綾辻行人

綾辻行人 『殺人方程式』 読了

こんにちは、ジニーです。

GWも半分が過ぎ、お仕事の日々がじわりじわりと近づいてきています。
ワーカホリック気味な僕としては、仕事のことが休み中も気になってしまうので、通常通りのほうが体に馴染んでいるような気もしています。

さて、そんな中でも読書は続けております。
今回読んだのは綾辻行人さんの「殺人方程式」です。

綾辻行人さんと言えば、言わずと知れた「館シリーズ」ですが、今回はそのシリーズと

もっとみる
スキ、押していただきありがとうございます!
2

【読書感想】十角館の殺人【綾辻行人】

1.初めに
 綾辻行人著「十角館の殺人」を拝読した。
今回購入したのは2007年刊行の新装改訂版だが、初版が刊行されたのは1987年とのこと。
20年経っても新装改訂版が発売されるほど愛されている作品とあって、私は心の中の好奇心を抑えきれずにいた。

 「十角館の殺人」は館シリーズと呼ばれるシリーズ物の第一作目。
新本格ミステリの先駆けとなった作品で、綾辻行人氏のデビュー作でもある。
時代的に本格

もっとみる
ありがとうございます😭
14

最近読んだミステリーのレビュー「どんどん橋、落ちた/綾辻行人(1999)」

どんどん橋、落ちた/綾辻行人

"館シリーズ"で知られる綾辻行人の短編集。

「十角館の殺人」の功績は読まずとも耳に入ってくるレベル。
押さえておきたい作家であるとは思っていたのだが、"館シリーズ"の有名どころはネタバレしてしまっているし、ホラーや幻想文学にも造詣が深いとのことで、ミステリーとして読むべき作品は何か……と迷って今になってしまった。

本作は、"綾辻行人唯一の本格ミステリー短編集"と

もっとみる
神は死んだー!
13

【読書感想】緋色の囁き【綾辻行人】

1.初めに
 綾辻行人著「緋色の囁き」を拝読した。
初版の発行は1988年、新装改訂版が2020年12月15日に発売していて、今回私が手に取ったのはその新装改訂版の方になる。

 囁きシリーズというシリーズの第一作目となるこの作品は、幻想的なホラー演出を取り入れたミステリ作品で、館シリーズとは一風変わった雰囲気を醸し出している。
ホラーと言ってもオカルトめいた内容ではなく、どちらかというと「人の怖

もっとみる
ありがとうございます‼️
6

【読書記録】2021年4月(前半)

ごきげんよう。ゆきです。

今月は「学校が舞台orメインの登場人物が学生」という基準で選書しています。1ヵ月間で小学生〜大学生の主人公ものを満遍なく読めそうな予感。まずは月前半の読書記録です。

▢■▢

夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深ま

もっとみる
出逢いに感謝します❁
17

読書感想文 「十角館の殺人」綾辻行人

はじめに

今回読んだのは綾辻行人さんの「十角館の殺人」です!今までずっと東野圭吾さんの作品しか読んでなかったので、違う方の作品を読んでみることにしました。ミステリー作品を読みたかったので何を読もうか調べていると、沢山の方がミステリーといえば綾辻行人さん、「十角館の殺人」を絶賛して勧めていたのでこれは読まないといけないなと思い、すぐに購入しました!

あらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を

もっとみる

綾辻行人ヲタクによる全綾辻作品の紹介

新本格ミステリ界の大御所・綾辻先生に狂った女こと、ひなこです。今回は綾辻作品について語ります。少しずつ書こうと思っていましたが楽しすぎて一気に書いちゃいました。
作品数が多い分長めです。

前置きは置いといてさっそく紹介していきます。

綾辻行人先生の作品一覧

・十角館の殺人
・水車館の殺人
・迷路館の殺人
・人形館の殺人
・時計館の殺人
・黒猫館の殺人
・暗黒館の殺人
・びっくり館の殺人
・奇

もっとみる

Anotherもっと早く読んでればよかった

昔、息子がアニメを見ていて、一緒に少しだけ見てたからまぁいっかと思い、だいぶ後回しになってしまってたんだけど、

流石の綾辻先生❗️あんなに綿密に練られているのに、あんなに沢山の死人が出てるのに特定の犯人がいるわけではないし、26年前の美談にもなりそうな素敵っぽい事柄からの終わりを知らない呪いの話なのにこの爽やかな読後感(≧∇≦)

まだ1回しか読んでないけど、思い返せば九官鳥のセリフも気になった

もっとみる

【有栖川有栖・法月綸太郎各氏の推薦コメント紹介!】エラリイ・クイーンフェア 開催中!

◎エラリイ・クイーンの円熟期の四部作が新訳で読める!

本格ミステリの巨匠エラリイ・クイーン。そのキャリア中後期の円熟期における傑作4点が、ハヤカワ文庫より新訳版で大好評発売中です!

『災厄の町〔新訳版〕』
『フォックス家の殺人〔新訳版〕』
『十日間の不思議〔新訳版〕』
『九尾の猫〔新訳版〕』

◎有栖川有栖・法月綸太郎各氏からの推薦コメント紹介!

 小社noteで既報のとおり、『フォックス家

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
12

十角館の殺人/綾辻行人

ブロ友さんや、読書好きが集まるLINEオプチャで、多くの方がおすすめされていた #綾辻行人 さんの著書、 #十角館の殺人 を拝読しました。



図書館で予約して受け取った時に、文庫とはいえなかなかの分厚さだったので、読むのに時間かかるかなと思いきや。。。
ページめくる手が止まらず、1日で読み終えてしまいました。

私は、今回初めて綾辻行人さんを知ることとなったのですが。。。
”新本格派ミステリ

もっとみる
これは愛です♡
26