【清水カップ】私のターニングポイント №27

今日は、初めて遭遇した時に、そのネーミングセンスにやられたぁ、となった、庵忠 茂作(あんちゅう もさく)さんの企画、「【清水カップ】私のターニングポイント」への参加記事です。

-------------------------------------

ターニングポイントってどこだった?
と今までを振り返ってまず浮かんだのは、中学校の時の担任、カイトー君から選択肢をもらった時だ。

中学3年生の

もっとみる
いい事がありますよ、たぶん
7

📸書きたいし撮りたい。よくばりかなぁ。

二兎を追う者は一兎をも得ず。欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗することのたとえ。昔の人はうまいこというなと思う。

メジャーリーガーである大谷選手の『二刀流』が話題にあがるたびに、人って二つの夢を持ってはいけないのかと意識してしまう。

大谷選手と自分を同列に語っているわけではない。平々凡々生きてきた私と、それこそ天才級のメジャーリーガーとなんて比較できない。ただ

もっとみる
ありがとうございます🙌🏻☺️
8