D2Cブランド

①商材の◯◯により異なる顧客獲得手法について考察②D2Cの広告チャネルの変化について | 進撃のD2Cマガジンレポート Vol.029【2021年5月16日配信号】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このnoteマガジンは、D2Cブランドのノウハウや豆知識、D2C最新ニュースや経営の裏側など、私自身の見立てを毎週1本程度のペースでレポートする【進撃のD2Cマガジン】です。

noteの公開記事やTwitter等ではなかなかお話しできないD2Cの戦略や経営の裏側などの情報を発信してい

もっとみる
ありがとうございます!ぜひフォローもしていただけると嬉しいです!
5

モール系ECサイトにありがちなミス3つ、 あなたもやっていませんか?

月商1000万円を超えたら
ECよりもD2Cブランドの方が、
ファンができるって本当?

モール系ECサイトにありがちなミス3つ、
あなたもやっていませんか?

本題へ

仕組みでファンにするためのD2C
EC企業が目指すべきD2Cブランドとは?

そのミス3つとは?!
1つ目
広告に依存している
2つ目
CPAのみをKPIにしている
3つ目
モール系でしか売上があがらない
です。

顧客のニーズ

もっとみる

LASTLAB採用情報



応募はこちらから>>

業務内容LASTLABオリジナル商品や、取扱いブランド商品のご提案、及び、お買取をお任せします。人気モデルのご説明、フィッティングのアドバイスをしたりと、販売するだけではなく、商品のストーリーをお伝えし、共感いただく面白さがあります。入社後は、革靴に関する知識をイチから教えていきますので、革靴に馴染みのない方もご安心ください。

・LASTLABの店舗運営全般

・お取

もっとみる

ファッションにおけるD2Cとは結局何だったのか?

こんにちは。ワタクシ、OEMアパレルの会社をやってるmasashi kugeといいます。

この記事がNOTEデビューです。不慣れなところがめっちゃありますが、お目汚し程度に読んでもらえたら幸いです(笑)

さて今日は、ファッションにおけるD2Cに関して考察してみようと思います。D2C( Direct to Consumer)は2007年頃に米国で始まり、2014年頃に急速に拡大してきたビジネスモ

もっとみる

人生も装いも、しなやかに選ぶ。5年のキャリアブランクを経た私が、SOÉJUで自分を取り戻すまで #私を語る一着

「柳に風折れなし」という言葉を前に抱くのは、しなやかに生きることへの憧れ。自立できるほどの軸は持ちながらも、周囲の環境に合わせ、柔軟に変化していく。太い幹を持つ大木も魅力的だけど、柳のよくしなう枝の柔軟性は、一見か弱くも、逆境にも負けない“強さ”の象徴なのだと思います。

人生も装いも、自分らしく、しなやかに選ぶ。

柳のような強さを連想させたのは、SOÉJUメンバーの橘田純代さん。SOÉJUの思

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
37

ブランドを作るのは人。ブランドプラス、ブランドマイナス。

先日、秋田市にあるとあるお店に行きました。誰もが知る有名なブランドでファンもたくさんいます。私も昔から好きなブランドですが、横手にはないので最近は購入機会が減っていました。前から欲しかったものを購入しようと秋田市での仕事帰りに立ち寄ってみたところ、思いもよらぬ出来事に遭遇しました。今回は実際に体験した「ブランドマイナス体験」です。

思いもよらぬ接遇お店に入った私はお目当てのものだけでなく、なにか

もっとみる
これからもスキしてもらえるような記事書きます!
2

消費者心理としての理由の後付けとRTB(Reason to Believe)の重要性 | 進撃のD2Cマガジンレポート Vol.028【2021年5月9日配信号】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このnoteマガジンは、D2Cブランドのノウハウや豆知識、D2C最新ニュースや経営の裏側など、私自身の見立てを毎週1本程度のペースでレポートする【進撃のD2Cマガジン】です。

noteの公開記事やTwitter等ではなかなかお話しできないD2Cの戦略や経営の裏側などの情報を発信してい

もっとみる
ありがとうございます!ぜひフォローもしていただけると嬉しいです!
10

vol.4 供給過剰の時代に考える、正しい売り方、買い方とは何だろうか。

vol.3でも触れましたが、過去20年の間で、日本で大きな成長を遂げたのは、業態問わず「安さ」を売りにした店舗でした。

成長を牽引してきた小売業の多くは、SPA(製造小売り)というスタイルで、中間業者をできる限り排除し、また大量に生産することで商品原価を下げ、販売価格を下げることに成功しました。

私たち消費者は、安さの恩恵を享受してきた一方、その裏には、売れ残った商品が多く廃棄されてきた事実が

もっとみる
スキをありがとうございます!嬉しいです!
1

vol.3 安いものばかりが売れているのは、お金がないからではないはず。

私は、美しく、心地よく、気分を高揚させられるものこそ、自分らしく力を発揮できると信じています。

良いものを身につけると、気持ちが高まり、「よし、がんばろう!」と気合いが入ります。
昔から、そのときの自分にとって、少しばかり背伸びをしても、長く愛用すれば元は取れると思って、高価でも品質の良いものを長く身につけるようにしています。

社会人になって、一番最初に奮発して買ったものは、カルティエの時計。

もっとみる
スキをありがとうございます!嬉しいです!
2

Tu es Belle誕生の軌跡



初めまして、チュエベル代表の咲吾と申します。
富山県の片田舎で3人兄弟の末っ子として生まれ、ひとり遊びをよくするような幼少期を過ごしました。

大学進学を機に上京し、在学時より"起業"をぼんやりと考えており
2020年8月、2社経験した後に23歳にしてVentureBlossomを創業。
真っ先に頭に浮かんだのは、かつての「彼女の存在」でした。

今年で彼女と別れて、4年が経ちます。
彼女は僕

もっとみる
Tu es Belle!
4