ドミニカ共和国

ドミニカ移住 #13 : 念願のバニでMLBトライアウトに遭遇

バニに行く理由

___________2018.6.13
 6月13日、ついにバニへ行く日がやってきた。バニとは首都のサント・ドミンゴから60キロ以上離れた田舎町で、ペンションに住む野球少年デイビッドの地元でもある。さらに私にドミニカへ来るチャンスをくれたKさんが調査地として過去にドミニカ人家族と居住していた地域でもある。ドミニカに着いたら必ず行ってみたいと思っていたバニに、そろそろ一人で探索に

もっとみる
ありがとうございます!(川へ行くぞ~バイクにノーヘル3ケツ!)
15

協力隊を経て変わったこと(就職してみて編)

どうもお久しぶりです。協力隊のまとめもいい加減に終わらせないと、と思いつつ、別の事を書きます。

就職して約1か月経ちました。協力隊での経験があったから変わったであろう事と、変わってなかった事を書いておきます。

・基本的に素の状態
 昔は仕事の時はキャラを変えて頑張ろうみたいな気持ちがあったり、給料もらうのだから一生懸命やらなきゃ。みたいな感じでしたが、今は業務中も昼食中も業務後も変わらない態度

もっとみる
応援ありがとうございます
3

ドミニカ移住 #12 : ドーノバンと初対面(現地の日本語学校へ訪問)。

___________2018.6.9(土)
この日は、アラニスが彼女の通う日本語学校へ一緒に行こうと誘ってくれた。6月1日にトニーさんの紹介で知り合ったアラニス(↓#9)は、前々日の7日にも私のiPhoneの件(↓#10)で現地警察まで一緒に付き添ってくれた。

グアグアで日本語学校へ

 私とアラニスはグアグア(現地の乗り合いバス)で首都中心地近くにある日本語学校へ向かう。グアグアに乗るときは

もっとみる
ありがとうございます!とても嬉しいです。
35

ドミニカ移住 #11:約束した「2度目のMLBアカデミー」

5月中、ドミニカに来て初めて行ったMLBアカデミー。調査地でたまたま知り合ったモデストは、その翌日に私をMLBのアカデミーに連れて行ってくれた。

その後も、イポドロモで何度か彼を見かけたが、そのたびにドミニカの野球や日々の生活についての話をしてもらった。そして、6月15日に彼の選手デロミオがサマー・リーグで登板することが決まると、前回の約束通り再び私をアカデミーへと誘ってくれた。

待ち合せ

もっとみる
ありがとうございます!とても嬉しいです。
30

#10 : ドミニカ生活一番の失態。スリかどうかもわからぬままにiPhone紛失。

このnoteは、当時 文化人類学や地域研究を学ぶ大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)に移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

表題通りの出来事が起きた。
↓↓  約2週間後、日本の友人に報告するため、めちゃくちゃ落ち込んでるのに出来るだけ明るく装って投稿したインスタのストーリー。

海への

もっとみる
ありがとうございます!(川へ行くぞ~バイクにノーヘル3ケツ!)
54

ドミニカ移住 #7 : ロッシとの出会い、平日の午後

このnoteは、当時 文化人類学や地域研究を学ぶ大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)に移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

グラウンド上の情報屋?

___________2018.5.29

 少年たちが野球を練習している間、その横で水やジュース、ちょっとしたスナック菓子を売っているお

もっとみる
ありがとうございますーーーーっ!
28

ドミニカ移住 #6 : イポドロモの人びとと接する

このnoteは、文化人類学や地域研究を学んでいた当時大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)に移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

人を”みる”少年たち

___________2018.5.29

 火曜日の朝はまたデイビッドたちと一緒にイポドロモに足を運ぶ。到着して約一週間が経ったが、彼

もっとみる
ありがとうございます!(川へ行くぞ~バイクにノーヘル3ケツ!)
19

ドミニカ移住 #5:初めての一人行動・冒険の日

このnoteは、文化人類学や地域研究を学んでいた当時大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)に移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

一人で出かけよう

___________(2018.5.28)

 28日(月)、この日はイポドロモ(練習場のグラウンド)へ行かずに一人で少しだけ遠出してみる

もっとみる
ありがとうございます!写真:ソフトメンバーとグアグア内で
22

ドミニカ移住 #4 : ボス登場

このnoteは、文化人類学や地域研究を学んでいた当時大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)に移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

朝食をとってグラウンドへ

___________2018.5.24(木)

 翌日、デイビッドとウェリントンが朝ごはんのパンを食べる。朝ごはんと夜ご飯をつくる

もっとみる
大好きなアラニスと!
13

ドミニカ移住 #3 : 荷物を置いたらすぐグラウンド!

このnoteは、文化人類学や地域研究を学んでいた当時大学3年生(21歳)だった私が、小さいころからの夢だった海外でのフィールドワークを行うため、野球が盛んなドミニカ共和国(以下、ドミニカ)をフィールド地に選び、移住した合計約10か月の記憶を綴ったものです。

Uberの難を逃れて

 思うところは山ほどあったが、トニーさんが追加料金を払ってくれたことで、無事目的地のペンション(アパート?マンション

もっとみる
ありがとうございます!!!
18