小説「15歳の傷痕」―30

― じれったい ―


三原市で開催された全国総合文化祭広島県予選は、全国大会への推薦は勿論、優秀校にも選ばれず、納得した演奏が出来た俺としては不満の残る結果となった。

新村部長も同じだったようで、俺に

「せめて優秀校位はもらえると思ったんですけど、厳しいですね」

と、話し掛けてきた。

「なんだろなぁ、何が悪いんだろう。大して上手いと思わなかったM高校が選ばれてるのは、顧問の裏の人脈かの

もっとみる
次の回も一生懸命頑張ります!ごきげんよう!
18

チアリーダー部1回生ここ

こんばんは。チアリーダー部1回生のここです。

私は高校時代、DOLPHINS,Hに所属しており、チアダンスを通して野球部やアメリカンフットボール部の応援をさせていただいていました。その時の私にとって応援で沢山の人を笑顔にするDOLPHINSは憧れの存在でした。

高校の部活を引退して、少し憧れていた引退ライフというものがついに自分にも到来!と思いきや、すぐに飽きてしまい楽しく充実してはいたのです

もっとみる

嫌いと尊敬

中学生の時の部活の先生が死んだ。62歳で大動脈乖離とのことをグループLINEで知った。

自信を持って言えてしまうほど「全国出場」を果たす強豪校だったと思う。だから朝から夜まで、休みは無く、遠征も多かったし、先生の気合に引くことも度々あった。

まだ13、14、15の私にとって、先生は両親よりも1日を長く過ごす一番身近な大人だった。それなのに、タバコ臭いおじさんの匂い・二日酔いのお酒の匂い・褒めず

もっとみる

自己紹介から

皆さんの投稿を見ていると自己紹介から始めている方が多かったので自己紹介したいと思います。

私は医療系の学校に通っている学生です。

高校は3年間全く勉強をせず、部活だけの3年間だったので大学にも専門学校も合格出来ず……。

高校卒業後は1年間予備校に通って浪人生をしていました(このことについても後々書いていこうと思っています)。

このnoteを始めたきっかけは、
「文章が上手く書けるようになり

もっとみる

それぞれのエール

「そんなんじゃだめだぞ!もっと、シャキッとやらないとだめだろ!」

大きな声がひびく。

一瞬あたりがシンと静まり返る。

声を出したのは90代の男性だ。

立ち上がって若者たちを見つめる。

見つめた先の若者たちは、高校の吹奏楽部の子たちだ。

私はドキドキしながら事の顛末を見守っていた。

***

夏の始まりを感じる7月の上旬頃に、毎年私が勤めている施設のデイケアでは、七夕会と称してボランテ

もっとみる
あなたにいいことがありますように
14

吹奏楽部1回生山内

こんばんは。吹奏楽部1回生の山内と申します。私は中学と高校の計6年間、吹奏楽部に所属しておりました。ほぼ毎日あった練習は決して楽だと言えるものではありませんでしたが、様々なことを経験し、学び、かけがえのないたくさんの仲間と思い出ができました。

私が入団を決意した理由は2つあります。
1つ目は、純粋に吹奏楽が大好きだからという理由です。中学生の時に「なんとなく」で入った吹奏楽部でしたが、仲間と一つ

もっとみる

小説「15歳の傷痕」―29

― 南西部の伝説 ―

1

せっかく若本から有力な情報を教えてもらったというのに、俺が文化祭の準備で生徒会室に行く時に限って、森川さんはいない。
まあ2年生から、文化祭ではクラスの出し物を準備せねばならないし、もしかしたら文化系の部活に入っていて、忙しいのかもしれない。

と言っても、顔を合わせたら何を話して良いのやら分からないから、良いような、悪いような…。

しばらくは6月4日㈯に三原市まで

もっとみる
次の回も一生懸命頑張ります!ごきげんよう!
22

チアリーダー部1回生うかりん

こんばんは。チアリーダー部1回生のうかりんと申します。

高校時代は茶道部に所属しておりました。小学生の頃には、父の影響でトライアスロンや自転車競技に力を入れ、中学校では水泳部に所属していました。意外だと言われることが多いのですが、素敵な仲間と先生に恵まれ、実りある高校生活を送ることができました。また、中学生から課外で中国武術太極拳のチームに所属しており、槍や剣を使って演舞をする伝統武術を学んでま

もっとみる

吹奏楽の好きなところ!part2

part1の続きです。
part1よりも少し奥深い魅力を語ってみます。

吹奏楽の好きなところその4
完成形がない

これは吹奏楽に限らず音楽全般に言えることかもしれませんが、吹奏楽のいいところは突き詰めようと思えばどこまでも突き詰められるところだと思います。

個人の技術にしろ、全体での曲作りにしろ、終わりがないというのがとても大きな魅力です。

次から次へと課題が見つかるし、ここをこうしたらも

もっとみる

吹奏楽部1回生増井

皆さんこんばんは。
応援団総部のnoteをご覧いただきありがとうございます。
吹奏楽部1回生の増井と申します。

私は高校時代、吹奏楽部に所属していました。
学生主体の部活動で、ほとんど全てのことを学生が中心となって活動していました。
そのため一つひとつの出来事が忘れられない思い出になっています。
中でも年に一度の定期演奏会は座奏だけでなくマーチングを行ったり、台本や照明まで細かく制作したのでとて

もっとみる