやり始めたのと同時期位にやり初めています。

 ペンネームもつけていました。

『愛童夢(あいどうむ)』

 その最初のポエムを、ここで発表します。
いろんなカミングアウトをやっている自分にとっては、ここまでいくと何の恥ずかしさも・・・
ためらいもなくなってきましたね。
(笑)

 それでは、どうぞ!

●愛(love)
愛ってすばらしい
それを

もっとみる
このスキから幸せが広がる・・・素敵な1日に!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・愛~夏通信~

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 ポエムからスタートし、作詞作曲シリーズに入って、ついに今回でフィナーレを迎えました。
今回の歌は、後輩の結婚のために作ったものです。
この歌を結婚式を演奏したかは覚えていません。
ただ、長渕剛さんの乾杯をギターで弾き語りをしたのを覚えています。
まだ、シングルカット前で売れていない頃です。

 一時、結婚式での定番ソングになった乾杯を、最初に結婚式で歌っ

もっとみる
感謝、感激、あなたのスキがイッチャン嬉しいです(^^)

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・愛~春風の出会い~

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

残すところ、後2回になりました。

愛シリーズが2本続きます。
最初の1本は、春の今のシーズンに作ったものです。
少し新境地になったのかもしれません。

何故、愛に立ち返ったのか?
覚えていません・・・
(^^)

それでは、どうぞ!

●愛~春風の出会い~
(作詞 一木秀樹 作曲 一木秀樹)

春風に誘われて 私の心はゆれている
こんな胸のときめきは 生

もっとみる
あなたのスキに元気・勇気・ヤル気をもらえます。うれピー!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・道程

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 残すところ、後3回になりました。
この時期の作詞作曲は何かを達観したような内容になっています。

 大学生活が終わりを迎えようとしていて、社会人になっていく・・・
その狭間での心の動揺みたいなものもあるのかしれないですね。

特に、今年から社会人1年生になる方の心に響く詞なのかもしれません。

それでは、どうぞ!

●道程
(作詞 一木秀樹 作曲 一木秀

もっとみる
う~~ん、たまらんですな。スキの快感・・・<m(__)m>

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・想い『詞改訂バージョン』

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 前回紹介した想い・・・
コンテストの予選会をかねた録音会に臨みました。
その中でディレクターからのアドバイスを基に、詞を改訂したものが今回のものになります。

 そのコンテストとは・・
ポピュラーソングコンテスト・・・
通称ポプコンだったのです。

 ポップコーンではないですよ。
本大会はつま恋で開催される歴史あるコンテストです。
YAMAHA主催で、中

もっとみる
あなたのスキに元気・勇気・ヤル気をもらえます。うれピー!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・想い

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

久し振りに作詞作曲です。
自分の曲の中では、想い出深いものです。

コンテストに出場することになり、この作詞作曲で事前の予選会に臨みます。
その後、予選会の結果を受けて、作詞を変更します。

まずは、最初に作詞した内容になります。

それでは、どうぞ!

●想い
(作詞 一木秀樹 作曲 一木秀樹)

こうして笑顔で暮らせるのも
貴方が側にいてくれたからね

もっとみる
う~~ん、たまらんですな。スキの快感・・・<m(__)m>

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・君の秋

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

人の詞に曲をつけた最後のものです。

それでは、どうぞ!

●君の秋
(作詞 江頭朱美 作曲 一木秀樹)

まだ何も分からない
少女の君は この僕に
愛を告げた 泣きながら
ただ心のままに この僕に

僕は波もいわずに
ただ君を見てた

もう黄昏 この恋は
悲しい物語を編んで
Ah君の 泣き顔が
今にも見えてきそうな
君の秋

まだ何も信じない
卑怯な僕に

もっとみる
あなたのスキに元気がでます。今日もありがとう!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・時よ・・・

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 再び、人の詞に曲をつけたものです。
人の詞だと素直に受け止めた曲になるので、意外と仕上がりがいいのです。
しかも、短時間でできてしまう・・・
当時の特技だったのかもしれません。

それでは、どうぞ!

