【江ノ島散歩】 果たしてオリンピックはどうなるのだろう 20.06.24 11:35

久しぶりに江ノ島に上陸して、江ノ島の弁天様参りの前に江ノ島のヨットハーバー、湘南港に足を向けた。

ここは江ノ島は今回も前回も東京オリンピックのヨット競技場になるはずの場所。
(なるはずだったは言わずにおこう)

来年に延期になったオリンピックが果たして開催されるのか?
雲行きは梅雨の空模様以上に怪しい。
コロナが収束するとは贔屓目にも思えない。

素人目には、するならする、しないならしない。

もっとみる

【江ノ島散歩】 江ノ島が近くでぼんやり寝てる 20.06.24 11:00

梅雨入り以来ジメジメと陰気な毎日を送っている。
しかも在宅ワークということで洞穴のような自宅に籠もり気味。

天気予報を眺めながら、ハレノヒを狙いながら日々を送る。
朝から小雨模様だったけれども、持ち直すという天気予報を信じて、風の歌が聴きたくて、江ノ島に出かけることにした。
世間的には朝からお騒がせ手越祐也のジャニーズ事務所退所のニュースで持ちきりで、テレビは昨夜胡散臭い弁護士とともに彼が行った

もっとみる

【8月9日補助金等の情報(テーマ:神奈川県の補助金)】

【8月9日補助金情報】
今日のテーマは「神奈川県の補助金等」
神奈川県のクライアントがいる先生方、要チェックです。

ーー

神奈川県の事業者の方
【感染症対策事業費補助金】があります。
①非対面ビジネス構築(100万)②ITサービス導入(100万)③生産設備導入(200万)の3類型・補助率4分の3
締切は①12月4日、②③10月30日

https://www.pref.kanagawa.jp

もっとみる

【2020年6月~7月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(藤沢市、消防庁、国土交通省、ライフセービング協会)まとめ

毎年、海や川などの水辺に行く機会が増える夏に向けて、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。

※このページでは、2020年6月~7月に通知された藤沢市、消防庁、国土交通省、ライフセービング協会のお知らせをまとめました。

今年の夏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症

もっとみる
海のこと、語り合いましょう。
1

なぜmerchuは行政案件を手掛けるのか

株式会社merchuは、設立以来、
日本各所の行政や自治体が公募する数々のコンペに参加し、
継続的に案件を手に入れてきました。

なぜ、merchuは行政のコンペに出続けるのか?
それは「行政の発信や広報が圧倒的にダサい」と感じているからです。

行政の発信や広報からダサいをなくすことで、
その地域の印象や、対外的なブランド価値を高めることができ、
地域創生に貢献できると考えているからです。

もっとみる

印象の一貫性

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は「印象の一貫性 」という記事です。

例えば、よくあるスローガンとして「お客様第一主義」というものがあります。

あまりにもベタなのでこのままスローガンにしている企業様はかえって多くないと思いますが、同様の趣旨のスローガンを掲げる企業様はあると思

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです(#^^#)
4

不に向き合う

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は「不に向き合う」という記事です。

マーケティングというか商売のド定番ですが【「不」に向き合う】。

北陸地方の、とある会社様は、とあるモノが「なにげに重い」「なにげに錆びてヤダ」に向き合い、軽量で錆びないものを発売してめちゃくちゃ売れています。

「軽量で錆びない」特徴自体は珍しくないけど、直

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです(#^^#)
2

藤沢市という街の知名度

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は「藤沢市という街の知名度」という記事です。

全国でセミナー講師していて、自己紹介のときに地元の藤沢(ふじさわ)を紹介することにしています。

藤沢。知らない・行ったことがないというかたがほとんどなんですね。

「サッカーが強いですよね」と、藤枝市と勘違いする人も意外に多いです。

江の島が鎌倉

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです(#^^#)
3

これだからやめられない。

雨が降った後の夕方、17時ごろ。気が付くと夢中になってシャッターを切っている自分がいた。

どれだけ近場での撮影でも、僕にとって撮影は旅のようなものである。家に帰って編集をしている時や編集が終わった写真を見ていると、そのときの自分の状態を肌で感じることがある。

自分が何を求めて撮影に出るのかわからない。

自分がどういう時にカメラを握りたくなるのかなんてわからない。

食用ガエルって知ってる? 

もっとみる