20年卒

n日後に退職する君へ #6

n日後に退職する君へ #6

唐突な係替えにより営業になって2日がたった。 率直な感想としては、不安しかない。今まで避けてきた預かりと言われる分野もやる事になった。 民間企業に勤めているいじょう、必ずつきまとう、収益を得るというサバイバルゲームが始まったのだ。 今までは、受け身の接客というか、目的があって来店したお客に対して提案を行い、付随する事務をやっていた。 だがしかし、自分でアポを取り、提案し獲得しなければならない。 僕はいまだに収益を獲得できていない。 営業には、0はいらないのだ。 ただどう営業す

スキ
2
n日後に退職する君へ #3

n日後に退職する君へ #3

僕の同期は218人いる。これだけいれば、すでに退職した子、辞めたいと考えるも行動に移せない子、転職活動を始めた子、やりがいを感じる子と様々だ。会社に長く勤めれば、退職するタイミングを失っていくと思う。給料が上がるし、担当を持つようになり、縛られるようになるからだと思っている。 新しく何かを始めるのに年齢は関係ないとは思うが、長く生きるほど背負う荷物は増える。 僕は今の会社に社会勉強というなの修行をしに入った思っている。もう少しだけ学ばせていただきます。

n日後に退職する君へ #2

n日後に退職する君へ #2

今日は、朝会にて係替えを告げられた。事務的なポジションから営業にいくとのこと。 2年目のこの時期に営業に行けることは光栄なことである。しかし、余りに急な出来ほどで 心の準備や引き継ぎが追いつかないと感じた。 係替えの理由は、営業人員の強化であり、果たして私がいって強化されるのか疑問である。 私の後任は、4月に入社した子で、余りにかわいそうである。なんとか駄々をこね、2週間引き継ぎに使っていいと許可をいただいた。 少しでも円滑、円満にこの部を離れられるよう最大限、努力しよう。

n日後に退職する君へ #1

n日後に退職する君へ #1

2021年5月31日。僕は、会社を辞める決意をした。いつ辞めるか、転職先はまだ決まっていない。 そもそも何故退職する気になったのかだが、 今のところ3つある。 1つ目は、会社の目指す姿とお客様の意向が逆比例してると感じた。具体的には、高齢化が進む地方で、DXを推し進めたとしても、利用できない方や必要ないとおっしゃる方がたくさんいる。 2つ目、数字に追われることに嫌になった。会社員は避けては通れない道ではあるが、お付き合いで買ってもらったり、お願い営業が私にはできないと感じたか

スキ
3
【第5回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

【第5回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

皆さんこんばんは!新人機械エンジニアです! 珍しく連日note投稿に成功しています笑 公私ともにモチベーションの波が激しく、治さなければと昔から考えています。 他の人のnoteを見て初めてフォローした方がいたのですが、文章の書き方が上手でスラスラと読めてしまいました。 わたしもライティングスキルを磨かねば、、、という気持ちになりました。 長文のコメントを書きながらも、これ伝わらないだろうなと感じて自己嫌悪に陥っていましたね。 ともあれ、就職活動頑張っていただきたいです!

スキ
3
会社ほど伝言ゲームが成立しない場所はないって話|日常|

会社ほど伝言ゲームが成立しない場所はないって話|日常|

こんばんは! 新人機械エンジニアです! 今日は会社員生活を送っていく上での話になります。 少し愚痴っぽくなってしまいますが、最後まで読んで頂けたら幸いです。 皆さんは、子供の頃「伝言ゲーム」で遊んだことはありますか? お題を後ろの人に伝え、最後の人まで正しく伝わるかというゲームになります。 途中の人がわざと間違えたものを伝言するなどし、最終的に訳のわからない文章になるというゲームです。 さて、社会人生活を送っていると社内外様々な人と会話をします。 この際、面白いくらい「

スキ
2
【第2回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

【第2回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

こんにちは!新人機械エンジニアです! 今日は私の全7回就職活動体験記の第2回「エントリー企業選び」に関して綴っていきます。 第1回の大学院進学か就職かについて綴った記事も合わせてご覧ください。 それでは行ってみましょう! ◆「やりたい」より「やりたくない」を重視私の就職活動の根本はここにあります。 誰しも憧れの業界や仕事はあるかと思います。 しかし、志望業界を絞り過ぎ手札が尽きることが怖かった。 そのため、私は「これだけはやりたくない」仕事を考えることにしました。

スキ
4
【第1回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

【第1回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

こんにちは! 新人機械エンジニアです。 私は地方国公立大工学部卒で、20年卒として就職活動を行いました。 本日より全7回に渡って、私の就職活動について綴っていきたいと思います。 とは言うものの、現在のCOVID-19 前であり、また周囲と異なる方法で内定をとっています。 全員が共感する内容だとは思ってませんが、ひとつの例として読んでいただけたらと思います。 それでは行ってみましょう! ◆大学院進学か就職かまず初めにですが、理系学部生にとっては避けられない問題「進学・就

コロナとたたかう新卒社員

コロナとたたかう新卒社員

昨年4月緊急事態宣言の発令とほぼ同じくらいの時期、わたしは社会人になりました。 入社式は無くなり、スーツを着る機会もなく、歓迎会という名の飲み会もなく、3月27日くらいに送られてきたパソコンだけが私の生活のニューフェイスでした。 4月1日社会人としての新生活がはじまりました。 「リモートは3割増の元気で行きましょう〜♪」という研修講師の空元気のもと、緊張なのか違和感なのかよく分からないソワソワ感と一緒に研修は進んでいきます。 もちろん画面越しの同期とは雑談ができないか

スキ
5
復職して5日間の記録。

復職して5日間の記録。

久しぶりの投稿です。 気がつけば12月、あっという間に今年が終わってしまいますね。身体に突き刺さるような寒さが襲ってきてコートとマフラーが欠かせなくなりました。 朝、布団から出るのも億劫になりますよね。 近々今年の出来事を記事にまとめようと思っています。ぜひゆるゆると読んでいただきたいです。 本題に入りますが…… 私は適応障害になり1ヶ月の休職期間を経て今週元の会社へ復職をいたしました。その5日間をどう過ごしたのかを記録していこうと思います。 ●復職1日目(11月30

スキ
29