ドミニカ共和国

続けたもの

海外協力隊の任期は2年間。せっかくなので2年間色々続けてみよう。というのが私の活動以外でのテーマでした。続けてみたものを書いておきたいと思います。

noteを書く
 研修所入所から帰国まで約450日間、毎日noteを書き続けました。主に書こうとしていた事は、自分の感じた事とその原因です。具体的には自分の感情が動いた時にその元となった原因を考え、それを書くという作業をしていました。おかげでメタ認知

もっとみる
励みになります。
1

移住|ドミニカ共和国への道が開いた話

このnoteは、文化人類学や地域研究を学ぶ当時大学3年(21歳)だった私が、夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国をフィールド地に選び、紆余曲折を経て移住した記憶を綴ったものです。

 今から2年前の2018年1月、Kさんと話し終えた私の気持ちは数時間前と比べ物にならないくらい晴れていて、これから何が起こるのか、今自分がどういう状況にいるのかを、咀嚼しきれないままで

もっとみる
ありがとうございます!写真:ソフトメンバーとグアグア内で
3

ホームステイ先での生活

ドミニカ共和国の隊員はみんなホームステイをすることになるので、私もホームステイをしていました。ホストマザー(おばあちゃん)との生活となりました。そこでの生活について書いておきます

困った事

・キッチンが汚い
 基本的に常にシンクの中に洗い物がある状態でした。料理するためにはまずは洗い物からのスタートとなることが多く、料理をする頻度は減りました。

・騒音がひどい
 幹線道路沿いだったのでトラッ

もっとみる
是非ともまた読んで下さい。
3

現地での標準的な一日

私の任地は大都市の首都サントドミンゴでして、ホームステイをして暮らしていました。ステイ先にはおばあちゃん1名でした。現地での標準的な1日を時系列で紹介していきたいと思います。

6:40 起床
大体朝ごはんにリンゴを食べてました。

7:10 通勤
行きはウーバーというタクシーを利用して出勤していました。大体400円位で20-30分程度。ウーバーを使わないと、バス(もしくは徒歩15分)⇒地下鉄(1

もっとみる
ありがとうございました。
1

海外生活で助かる「MINISO」

「MINISO」という企業をご存知だろうか。
どこかの日本企業を思わせるロゴ。
ユニクロと無印良品とダイソーを足して3で割ったような商品コンセプト。
世界中に店舗があり、日本にも4店舗あるので、見たことがある人、利用したことがある人もいるかもしれない。

日本に居るなら、わざわざ利用することもないであろう「MINISO」。
しかし、海外に滞在する時にはとても助かるお店だ。

ドミニカ共和国にも「M

もっとみる

現地でのストレス

ドミニカ共和国での1年間の生活や活動では様々なストレスを抱えていました。そこまで深刻化はしませんでしたが、そのストレスの原因を紹介しておきたいと思います。

・人間関係
 最も大きなストレス要因はこれでした。現地の人も日本の人もです。協力隊はどうしても人間関係が固定化して、逃げ場がないとう状況が生まれやすいので、この人間関係で悩むととてもストレスが続くという状況でした。嫌な人には関わらない。という

もっとみる
是非ともまた読んで下さい。
3

【後編】東京→ドミニカ→茨城 コーヒーがつむぐ地域の未来、わたしの未来

思いきって会社を辞め、ドミニカ共和国のコーヒー農家のもとで2ヶ月間のホームスティ。30歳という区切りのタイミングで、大きく人生の舵を切った和田まりあさん。(前編はこちらから。)

ドミニカでコーヒー栽培に関わる人たちの温かさに触れ、コーヒーに対する気持ちはより一層強くなったものの、帰国後にあらためて自分の未来と向き合う時間をすごします。

今回は、ドミニカから戻ったまりあさんが、茨城県大子町(だい

もっとみる
うれしいです!次回もお楽しみに

高校野球において本格的に球数制限が導入されないのはなぜか?

毎年夏に開催される『全国高等学校野球選手権大会』。

私も幼い頃に野球をしていたことから毎年気にかけており、有力校(特に大阪桐蔭高等学校)の試合は可能な限り観るようにしているのですが、私のように毎年夏の甲子園を楽しみにされているという方は多いのではないでしょうか?

もちろん甲子園大会は夏だけではなく春にも開催されているのですが、それでもやはり春の甲子園大会よりも夏の甲子園大会のほうが燃え、楽しみ

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!

持ってって良かったものと持ってけば良かったもの

みなさんドミニカ共和国ってどのようなイメージでしょうか。私自身はたくさんの野球選手が日本にやってくるというイメージしかなく、他は何も知りませんでした。向こうに行って驚いたのは、首都のサントドミンゴはとても発展しているという事。基本的には何でも買えます。そんな中でも買えないものはありますので、そんな事を書いておきたいと思います。

◎持ってって良かったもの

計測器
 活動上必要だと思ったので、持っ

もっとみる
グラシアス
3

活動内容と成果と反省と

要請内容は、ドミニカ共和国のエネルギー鉱業省という所で、公共施設の省エネルギーを推進することでした。これは、「公共施設のエネルギー使用量を10%削減する」という大統領の公約に紐づいたものです。

この目標を達成するために私の行った具体的な活動は以下の3つです。

①施設の省エネルギー診断とその省エネ提案
②施設管理者向けのセミナーでのプレゼン
③文書の作成、チェック

私の中ではこれらの活動を通じ

もっとみる
応援ありがとうございます
2