【怪恐分裂】クラスメイト

【怪恐分裂】クラスメイト

俺が小学六年くらいの頃は、いわゆるオカルトブームてやつだった。 皆、超能力開発とか、こっくりさんとかに本気で熱中して口裂け女に本気で怖がってた。 そんな俺も、あの頃はオカルト好きで、特にUFOに目がなかった。 よく夜に友達と地元の山に登ってUFOがいないか探しに行った。 その、よくUFO探しを一緒にやってたのが友達のA君だった。 A君はUFOが大好きで、クラスでUFO好きとして皆によく知られていた。 A君は、ほぼ毎日、一人でも山や人気のいないところに行ってUFOを探していた。

スキ
3
宇宙人との遭遇

宇宙人との遭遇

最近、UFO見ました!とか、そういった情報が僕の耳に入ってくるのですが、そういう時期なんでしょうか(笑)。 実は僕も、今からちょうど一年前の2020年9月に、UFOを初めて見ました。その時の勢いで、当時YouTubeの動画にアップしたのですが、また機会があったらアップしようと思います。その時の空模様がトップ↑の写真の感じです。色の合成など全くしていません。明らかに様子のおかしい空でした(笑)。 それまで、クライアントさんの目撃情報を聞くくらいで、僕は目撃したことはありませ

連載小説 アンドロメダから僕は来た(24)

連載小説 アンドロメダから僕は来た(24)

秩父駅に着くと真夏ちゃんのおばあちゃんが迎えに来ていた。 待ってたよ真夏、よく来たね、今日は泊まって行くんだろ、真夏の好きなシチュー作っといたからね、おばあちゃんはニコニコととても嬉しそうだ。 明日もオフだからもちろん泊まって行くよ!おばあちゃん久しぶり!と言って真夏ちゃんはおばあちゃんの腕にしがみついた。 え、泊まるの、聞いてないよお、僕はちょっとドキドキした。 はじめまして、と僕がおばあちゃんに挨拶すると、なかなかイケメンの彼氏だねえ、とおばあちゃんは真夏ちゃんを

スキ
38
UFOをみたときのはなし

UFOをみたときのはなし

小学校高学年のとき、私は野外活動クラブに入っていた。その名の通り、川に行ったり山に行ったりするのだが、その回は「落ち葉で焼き芋を焼こう」というものだった。 当時も今も日付感覚の曖昧な私は、前日になってようやく明日焼く芋が無いと焦りだしたのだが、ちょうど暇をしていた姉が芋を買いに車を出してくれることになった。田舎は車移動がデフォルトだ。ついこの間の帰省も姉がイヤイヤながら迎えに来たわけだが。 八百屋まで車で数分。さつまいもを2本買った。珍しいことに姉が出してくれた。無事、芋

スキ
1