吉原の大人の遊び場跡をリノベしたギャラリー兼スパイス料理屋さん、ただいま準備中!@三ノ輪 ギャラリーアンドスパイシーフーズ P

愛欲がうずまく夜の街で
何かが始まる

じょいっこのスパイスの師匠である
マジックコバヤシさんは現在
ギャラリー兼スパイス料理屋を準備している
ところなのですが、オープン前の
プレイベントがあると聞いて
行って来ました。

マジックコバヤシさんは、
現代アートの作家であると同時に
スパイス料理も上手で、
いろんなイベントで
スパイス料理を作っている多才な方です。

場所は吉原。
最寄り駅は日比谷線

もっとみる
よろこび組~
24

【2019秋-7】中村区大門界隈ツアー

~名古屋の旧赤線・中村遊廓跡をじっくりまち歩き~
開催日:2019年9月14日(土)
開催地:愛知県名古屋市
ガイド:松村冬樹さん / 元 名古屋市蓬左文庫 調査研究員
URL:http://dai-nagoyatours.jp/past/6407.html

こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回のツアーは、ツアーズではおなじみの大門界隈をまち歩き。同じコースのようで、毎回少しずつ内容を変え

もっとみる

南国鹿児島のリアルに陰気なネオン街…火山灰臭い遊郭跡「甲突町」を歩く

当記事は2012年8月から「新日本DEEP案内」で公開していた記事を加筆修正したものです。

今回レポートするのは九州最南端の鹿児島県。九州新幹線開通で関西から西側の住民にとっては特に行きやすくなった場所だが我々が鹿児島に着いた日は奇しくも桜島噴火で街中灰だらけ、散らばる灰をかき集めた黄色いビニールの「克灰袋」があちこちに置かれている異常事態。

鹿児島市民にとっては「また灰か…」とウンザリ慣れた

もっとみる

港情緒を失った横浜が、メリー伝説に与えた影響

拙著『白い孤影』の終盤で書いたように、彼女のイメージはなんども変遷しています。

そのひとつはいまでこそ「終戦後のパンパン」の生き残りのように語られる彼女ですが、80年代当初は「ミナトのマリー」と呼称された、ということです。つまり米兵ではなく、マドロス(外国人船員)相手の女だと捉えられており、文字通り「ミナトの女の伝説を生きる最後の一人だった」とイメージされていたのです。

〈六十代とおぼしきその

もっとみる

メリーさんに瓜二つのハリウッド女優…ほんとうに偶然なのか?

メリーさんのお姫様ドレスと白塗りは、彼女のトレードマークであり、エキセントリックさの象徴でもあります。しかし白塗りで有名なエリザベス一世の件もあります。こういう人は案外珍しくないのかもしれません。

だからという訳ではないのでしょうけれど、とあるハリウッド映画に、メリーさんそっくりなキャラクターが登場しているのです!

それは1962年に制作された『何がジェーンに起ったか?(原題:What Eve

もっとみる

メリーさんの白塗りに関する補足的な考察

彼女の白塗りを「謎」という人たちがいますが、あれは謎と言うより世代間ギャップではないかという気がします。

自然美を目指す近代美容は、白塗りメイクではなく「素肌を活かすメイクこそが美しい」としています。しかし近代以前の世界では、素肌を隠すメイクの方がむしろ一般的でした。

近代以前の女性はコルセットで腰をきつく締めたり、上記の「バッスルドレス」のようにフレームを入れてスカートを膨らませるなど、服も

もっとみる

【2019夏-7】中村区大門界隈ツアー

~名古屋の旧赤線・中村遊廓跡をじっくりまち歩き~
開催日:2019年6月22日(土)
開催地:愛知県名古屋市
ガイド:松村冬樹さん / 元 名古屋市蓬左文庫 調査研究員
URL:http://dai-nagoyatours.jp/past/5656.html

こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回のツアーは、大正から昭和初期に栄えた中村遊郭の面影が残る中村区の大門地区をまち歩きしました。

もっとみる

サマー・メイク・ブルース/仕舞いのレッスン~実用編

朝いちで用があって銀行へ。
外は午前中なのに信じがたいほどの灼熱地獄!倒れるかと思った。全身汗だくだ!
逃げるように帰ってきてすぐ部屋をクーラーで冷やす。その間、たまらずシャワーを浴びた。上がって、でもタオルで拭くそばから汗が噴き出してくる。
部屋に戻る。ふう、と一息。クーラーが本当にありがたい。さあ、メイクをし直そう・・・・・

できない。
体温が上がり過ぎてしまっている上ホットフラッ

もっとみる
ありがと♡キス♡ちゅ♡
5

【2019春-36】中村区大門界隈ツアー

~名古屋の旧赤線・中村遊廓跡をじっくりまち歩き~
開催日:2019年5月18日(土)
開催地:愛知県名古屋市
ガイド:松村冬樹さん / 元 名古屋市蓬左文庫 調査研究員
URL:http://dai-nagoyatours.jp/past/4791.html

こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回のツアーは、大正から昭和初期に栄えた中村遊郭の面影が残る中村区の大門地区をまち歩きしました。

もっとみる