選挙に行かなくてケシカランのは、若者ではなく40代だという話
+2

選挙に行かなくてケシカランのは、若者ではなく40代だという話

「若者は選挙に行かない」とか言うけれど若い人の投票率が低いことが問題としてしばしば指摘されますが、若い人の投票率は、上の世代と比べて低くなるのは、いつの時代でも変わりません。 よく見るのはこうしたグラフでしょう。  若いうちは自分の暮らしと政治のつながりが見えにくく、実際、ダブルケアに追われる世代が、親世代の高齢者問題も、子ども世代の教育問題も、家計に絡む税金問題も、あらかた気になってしまうのに比べれば、関心が高まりにくいのは、そりゃそうだろうなと。  ただ、年を追うご

「成長」か「分配」か、吉村知事の草津来訪を機に考えてみた。
+1

「成長」か「分配」か、吉村知事の草津来訪を機に考えてみた。

昨日10月22日、事務所からほど近いJR草津駅前に吉村大阪府知事が来訪し、日本維新の会の応援演説をしておりました。 ↑↑↑近くで聞こうにも人が多くて近づけず、5倍ズームで撮っています。 じかに聴いてみますとやはり声にパワーがあります。 また、弁舌は巧みで、よどみなく、わかりやすい言葉が印象的でした。 私も弁護士のはしくれとして、「どう話せば相手にうまく伝わるか」を日々考えるのが仕事ですから、政治家の演説を聴くと大変勉強になります。 余談ですが、政治信条や語っている内容は

スキ
4
休憩中だったのに、子供たちが集まってきたので急遽マイクを持って颯爽と登場。子供たちには人気が高いようです♪

休憩中だったのに、子供たちが集まってきたので急遽マイクを持って颯爽と登場。子供たちには人気が高いようです♪

スキ
2
上級国民が支配する国
+1

上級国民が支配する国

岸田さんは総裁選で安倍麻生甘利の力を借りたので言いなり、という話だけど。あの人たちはなぜこんなに傲慢で、仲間内を贔屓するのかと思ったら、強烈なのを知った。 日系人初の米下院議員ダニエル・イノウエが来日した折、安倍の祖父である岸信介首相が、こんな発言をしたのだと。(貴堂嘉之『移民国家アメリカの歴史』岩波新書) この上級国民の特権階級意識と、下々の者への差別意識。ほんとにすごい。この岸を尊敬しまくっているのが安倍だ。岸&安倍は長州閥だし、麻生も戦前からの福岡の麻生財閥。甘利も

スキ
2
2021年衆議院議員総選挙と「特別支援教育」:④自由民主党 @jimin_koho @kishida230

2021年衆議院議員総選挙と「特別支援教育」:④自由民主党 @jimin_koho @kishida230

いよいよやってきました。 シリーズ「総選挙公約と特別支援教育」シリーズ。 ついにやってきました。政権与党、自民党です。 さすが自民党。全分野を網羅的に取り入れるとともに、実現可能なことだけをきっちり見極めて取り入れている感じがします。 教育内容についても言及されており、どのような人材が必要かを考えたうえで、教科教育に落とし込んでいるという印象です。 特別支援教育・支援の必要な子どもに関してはあちこち散見されたのですが、基本的には現在の枠組みを促進・加速させる方針のようです

スキ
3
2021年衆議院議員総選挙と「特別支援教育」:③日本維新の会 @osaka_ishin @gogoichiro

2021年衆議院議員総選挙と「特別支援教育」:③日本維新の会 @osaka_ishin @gogoichiro

ついにきた。 シリーズ「衆院選で特別支援教育は話題になるのか 日本維新の会」編 以前から注目していたから今更なんだけど、ボリュームが桁違い。 先に結論を書くけど、ある。「特別支援」の項目が、ある。 しかもえらいド正論だった。 維新が大変なのは「政権構想」を持っていること。 他の野党に政権担当能力がないとか、そういうことではない。 ただただ、全分野を網羅していること。 なおかつ、構造改革を行っていること。 これにより、既存の政策枠組みだけではとらえきれない。 つまり、ど

スキ
5
民放の選挙特番なんて要らなくね?

民放の選挙特番なんて要らなくね?

これ。 鬼滅の話はどうでもいいけど、番組休止の理由が"選挙特番"ってとこがなんか気に入らなくて。 国政選挙の日って毎回毎回、Eテレ以外の全局がこぞって選挙特番やるけどさ、横並びで同じような内容やる必要あんの? 毎回選挙特番の傾向を見てると、NHKを除けば池上彰さん呼んでて偏向の傾向の少ないテレ東の一人勝ち状態らしいじゃないですか。 だったら、他局の偏向フィルターかかりまくりの選挙番組ってただのゴミだし電波の無駄だから、通常放送で娯楽流してほしいと思う。 折角の日曜の

スキ
1
【政治・経済】恐れずに対話しよう~選挙にみる分断と~

【政治・経済】恐れずに対話しよう~選挙にみる分断と~

始めに総選挙が始まり今日が4日目です。ひょんなことから今日は自分より若い人と真剣に政治について話す機会がありました。中々ないことなので、とても嬉しかったしとても勉強になりました。そのことについて今日は書いてみようと思います。 言葉の重みを考える改めてコミュニケーションとしての言葉の重要性を感じています。自分が思っていることを、適切な言葉をもって相手に伝えることは以上に大切だと思います。しかし、実際にはSNSの普及によって簡単に人を傷つけてしまっています。私達は個人が自由に情

スキ
1
有識者「公示して2週間足らずで投票って全くふざけてますね」
+2

有識者「公示して2週間足らずで投票って全くふざけてますね」

民主主義のプロセスってなにを意味してるのか知りませんが、国会における議会運営の民主的手続きっていったら「慣例」ですね。国会はめちゃくちゃ慣例を大事にします。慣例の積み重ねが国会のルールと言ってもいいくらい。なんせ「衆議院先例集」っていう分厚い冊子が何冊も毎国会届けられるくらいにはこれを大事にしてます。国会の運営を決定する議院運営委員会が開催されるのは議長応接室だってのは先にも紹介しましたが、その各委員の席にはこれらの先例集がドッサリ積まれてるんです。それくらい国会の民主的運営

スキ
3
総選挙どうなる 争点からの分析

総選挙どうなる 争点からの分析

〇2021年10月19日公示され、31日投開票となった衆院選挙。野党共闘が進んで、政権選択選挙と言われ、国民にとってはコロナ禍で政治の大切さを思い知った後初めて民意を示す大切な選挙です。そこで、公示の翌日の10月20日の新聞各紙(朝日、毎日、読売、日経、東京)を参考にしながら、私の考える今度の選挙の争点を説明するとともに、その争点の分析から見た、選挙の結果を占ってみましょう。 〇今度の選挙の争点は大きく分けて4つあると私は考えますが、その争点の第一はコロナ対策です。菅前首相

スキ
2