自給的な暮らし

陽極まって陰となる日。しあわせな夏至の一日。
+2

陽極まって陰となる日。しあわせな夏至の一日。

8
初めてのジュンサイ採り

初めてのジュンサイ採り

先日初めていただく機会があり、ジュンサイのその食感に驚きと感動を覚えました。 また食べたいぞと思い、せっかく近所にあるので、 近所のおじちゃんに連れて行ってもらいました。 これがジュンサイ。 ヌルヌルに包まれてます。めちゃくちゃ不思議。 この新芽のとこだけ摘み取ります。2センチくらいのがベストとのこと。 地味にめっちゃ時間かかるんだけど、採り始めたら夢中でずっと採っちゃう。(梅もぐときもそうだった。) 日本料理で使われる高級食材らしい。 採ったど〜 さっと湯

6
梅仕事。つくるよろこび。

梅仕事。つくるよろこび。

梅干しに、梅酒、梅シロップ… ありがたいことに梅もぎをさせてもらったので梅の香りをたのしみながら、ひたすらヘソ取り作業。 誰かと一緒に梅酒を酌み交わす妄想をしながら。これが楽しい。 そして、めんどくさがりの私だけど、なんとか漬け終えられてよかったよかった。季節の恵みをありがたく保存できました。 お百姓ってすごいなぁ。田植えしながら、草刈りしながら、野菜も作りながら、梅仕事やら何やらかんやら。 まだかけ出しなので、チャチャっとはいかないけど、だれかとわかち合うことを妄

5
はじめての自然農の田植え

はじめての自然農の田植え

念願の田植え初日でした。 自然とともに生きたい、そんなわたしにとって自然農の畑や田んぼは、虫などの生きものに溢れていてとてもとても魅力的です。 もちろん、食べものを育てるのですが、人間のことだけを考えているわけではない畑の在り様、そして、単純に草がモコモコしてる畑の様子がかわいい、美しいと感じるのです。 今までにいろんな友人の自然農の畑の作業を手伝ったことがありますが、他の草のなかで育つお野菜はとてもげんき。にんじんなど味もめっちゃ濃厚でびっくりします。 (ちなみに、

11
豊かな季節です。

豊かな季節です。

庭にはゆすらうめや、グミが実り、 昨日は棚田の学校でハダカムギの収穫。 知ってますか?麦って穂の部分をモミモミしたら簡単に脱穀できるんですね。つい最近知りました。 麦の収穫のあとは、棚田の脇の小川で採れたジュンサイのお吸物をいただいて。なんとまぁ不思議な食感で、ヌルヌルだし、いやはやお初にお目にかかりました。おいしかったー✨ そのあと、援農作業に参加されていた方に梅を採りに来ていいよと言ってもらって、梅をたんといただいて。おまけに産みたて卵まで。 ありがたい日々に感

3
はじめてのお米づくり

はじめてのお米づくり

やってみたかった自然農でのお米づくり。 自然農教室に通う友人に先生をしてもらいながら、一緒にお米づくりを始めました。 田んぼがあるのは森のそばの使われなくなって、何年も経っているところで、いつもいろんな鳥のさえずりが聞こえます。お水がちょろちょろと流れ続けていて、夏でも水が絶えることがないそうで、お水の環境もバッチリなのです◎ 使われなくなって長いので、まずは溝きり作業。これがなかなかハードなんですが、作業しながらふとしたときに鳥の歌声に癒される。最高の環境✨ 種下ろ

7
2020’ 初秋

2020’ 初秋

 あんなに雨ばかりな天気にぶつくさ言ってたのに、 8月に入って晴れ続きになって、土が渇いてきたとたん、 雨を待つようになった。 雨雲が湧いては見送るのが数日続いた後、 1か月ぶりにようやく降った雨に、 山といっしょに身体も心もスコンと緩んだ。 数回の雨でようやく湿り気のついた土に、 線引き棒で線をを引いて、秋蒔きの葉野菜の種を蒔く。 線引き棒は 鉄棒の長さや太さ、固定の仕方、持ち手の太さなど、 使いやすいように、tokiが改良を重ねて作ってくれたもので、 今は35cm、

8
2020 梅雨

2020 梅雨

雨、雨、雨 雨ばかり。 雨季のある国に暮したことはないけれど、 こんな感じなんだろうか。 借りている畑の土手が崩れてしまったあの日、 家の下に流れる川は、 これまで見たことがないほどものすごい水量で、 立っていると吸い込まれていきそうな気がして怖かった。 たまに青空が広がる時は、 ただただ嬉しい。 月はしばらく見ていない気がする。 星も。 トマトの実が腐った、きゅうりが枯れた、 葉を食べていく虫がやたらいる、 麦が脱穀できずにいるうちに、カビたり穂発芽してしまった、

8
withコロナプロジェクト、農的暮らしを取り戻そう。

withコロナプロジェクト、農的暮らしを取り戻そう。

いやぁ、連日コロナで大変ですね。 皆様や、皆様の周辺にも、きっと様々なご苦労や制約が発生していることと存じます。 さて、あまり考えたくない事なのですが、アフターコロナのことだけではく、withコロナのことも、社会全体で考えておかないと行けないのかなと。 コロナウイルスが終息したとしても、その影響は経済へのダメージなどの面で続くと考えられます。 そして、経済や社会がどんな状況であれ、私たち人類は幸福を追求し、その実現に向けて歩み続けることが大切です。 今回は自然学校校

29