PowerAutomate

Teamsでボタン付きメッセージや画像付きメッセージを送信する方法!
+2

Teamsでボタン付きメッセージや画像付きメッセージを送信する方法!

アダプティブカードとは?Microsoft Teamsにリッチなメッセージを送信できるアダプティブカードをご存じでしょうか? ▲こんな感じでボタンや画像が付いたメッセージをTeamsに送信することができるのがアダプティブカードです。Power Automate などから発火させてTeamsに送信します。 アダプティブカードの作り方は?通常、こういうメッセージを作成するにはHTMLとCSSの知識が必要になるのですが、アダプティブカードデザイナーを使えば、ほとんどドラッグ&ド

Power Automateを使った情報共有
+3

Power Automateを使った情報共有

 こんばんは。今日は大学ゼミをしました。大学生と一緒に卒業研究について検討しました。その後、1杯だけ飲んで、今、電車の中で書いています。  今日は、Microsoft Automateを使ってみたので、それについて書いてみようと思います。MIEEにならなければこの機能に出会うことはなかったと思いますが、いろいろ勉強をしていて使いたくなったので使ってみました。  前回も少し書きましたが、こんな感じでOnenoteを使って授業をしました。このフォームに子どもたちが入力したもの

スキ
1
RPA勉強会 WinActor Talk ~WinActor最新情報をいち早くお伝え~

RPA勉強会 WinActor Talk ~WinActor最新情報をいち早くお伝え~

スキ
1
PowerAutomateで承認フローを作ってみた話

PowerAutomateで承認フローを作ってみた話

まえがき 私の会社ではSharePointのカスタムリストを使ってます。 これまでExcelを使っていたのですがクラウドサービスの方が情報共有が速やかで便利ですね。 SharePointはワークフロー機能(PowerAutomate)も付いており便利だったのですが、先日「いつ承認されたのか通知できないの?」との声が上がりました。 ワークフローを作ってみた言われてみればたしかにカスタムリスト中にはステータスの表示ができますが、いちいちリストを見に行かない人もいるようで、意

スキ
1
Power Automate × Officeスクリプトで電子取引データの索引簿をつくってみた(Officeスクリプト編①)
+6

Power Automate × Officeスクリプトで電子取引データの索引簿をつくってみた(Officeスクリプト編①)

こんにちは。aliceです。 今日のテーマは「OfficeスクリプトでPower Automateから値をもらおう!」です。 元はこちら 「Power Automate × Officeスクリプトで電子取引データの索引簿をつくってみた」のOfficeスクリプトの部分についてもうちょっと書いていきたいと思います。 この部分の ここのところです。 ではでは、スタート! この部分は何をしているかというと、Power Automateから値をもらっています。  ​fo

スキ
4
Power Automate × Officeスクリプトで電子取引データの索引簿をつくってみた
+21

Power Automate × Officeスクリプトで電子取引データの索引簿をつくってみた

こんにちは。aliceです。 2022年1月1日から電子帳簿保存法が改正されますね。 (注:そんなに理解していない) ↓国税庁電子帳簿保存法一問一答【電子取引関係】 (内容については省略…。) 私の職場はタイムスタンプって何ですか?という職場なので規程とファイル名で対応するのかなと思っているのですが、せっかくだからExcelの検索簿もほしい。ただいちいち作るのも・作ってもらうのも面倒なのでPower AutomateとOfficeスクリプトを使って検索簿を作ってみま

スキ
4
PlannerのバケットIDを半自動的に指定する
+14

PlannerのバケットIDを半自動的に指定する

ごきげんよう。百合宮桜です。 今日はPlanner×SharePoint×PowerAutomateでバケットID指定方法を書いていきます。備忘録的なものなのであくまでご参考まで。 こんな人向け・ドキュメントライブラリにあるファイルをPlannerでタスク化したい ・でも……全部同じバケットだとわかりにくいから分類したい ・でも……タスク化するごとに手入力やドラッグは面倒くさいなぁ 準備【SharePoint】 ①ドキュメントライブラリを用意する ②1行テキストの列を追

Wi-Fi繋がればどこで仕事してもOK!のロボ研、メンバー募集中です
+5

Wi-Fi繋がればどこで仕事してもOK!のロボ研、メンバー募集中です

こんにちは!ロボ研のAskeyです(^^♪ 本日ロボ研エンジニアのK2がキャンプ場から朝礼に参加、 Teamsにニッコニコの山男が現れました(笑) 本日のK2の仕事環境はこんな感じだそうです。 バッテリー持参でサブモニタ設置するところはさすがエンジニアですね! ロボ研の勤務場所の条件は「Wi-Fiがつながるところ」 はじめて聞いたとき冗談かと思い試しに「海辺の屋外カフェで仕事してまーす!」て写真投稿したら、普通にいいね!されて、本当にOKなんだ・・・と驚きました。

スキ
3
【検証してみた!】Power Automateは連携による効果に期待!
+8

【検証してみた!】Power Automateは連携による効果に期待!

こんにちは、アンジーです。 今日はMicrosoft製のRPAについてもご紹介していきます。 すでに「RPA」の枠さえも飛び越えており業務プラットフォームの一部に「AI」や「RPA」が組み込まれている。そんな世界です。 IT技術が世界の業態を変える昨今、次世代プラットフォーマーとなるであろうMicrosoft社の視野や裾野は果てしなく広い。 日本の中小企業まですべてのユーザーがサブスクリプションの低コストで便利なローコードプラットフォーム利用がすぐにできるのだから本当に凄い

スキ
7
Power Automate DesktopでExcelマクロとパラメータをやり取りする方法。
+12

Power Automate DesktopでExcelマクロとパラメータをやり取りする方法。

やること Power Automate Desktop(以下:PAD)を使って、Excelマクロに2つの引数を渡してマクロを実行して、PADでマクロの戻り値を受け取ります。 PADでは直接マクロの戻り値を受け取ることができません。PADに戻したい値をExcelに記述し、PADでそこを参照するようにして結果の値を受け取るようにしました。 1マクロのコードSub main(num1 As Integer, num2 As Integer) With ThisWorkbo

スキ
3