D2Cブランディング

D2Cについて解説

D2CとはD2Cとは「Direct to Consumer」の略で製造者がダイレクトに消費者と取引をするという意味の言葉です。メーカーなどの製造者が自社ECサイトで商品を消費者に直接販売するため、販売業者を介しません。 D2Cが普及した背景2000年代後半のアメリカにて、今の形のビジネスモデルとしてD2Cは登場しました。D2Cが世界的に広く普及した理由として以下が挙げられます。 1 消費の考え方のシフト 時代が進むにつれて消費者のニーズや消費そのものへの考え方が大きく変

スキ
1

スタッフ直伝。『足のタイプ』別のサイズ悩み&その解決方法

はじめまして。OitoのKazuです。マーケティングとカスタマーサービスを担当しております!メールやDMでお問い合わせいただいた際に、返答している中で、Instagramでお客様の【足の悩み】をたくさん聞いてきました。そこでOitoの靴にかかわらず、皆様が普段抱いている足のお悩みが少しでも解決されるように対応策を書いていきたいと思います。 インスタのQ&Aで最も多かった悩み…『横幅がタイトだな…外反母趾で靴選びが難しい…靴擦れが怖い…そもそもパンプスってどのように保存するの

スキ
4

急増した名刺??

名刺管理サービスSanSanに登録された名刺を分析したところ、「D2C」、「SDGs」、「DX」というキーワードが急増していたとの事です。 特にD2Cは直近2年間で5倍に増えたとのこと。 D2Cとは、 ダイレクト•ツー•コンシューマーの略称であり、生産した商品を小売店舗や他社のECを一切経由せずに直接販売する事です。 近年のコロナ禍の影響もあり、オンラインショッピングがより一層当たり前になってきており、小売店舗に商品を置かないで自社のSNS/EC上で販売する企業が増えて

スキ
15

お待たせしました、秋冬の新商品のご紹介。

ご無沙汰しております!Oito店長、Ayaです。すっかり秋めいて参りましたが、みなさん体調など崩されていませんか? おかげさまでMakuakeでの応援購入、目標比5000%達成することができました。本当にありがとうございます。売れるかわからない中で、売れたことも嬉しいですが、その一方でDM、コメントなどで「本当にこんな靴初めて!」「早く次の商品出して!」というお声をいただくのが本当に励みになります。改めまして、本当にありがとうございました。 私自身も、過去たくさんブランド

スキ
19

日陰を作ってレイバンのサングラスをPRする広告がクールすぎだ

たまたま見つけた広告画像で、アイディアを掻き立てられるようなクールなものを見つけたので紹介します。 それが上記の広告。 これはイタリアの有名サングラスブランドのレイバンの広告で、 バスシェルターを活用した、日陰でサングラスを演出している広告です。 おしゃれでいいですよね。レイバンという文字まで日陰で再現されててクールです。 ちなみに、夜になったら必要ないから消えるっていう仕様ですかね、それもまた良いですね。 設計がちゃんとされています。 https://buti

スキ
1
+4

今話題のD2Cとは?【D2Cの意味から成功事例までを紹介】

こんにちは、NETSHOP FACTORYの仲谷です。 こんな方はぜひご覧ください! ・ネットショップの出店を検討している方 ・D2Cを詳しく知りたい方 ・Web制作会社に依頼を検討している方 このnoteでわかること ・D2Cの意味 ・D2Cの成功事例 ・D2Cで成功するポイント そもそもD2Cとは何なのか? 近年、ネットショップ界隈では、D2Cというビジネスモデルが話題になっていて、導入している個人や企業が増えています。しかし、D2Cは決して新しいビジネスモデルで

スキ
1
+4

現代社会で変化するオンラインとオフラインの形 / 服飾史から考える店舗と販売の関係

2020年から始まったコロナ禍の中、人と人が非接触で生活することを余儀なくされ、店舗は休業をするという、かつてない事が現実となってしまった。百貨店や商業施設にとって、死活問題の大きな課題である。今まで「店舗にお客様が来店して、販売員が接客する」この形式に何の疑問を持たずに我々は脈々と続けてきたわけだが、このコロナ禍でファッション販売を継続するためには強制的にオンラインを活用する事以外に選択肢はなかった。そして、販売スタッフはリアル店舗で対面接客をするのと同様に、オンライン上で

スキ
11
+3

なぜレノアの柔軟剤は、花王のハミングを追い抜いて、柔軟剤で国内最大シェアを獲得できたのか【マーケティング】

世の中が豊かになればなるほど、マーケットに商品は溢れかえり、不満足が溜まっている状況は解決され、やがて「大体なんでもいいよね」という時代になります。 日本や欧米や、欧州などの成熟した社会では、まさに人々は「大体なんでもいいよね」という認識のもとに生きており、もしも新しいニーズがそこにあったとしても、資本力のある大企業が即座にニーズを埋めてしまうわけです。 じゃあ、我々のような新参者のプレイヤーは為す術がないのでしょうか?いいえ、そんなことはありありません。「大体なんでもい

スキ
3
+4

【D2C】とはお客様と直接つながり、売る方法

こんにちは、小学生でもわかるマーケティング講座です。 このnoteは【大人になった僕が小学生の頃にマーケティングを学ぶならこう教わりたい】を想像しながら書いています。 今回は「D2C(ディーツーシー)」について、解説します。 いったんはEC、通販みたいなものとイメージしておいてください。 1.D2CとはD2CとはDirect to Consumerの略で 自ら企画したり生産した商品をお客様(Consumer)に直接(Direct)売る方法 のことです。 コンビニ

スキ
10

【失敗からの学び】個人でのD2Cビジネス立ち上げるにおける4つの落とし穴

D2Cとは? D2Cとは、自社で企画・製造してそのまま自社のサイトなどで直接販売する方法のことです。最近では多くの企業がこのビジネスモデルに参入し、注目されています。また、全て自社でやるため、個人でも「アパレルやアクセサリーなどを作りたい」と思った時に参入しやすいビジネスモデルと言えるでしょう。 【D2Cビジネスの特徴】 ▪️製作者の思いをダイレクトに消費者へ届けられる ▪️口コミなどを製品に反映しやすい ▪️中間コスト・マージンを削減できる ▪️ユーザーのデータが手に入

スキ
2
有料
500