【第5回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|
見出し画像

【第5回】東証1部上場化学メーカーに就職するまで|全7回|

皆さんこんばんは!新人機械エンジニアです!

珍しく連日note投稿に成功しています笑
公私ともにモチベーションの波が激しく、治さなければと昔から考えています。

他の人のnoteを見て初めてフォローした方がいたのですが、文章の書き方が上手でスラスラと読めてしまいました。
わたしもライティングスキルを磨かねば、、、という気持ちになりました。
長文のコメントを書きながらも、これ伝わらないだろうなと感じて自己嫌悪に陥っていましたね。
ともあれ、就職活動頑張っていただきたいです!

今日もわたしの就活体験記になります。
これまでの記事のリンクは下に貼っておきますので、確認してください。

本日は、面接について綴っていけたらと思います。
それではいってみましょう!

◆企業が採用したい学生はたった1つ!?

はい。就職活動の根幹です。
企業にとって採用したい学生の特徴は、たった1つしかありません。

稼げるか?
稼げないか?

わかりやすく解説していきます。
皆さんUNOで遊んだことはあるでしょうか?
手札を確認する際、相手を攻撃する「ドロー4やスキップ」などの特殊カードを欲しがりますよね?(私の性格が悪いことは置いておいて笑)

よく高学歴や体育会出身者が受かりやすいなどの噂が出回りますが、これは当然のことだと言えます。
中途採用では、ある程度稼げるかどうかわかりますが、新卒採用では未知数の部分が多いです。

そのため、企業は特殊カードに化ける確率の高い高学歴や体育会出身者を多く採用します。
だってガチャの確率上げたいのなんて、当然じゃないですか。

では、学歴や体育会でない人は、どうすべきか?
ガチャの確率を上げる方法を共有したいと思います!

◆先天的性格【面接のポイント】

1つ目は、生まれ持った性格(パーソナリティ)です。
これは、今後変わることがない根本的な性格になります。
例えば、、、

✔︎負けず嫌い
✔︎好奇心旺盛

などがありますね。
この部分は、特に気をつけることはありません。
むしろありのままの自分を曝け出した方が、入社後のギャップに悩むことは無くなるでしょう。

強いて言うならば、ネガティブなことをポジティブに言い換えることが大切ですね。

好奇心旺盛(ポジティブ)⇆飽き性(ネガティブ)

言い換えが苦手な方は、ネットで調べると山ほど出てきます。
日本語が不自由な私は、良くネットで検索してますね笑

◆後天的性格【面接のポイント】

重要なのはこちらです。
経験に基づくパーソナリティです。

何かしらの課題に対し、どのような取組を実施し、その結果どうなったのか?
ここで、結果の良し悪しは関係ありません。
この一連のプロセスを経験していることが重要なのです。

俗に言う「PDCA」を回すというやつですね。
皆さんは、これまでの人生で様々な経験をしてきたと思います。

全国大会優勝のような、華やかなものでなくていいんです。
受験勉強や研究活動、もっと言えば給食当番のようなものでも全然大丈夫です。

経験から得た自分ならではの性格や考え、それら全てが企業にとってはガチャの確率を上げる材料になるわけです。
学歴もスポーツの結果も残してなかった私は、この部分に全力を投じました。

こんな経験をした僕に、賭けてみませんか?

このスタンスで面接に挑んでいましたが、案外落ちないものです。
むしろ印象に残ったのではないでしょうか笑

◆最後に

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

就活時選ばれる側の気持ちばかり持ってしまいます。
一方で、一度選ぶ側の気持ちになってみると客観的に自分を見つめ直せると思います。

こんな学生にだったら、賭けてみたい。
将来化けるかもしれない。

こんな印象を持たせることが大事なのではないかと思います。
万人にウケるとは思っていませんが、参考にしていただけたら嬉しいです。

応援しています。
今日はこの辺で

2021.5.6 某喫茶店にて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
社会人2年目/東証一部上場化学メーカー勤務/地方国公立大学部卒 ◆機械エンジニアの業務や資格取得・たまに日常について発信予定(仮)