素敵なものを自分事にして正しく知る。そして知ってもらうためにできることをする。読書メモ『焼きまんじゅうとカプチーノ』

たぬましのぶさんの
『焼きまんじゅうとカプチーノ』を読みました。

本書の著者、たぬましのぶさんとは
昨年10月に出版された『私のツイート』を
きっかけにつながり、
Twitterでも仲良くさせていただいています。

群馬県のソウルフードである
焼きまんじゅうを広めたい、
多くの人に知ってもらいたい想いを持ち、
日々活動されています。

本書は、その焼きまんじゅうが登場し、
大切なことを教えてくれ

もっとみる
ありがとうございます!大好きです☺
1

「聴く」ということは、受信だけでなく相手を受け止め肯定する発信でもある、双方向のコミュニケーション。読書メモ『傾聴メッセージ』

昨年末に読んだ荒木信雄さんの
『傾聴メッセージ』

著者の荒木信雄さんは、
Twitterでも仲良くさせてもらっている
ノームさん

日々のTwitterでの発信も、
ほっとするやさしさに満ち溢れ、
自己肯定感を高めてもらえます。

私も、ノームさんのことばから
たくさんの気づきや勇気をもらっていますが、
それはノームさんの「人たらしカウンセラー」で
ある人柄あってのもの。

ノームさんが「国家資

もっとみる
ありがとうございます!大好きです☺
1

自分が投資で成し遂げたいことを決め、自分のコンパスを持とう。読書メモ『自分に合った伸びる銘柄の見極め方』

master kさんの
『株投資やるなら知らなきゃ損 自分に合った伸びる銘柄の見極め方』
を読みました。

資産運用として代表的な株式投資ですが、
「いつも高値掴みしてしまう」
「アナリストの言った銘柄を買ったのに値上がりしない」
といった悩みを持つ人は多いです。

本書では、著者が12年の株式投資の経験から
財務や株価の指標で選ぶスクリーニングと
読者個々の強みを組み合わせ、
全上場企業3600

もっとみる
ありがとうございます!大好きです☺
1

文章執筆の順序は、概要から細部におとしこむのが良い

情報の伝達を目的とする、記述文や説明文について

まず始めに、おおまかに全体像を示して、読んでいる人にざっくりとに内容を把握してもらいます。

次に、記述を細部におとしこんでいくことが望ましいです。そのように記述すると、読者が細部の記述を理解することが簡単になるからです。

さらに、細部の記述にも望ましい順序が存在します。中身を、機能別、性質別に分類する。

分類された各項目を何らかの順序で適切に

もっとみる

本日読了。

なにかをする。
その源泉は「わくわく」であり、そのわくわくする未来をつくることが目的になる。

自分のミッション、ビジョン、バリューをしっかりと言葉にしてわくわくする未来を描いていこう。

組織のリーダーに限らず、自分自身のリーダーでもある個人にも役立つ一冊。

ありがとうございます!大好きです☺
1

最近読了した一冊。

なりたい自分やありたい自分に目を向けてそこに向かって努力するのも尊いこと。

それと同時に、今の自分が持っているものやできることを知り、それで誰かの幸せに寄与したり、今できることややることをコツコツと積み上げていくことも大事。

まずは今の自分を知ろう。

ありがとうございます!大好きです☺
2

最近読了した本。
『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』

自分の人生は自分のもの。
行動することは、自分の人生のなかで自分で選べることを少しずつでも増やしていくこととも言えるのかな、と思う。

ありがとうございます!大好きです☺
1

最近読了した本。

北海道日本ハムファイターズ・栗山英樹監督の『野球が教えてくれたこと』

プロ野球監督の本だけれど、
野球が全てじゃないし、野球だけに限らず、人生全てにおいて言えることだなと感じさせてもらった一冊。

どんな経験だって
「やりたいことをやるための準備」だ。

ありがとうございます!大好きです☺
3

クッキーの缶の大きさ

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」

という本を読みながら、新幹線で移動中。

確か、産前に一度読んでいた。
受容する姿勢で子どもと接することで、育児を楽しめ、親も子も満たされるという内容にとても共感したことから、こんな子育てがしたいし、共感できるくらいだから私にはできる!と思っていた。

しかし、蓋を開けてみるとどうだろう。

子育てを楽しめない自分、そんな自分が好きになれない、

もっとみる

南方熊楠が粘菌を使って思考する自動人形を生み出し、江戸川乱歩や宮沢賢治、石原莞爾とかと出会ったりする─『ヒト夜の永い夢』

紀伊の生みし知の巨人、南方熊楠。彼と昭和考幽学会の出会いが、粘菌の宿った美しき自動人形を誕生させる。

※※※

南方熊楠と聞くとろくに勉強したこともないのに、なぜだかがっしりした体格、性格はまさに豪放磊落といった、豪傑を思い浮かべる。このイメージはどこから生まれたものなのだろうか。
しかしながら本書に登場する南方熊楠も、僕の勝手なイメージ像にまさに合致する人物であり、その点でキャラクターとしての

もっとみる
やったー!
20