micro_bit

ESP32で作るインタネットラジオ

100円有料ですが、最後まで読めます。いいねと思って百円をあげてもいいと思う方だけ、サポートの意味でご自由にご購入ください!繰り返しますが、買わなくても最後まで読めます!もし売り上げが3億円になったら電子工作に専念します!サポートをお願いします!笑 みなさん、おはようございます! 早…

100

『教師が一人一人の生徒と向き合う』ということができるようになるんじゃないかなと、生…

micro:bitで社会課題を解決しよ~ この学びの中で、「micro:bitが国語の授業に役立つようなプログラムを考えられたら考えてほしいなぁ」「今までそんな事例は見たことがないし、わたしも思いつかないんだよね」と投げかけてみました。 「えっー、むずかしい…」という反応でしたが、何人かは実際にプ…

PLEN:bitで感染症対策!

こんにちは! PLEN Projectの松原功樹です。 今回の記事では、 ・PLEN:bitについて ・CO2センサーを用いた換気お知らせプログラム ・プログラム内容 以上をご紹介します。 はじめに 感染防止対策として、CO₂センサーが注目されています。大気のCO₂濃度は約300ppmですが、換気をしていない、いわゆ…

中学生に「プログラミングで社会課題の解決考えて」って言ったら、全員考えられた話

前回に続きmicro:bitで社会課題の解決の授業のお話です。 この授業のことをちょっとだけお話しする機会があった時に、「今の中学生って社会課題の解決ってお題を出されたら、みんな考えられるんですね。すごいなぁ」といっていただきました。ありがとうございます。 たぶん、ESDとかSDGsとか小学校…

micro:bitで音の出るサイコロを作ってみた

音の出るサイコロ 今回はmicro:bitでサイコロを作ってみた。と言っても本物の六面体のサイコロではなく、振るとLEDに1から6までの数字が表示される電子サイコロを作った。また、LEDが表示されるときに音も出るようにした。 加速度センサとスピーカー micro:bitが振られたことを検知するとためには…

子どものプログラミング教育を家で始めてみる (その8:micro:bit端子入力)

micro:bitの端子入力を学ぶ 前回はmicro:bitの基本的な使い方としてボタンによる入力を学んだ。今回はその続きで端子(ピン)による入力を使ってみる。 micro:bitの端子 micro:bitにはいくつかの入力手段があり、その一つが今回試してみる「端子」。正確にはGPIO (General Purpose Input & Output)と…

子どものプログラミング教育を家で始めてみる (その7:micro:bitボタン入力…

引き続きmicro:bitの基本的な使い方を学ぶ 前回はmicro:bitで初めてのプログラミングとしてLED表示を学んだ。今回はその続きで、micro:bitの基本的な使い方としてボタンによるインプットを学ぶ。 micro:bitのボタン micro:bitにはいくつかの入力手段があり、その一つが今回試してみるボタン。 micr…

子どものプログラミング教育を家で始めてみる (その6:micro:bit LED点…

いよいよプログラミングに突入 前回まででPCとmicro:bitのセットアップが完了したので、今回からいよいよプログラムを作ってみる。娘は以前にScratch Jrはやったことがあるので、全く初めてではないが久々のプログラミングである。まずは最も基本的なLED点灯から始めてみる。 LED点灯プログラムの作…

子どものプログラミング教育を家で始めてみる (その5:micro:bit購入とセッ…

ようやくmicro:bitに触れてみる 前回まででRaspberry Piを利用したPCのセッティングがようやく完了したので、今回から6歳の娘と一緒にmicro:bitで初めてのプログラミングを始めてみるまでの過程を描く。 micro:bitって何 micro:bitはイギリスのBBCが主体となって作った教育向けマイコンボード。 英…

STEM教育事始め①micro:bitで遊ぶ

自分は文学部という文系の大学に進み、英文学を学んだのですが、現在はシステムエンジニアをやっています。 大学の授業が直接業務に役に立っているかというとこれは非常に疑問であります。 子供たちはどのような仕事に就くのはわかりませんが、面白い仕事というのはSTEM系に偏る傾向というのはあるか…