自家現像

【猫とRICOH GR1】〜自家現像はカレーに似ている?〜

「写真をつくること」のもう一つの軸 

昨今、フィルムカメラやカセットテープなど、リアルタイムでその隆盛期にいなかった若い世代の方たちの間で、一部俄かに盛り上がりを見せているそうで。

もし、フィルムカメラで撮った写真が好きならば、是非自家現像にチャレンジして頂きたい。

自家現像は、薬品の調整、温度管理、現像時間の調整諸々、自分の所作次第で最後、フィルムにどう映し出されるかが決まります。

つま

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです!ありがとうございます。
7

運動会

本記事の写真は肖像権の関係上でトリミングなどをしています。元データが1200dpi(150万画素くらい?)で、更にかなりトリミングして寄っていますので、非常に荒いです。

息子と娘の運動会がありました。両方とも今年は午前中のみで、短縮されています。

使用したのは、息子の運動会がPENTAX SPにコムラー300ミリとEOS1000 QDにEF80-200ミリ、カラーがウルトラマックス400で白黒

もっとみる
ありがとうございます!発信する励みになります。
2

Rollei35 Classicを持ち出す

たまには使ってやらないと、カメラが寂しがる

ということで、今回は、Rollei35 Classicを持ち出してみた
このカメラ、Rollei35の復刻版と言われているけど、復刻というよりは新しいRollei35、という感じ

レンズはゾナー40mm F2.8。このレンズがなかなかよく写る

露出計も問題なく動いてます

実はこのカメラ、某カメラ屋さんで働いていた時に、中古買い取りでお店に持ち込ま

もっとみる

【猫とRICOH GR1】~下手の横好き、自家現像に手を出す~

下手の横好き
【読み】
へたのよこずき
【意味】
・下手なのに、それが大好きで熱心なこと
・一生懸命熱心に取り組んでいるが、上手ではないこと

フィルム写真撮影の魅力は、それに関わる所作すべてが、
「儀式的」なところにあるのだと思います。

【儀式1】カメラのボディーを開け、フィルムを巻き付ける。

【儀式2】ファインダーを覗き、ヘリコイドの重さを感じながら焦点を合わせる。

【儀式3】シャッター

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです!ありがとうございます。
10

フィルムピッカーの思い出

前回フィルムピッカーがあるとなにかと便利と書きました。
と言ってもパトローネからフィルムの先端を引っ張りだすだけのものなんですが…

私の父親も写真が好きでかつてはフィルム現像から手焼きプリントまでこなしていたようです。
写真屋でバイトしてたって話しも聞いたことがあります。
そういうわけで私はこどもの頃からこのフィルムピッカーの存在自体は知っていたのです。

しかしその当時は、このルックスだけでは

もっとみる
どうもありがとう!
1

レンズの比較テスト

手元に50mmクラスのレンズが複数あるため、どれほど描写の違いがあるのかを比較したくなったので、テストをすることにしました。

比較するレンズ

今回使用するレンズは以下の7本。

hexanon 50mm f1.7(konica AR)

hexanon 52mm f1.8(konica AR)

oreston 50mm f1.8(exakta)

sekor 55mm f1.8(M42)

もっとみる

フィルムカメラをとことん楽しむ⑤「自家現像②」薬液を用意する。

こんにちは~!主にツイッターにて投稿しています、カメラマンのisasakaです。
このマガジン、「フィルムカメラをとことん楽しむ」もフィルムの自家現像までやって来ました!
しかし前回も言いましたがこれまでのマガジン、カメラを購入、フィルムを購入、撮影してお店に現像とプリントしてもらう。で、フィルムカメラは一通り楽しめます!

今回お話しするのはモノクロフィルムの自家現像に必要な薬品について。

もっとみる
リアクション、ありがとうございます!
12

フィルム現像に使ってる道具

フィルム現像のことを書く前に私が使用している道具を紹介しようと思います。

この記事を読んでくださる方は大抵、すでに自家現像をやってらっしゃる方かこれから自家現像を始めたい方、興味がある方が大半だと思うので少しでも参考になりそうな情報はもれなく書いておきます。

まず、必ず必要なもの。
それは暗室と暗室に理解ある家族です!!

というのはウソです。暗室なくてもフィルム現像できます。家族から自室の暗

もっとみる
どうもありがとう!
53

古いフィルムの自家現像(電子再現像)

この前家を探していたらたまたま古いフィルムの現像品が出てきたんです。

すでに写真屋さんでプリントされたものやコンビニプリントのものがほとんどでしたのでそこまで大事には扱っていなかったのかかなり奥から出てきました

おそらくですが、こちらのKonica製のBigminiさんだと思うんですが、20年ぶりに取り出してみたら色々と死んでいてもうお釈迦でした。

内部もコンデンサやフレキのものが一部死んで

もっとみる
ありがとうございます!不定期ですがまた見てくれると嬉しいです🙇

フィルムと現像液の使い分け・組み合わせ例

過去の記事で、モノクロフィルムの銘柄による描写の違いや、現像液による特性の違いについて書きました。

今回は、より具体的に、僕が実際にどんな場合にどのフィルムと現像液を組み合わせて使っているのか、という実例のお話をしていきます。

はじめに

モノクロフィルムと現像液の組み合わせというのは無限に存在します。

フィルムのパッケージ裏にいくつかの現像液の現像時間が記載されていることがありますが、そこ

もっとみる