●時よ・・・
(作詞 江頭朱美 作曲 一木秀樹)

何も考えないであなたを見ていたかった
何も考えないであなたと走っていたかった

光の中で笑いながらまる

もっとみる
あなたのスキに元気・勇気・ヤル気をもらえます。うれピー!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・好きだから

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

この曲もすぐに口ずさめます。
すっとできた曲でもあります。

当時の私の心境がどうだったのか?
かなり揺れる頃だったようです。

それでは、どうぞ!

●好きだから
(作詞作曲 一木秀樹)

君が泣きながら僕の名前呼んでる
君の気持ちは僕にもわかるけど
こうした方がいいのさ

時がたったなら また電話するよと
言った僕の言葉に君はまた泣き出したね
君が消え

もっとみる
う~~ん、たまらんですな。スキの快感・・・<m(__)m>

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・君に贈るLove Song~大人になった君に~

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 バラードです。
今でも自然に口ずさめる自分の中でもスキな歌です。
口ずさむと心が穏やかになります。

それでは、どうぞ!

●君に贈るLove Song~大人になった君に~
(作詞作曲 一木秀樹)

夜の静けさの中で 君はすっかり眠っている
例え何が起ころうとも 僕がそばにいるから
君の寝顔に月の光が射している
まるで君は魔法にかかった白雪姫のように

もっとみる
う~~ん、たまらんですな。スキの快感・・・<m(__)m>

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・運命のいたずら

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 私の作詞作曲の中では異色の展開です。
コード進行もそうですね。
曲調も少しかわりました。

この時期、何か迷いがあったのかもしれません。

それでは、どうぞ!

●運命のいたずら
(作詞作曲 一木秀樹)

淡い夢から覚めるように 僕は君を手放したけれど
いつまでたっても君は君だし やっぱり僕は僕
そんな二人にかける言葉は 今はもう消えた
君からのラブリー

もっとみる
今日のあなたに感謝・・・明日もよろしくね。

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・少女フレンドのヒロインたち

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 大学生時代に少し、少女漫画にはまったことがあるのです。
そのきっかけは友人でした。
彼が読んでいた確か『青春諸君!』のコミックを読んだら、意外にも面白かったのです。
その後、しばらく少女フレンドを買って読んでいた時期があります。

その頃に作詞作曲したものです。

それでは、どうぞ!

●少女フレンドのヒロインたち
(作詞作曲 一木秀樹)

僕は今とても

もっとみる
今日のあなたに感謝・・・明日もよろしくね。

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・「スイート・マイ・ホーム」

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 作詞をしているうちに、以前と少し変化したように感じます。
しばらく変化した詞がつづきます。

それでは、どうぞ!

●スイート・マイ・ホーム
(作詞作曲 一木秀樹)

君は今 僕を待つ少女
白いカップのレモンティーに映る笑顔
まるで童話の主人公の様に
ひたすら僕のために夢をかなえてくれた
二人で選んだ道だからふりかえるのはよそう
赤い朝霧に囲まれたスイー

もっとみる
このスキから幸せが広がる・・・素敵な1日に!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・君が育った街

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

自分で作詞作曲したものが続きます。
感じが以前のものより変わってきています。

それでは、どうぞ!

●君が育った街
(作詞作曲 一木秀樹)

君が去ってくその前に黄色い菜の花をあげよう
君が育った街からの小さい贈り物を
時が立つのは早いもので君はすっかり大人になり
今日が君の雪国へのお嫁入りの旅立ちだ

汽車に乗る君の姿が涙でかくれ
いいそびれたさよなら

もっとみる
このスキから幸せが広がる・・・素敵な1日に!

ポエム・・・愛童夢のワンダーランド・・心象列車

『愛童夢(あいどうむ)』のポエム・・・

 私が作詞作曲した中で、自分自身で一番好きなものです。
高校生の純な男心を歌にしています。

 高校生当時の私は、まさにこの詞の通りです。
今では、その面影もありませんが・・・
曲をお聴かせできないのが残念です。

それでは、どうぞ!

●心象列車
(作詞作曲 一木秀樹)

朝からゴトゴト列車にゆられ
かばんをさげた僕は
斜め向こうのドアの前に立ってる

もっとみる
美味い、美味い、美味い・・煉獄さんのように・・スキありがとう!