インタビュー#8 「日本の子ども達はロボットみたいね」その一言が、とても衝撃的でした

今回は、JICA日系社会ボランティア(現 日系社会青年海外協力隊)としてブラジルで日本語を教えた経験を持ち、現在はオンライン教室「アリストテレスの窓」を開講する石森 和麿さんにお話を伺いました。

(私が現役の先生にインタビューをする理由は、こちらの記事に書いています。)

* プロフィール *
石森 和麿(いしもり かずま)さん
高校まで勉強が大嫌いだった経験から、なんとかおもしろくならないもの

もっとみる

因島フィールドワーク合宿6日目

こんにちは。
4人全員一巡して、1番めにバトンが戻ってきました、りーえです。

↓昨日の投稿をお見逃しの方はこちら↓

本日8月13日の午前中は、昨日の話し合いで話題に挙がった「因島観光協会」、まだ訪れていなかった「大浜PA下り」、万田発酵でおなじみの「HAKKOパーク」へ行きました。

まず初めに向かったのは、土生港近くにある「因島観光協会」

尾道市営中央駐車場から、同じ建物内の観光協会へと進

もっとみる

「青年海外協力隊のいま」#5 フィジーの精神病院の作業療法士!松本周子

青年海外協力隊の「これまで」と「いま」を紹介するコーナー
「青年海外協力隊のいま」

第5回はフィジーで作業療法士として精神病院で勤務した松本周子(まつもと ちかこ)さん!

編集者と同じフィジーが任国ですが、僕が描くフィジーとは違った姿を見ることができます。

貴重なフィジーの精神病院の様子も写真付きで見ることができます。

海外で働きたい医療関係者の方は、特に、お見逃しなく!

自己紹介

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
4

続けたもの

海外協力隊の任期は2年間。せっかくなので2年間色々続けてみよう。というのが私の活動以外でのテーマでした。続けてみたものを書いておきたいと思います。

noteを書く
 研修所入所から帰国まで約450日間、毎日noteを書き続けました。主に書こうとしていた事は、自分の感じた事とその原因です。具体的には自分の感情が動いた時にその元となった原因を考え、それを書くという作業をしていました。おかげでメタ認知

もっとみる
是非ともまた読んで下さい。
1

アフリカマラウイの田舎町の暮らし(不思議な幸福感)

あれから4年ぐらいの月日がたったのでしょうか?もう忘れかけてしまっていますが、アフリカのマラウイに住んでいた時に、ミトゥンドゥという町にいたことがあります。この町に引っ越して最初の半年は電気がなく、水道は帰国する日までありませんでした。水は、近くまで汲みに行きます。朝から火をおこして炊事します。水浴びはバケツ1杯ですまします。7月8月の寒い日(南半球です。)には朝おこした火で、湯を沸かして浴びまし

もっとみる

因島フィールドワーク合宿5日目

合宿5日目に突入!
今日は合宿の拠点である「晴耕雨読」からスタートです。

「特産品である八朔の知名度をもっと上げる方法ないかな…。」

「本因坊秀策囲碁記念館や地蔵鼻、観光地はあるけど距離があって車じゃないと厳しいかも…。」

「しまなみビーチを活用して因島を盛り上げることはできないかな…。」

などなど…。4日間のフィールドワークの経験を活かして、それぞれの気づきを共有することにしました。

もっとみる

使徒、襲来

この記事は、熱と怒りに浮かされながら書きました。ナウシカに登場する王蟲に例えるならば、もはや虫笛も効かないほどに真っ赤に染まっているといったところでしょうか。「支離滅裂とはこういうことを言うのね」、という部分をお楽しみいただければと思います。以前の投稿「夜に正体不明のおじさん二人組が家にやってきた」の詳細を含みます。

_______________________

熱、下痢、寒気、頭痛、ダルさ

もっとみる
ハクナマタタ!
23

因島フィールドワーク合宿4日目

こんにちは、初めまして。2019年度2次隊マーケティングとして、グアテマラで3ヶ月活動していました、『ぽん』と申します!本日は私が、フィールドワーク合宿の様子をレポートさせて頂きます。

本日の主な活動は、滞在先のゲストハウスの床の張替え作業です。今日は5人で作業を進めていきます。それでは早速見ていきましょう。

こちらが本日張り替える部屋のBefore です。畳の上に絨毯を敷いている状態です。

もっとみる

確かなものは「自分」だけ

電気を付けずに湯船に浸かり、斜め上の壁を見つめる

夏の夕方 まだまだ外は明るく その光が浴室内を照らす

温かいし 静かだ

4ヵ月前はこんなことありえなかった

湯船に浸かることはあり得なかったし
そもそもお湯自体 やかんで沸かすか太陽光で温めなきゃ無かった

純粋な静けさもあまり無かったような

我が家の周りは住宅街だったので、教会からの爆音や近所の子供の声 それを叱る親の声と 生活音に満ち

もっとみる
うれしいです(;_;)
5

「青年海外協力隊のいま」#4 南の島バヌアツで環境教育!吉村圭太

青年海外協力隊の任地での活動といまを紹介するコーナー
「青年海外協力隊のいま」

第4回はバヌアツで環境教育をしていた吉村圭太(よしむらけいた)さん!

南の島国・バヌアツで廃棄物の管理などに関わった吉村さんをご紹介します!

自己紹介

名前:吉村圭太(よしむらけいた)
隊次:2019年度2次隊
職種:環境教育
派遣国:バヌアツ

皆さん、こんにちは!
2020年1月から3月末までバヌアツに派遣

もっとみる
ありがとうございます!よい一日を!
7