部活動指導員

部活動指導員

部活動指導員と外部指導員何が違うの?

私が部活動指導員になって1年が経ちました。
私個人としては、外部指導員と比べてとても動きやすくなったというのが実感です。

外部指導員というのは、技術指導員ということがメインで
部活動の練習を見るという立場です。外部指導員だけでは活動はしていなく
顧問が付いていることが前提です。本番などの引率業務も不可です。

部活動指導員になってできるようになったことは、

もっとみる

部活動指導員として1年

初めまして。石黒琢也と申します。初のnote投稿です。

よろしくお願い致します。

都内で吹奏楽部の部活動指導員をさせて頂いています。

部活動指導員というのは、外部指導員とは異なりまして、

顧問の先生と同じように部活運営をし、

スケジュールを作成したり、保護者と連絡をとったり、コンクールの指揮を振ったり、学校の鍵をお借りして戸締りもできる市の嘱託職員になります。

学校の先生の働き方改革に

もっとみる

消防職員の可能性について思うこと

今回は消防の仕事の話ではなく、休みの過ごし方について思うことを書いてみたいと思います。

初めて書いたnoteに消防の勤務体制など書きましたが、僕の所属している消防本部は3交替制です。ですので、僕は一回の勤務の次は非番、週休と二日の休みがあります。最近よく、この二日の休み(勤務外)の過ごし方に消防職員の可能性があるのではないかと考えています。

僕が住んでいるところは、近くに山や森があります。そん

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
4

学校管理下での熱中症による給付件数と予防対策、その歴史

最近暑くなってきました。日焼けの季節、とともに熱中症のリスクが高まる季節。久しぶりに学校安全webのデータから、学校での熱中症による災害給付件数をまとめました。

*参照データ
学校の管理下の災害 [平成30年版]
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/kankobutuichiran/tabid/1912/Default.aspx

死亡件数(平成30年度)

中学校

もっとみる
ありがとうございます!
4

卓球での負傷傾向(中学校・高等学校等での体育的部活動中)

中継されているとつい観てしまって動けなくなるのが卓球。
テレビでアジア大会女子の3位決定戦行われていました。
中継の中で石川佳純選手が滑って転倒していたのをみて、そういえば卓球だとどんな怪我が多いのかといったことがちょっと気になりました。

試合も接戦だったので、なかなか作業が進まず。。でしたが、
いつもどおり中学校・高等学校等での体育的部活動での給付状況から。

負傷部位の比較(中学校・高等学校

もっとみる

競技人口と負傷発生推移は関連するのか?年代で発生部位は変わるのか?ラグビーの場合

スポーツに怪我はつきもの、ラグビーは負傷が多い怪我
だから、しょうがないではなくやはりできるだけ減らしていかなくてはいけないもの。普段関わっているラグビーでの負傷・疾病発生推移を調べてみました。高校だけだと比較もしにくいので、中学校での推移と比較しています。中学生はスクールもありますが、対象にしている学校安全の災害給付は学校での活動が対象なのかな?ということで。

1.主要負傷・疾病総数の推移

もっとみる
Thanks!
4

中学校では減り、高校では増えている~体育と体育的部活動中の負傷・疾病~

中学校と高等学校等での平成23年度~29年度での負傷・疾病発生数をそれぞれ体育(保健体育)と体育的部活動中で算出してみました。
負傷として、骨折,捻挫,脱臼,挫傷・打撲,靱帯損傷・断裂
疾病として、熱中症,外部衝撃に起因する疾病,負傷に起因する疾病

【外部衝撃等に起因する疾病、負傷に起因する疾病など】
(1) 転倒、衝突、強打などに因る脳震盪
(2) 電気熔接の際における光線に因る電気性眼炎
(

もっとみる
ありがとうございます!
2

過去10年の春季大会出場校数(東京都高校ラグビー、公立校)

今週末から東京都高校ラグビー春季大会が始まります。
関東大会につながる大会であり、秋のシードにも影響する大会。
東京では数少ない公式戦です。

ここ10年での、公立高校(都立など)の出場校数や各校の回数を調べてみました(今年度の出場校数は平成31年4月1日現在掲載数)

合同チームという制度があっても少しずつ減っている、というのがこのグラフからは見えてきます。
そんな単純じゃなくて、近年参加してい

もっとみる
ありがとうございます!
1

年間5000人以上負傷している体育や部活での「筋トレ」

何度か投稿している、「学校での負傷・疾病」。前回は準備運動や筋力トレーニングでも負傷が多く発生しているという点をあげました。

上の記事ではどういう種類での発生が多いのか、またどの部位での発生が多いのか、ということを挙げました。

これについては、そもそも筋トレって何しているの?とか、準備運動ってどこまでを指すのか、、、、とかいろいろあいまいな点が多いのも確か。

今回は筋力トレーニングに絞って、

もっとみる

会社の人事部を部活に例えてみた③配属

新人を採用して、育成して、配属して、評価して~という人事部の仕事と、部活動を並行して考えてみている。
今日は、③【配属】について考えてみたい。

会社に入社し(採用され)、新人研修を終え(育成され)、次は、職場への【配属】が行われる。では会社(人事部)は、どのように配属を決めているのだろうか。

そこには2つの視点があると思う。
1)会社としての視点と、2)配属される社員の視点だ。
そして

もっとみる
スキ嬉しいです!
6