管理者

管理者の心得(スイッチを持て)

管理者の心得(4)にて、管理者はスイッチを持てと書きました。

どの様にして、心のスイッチを持ち、切り替えれば良いのかは、訓練で身に付きます。 まず、口ずさめる音楽を思い浮かべてください。 押し釦スイッチを思い浮かべて、ポンと推し、歌を心の中で歌います。 怒りが高まった場合、スイッチを押すイメージをします。 普段から、スイッチを押すと歌うという習慣が付いていると、怒りから歌に、気持ちが切り替わりま

もっとみる
ありがとう
2

管理者が持つべき技術(16)

管理者ともなれば、会議を開催することもあると思います。

その時、あなたはどうしますか?

会議と言えども、色々な会議があります。 連絡報告の会議、対策対応方針の会議、案を出すための会議など色々あります。 

会社に添付のような「会議開催における事前課題シート」を提出し、承認され、使用していました。

このような事前課題シートが、多分、今も某企業では使われていると思います。 エクセルで作ってあるの

もっとみる
新選組 副長 土方だ 勘定方に言っておいた よろしく
2

管理者が持つべき技術(15)

管理者が目指すことは、人を育てられる人を育てるということですが、その前の段階として、文化を作ると言うのもあります。

古い古い、歌があります。 作った人のことも、歌った人のことも、忘れ去られても、歌は残るように、本当に良いシステム(仕事は)、システムを作った人のことも、培った人のことも、忘れ去られても、システムは維持されます。

良いシステムとは、そのようなモノで、色々な人のカバーにより、伝わって

もっとみる
高杉じゃ、長州は志士に助力は惜しまんつもりじゃ

管理者が持つべき技術(14)

以前に、管理者は目の前の仕事を好きになれば良いと書きましたが、目の前の仕事が好きになれない場合は、どの様にすればよいのでしょう。

好きになれない原因を、なぜなぜ法で探します。

なぜ、目の前の仕事が好きになれない? 単純作業の繰り返しだから。

なぜ、単純作業の繰り返しだと好きになれない? 簡単にできすぎるから。

なぜ、簡単にできすぎて、好きになれない? ノルマを指定されるから。

なぜ、ノル

もっとみる
ありがとう
1

管理者が持つべき技術(13)

管理者は、常に自分の看板を磨くこと。 

管理者が持つ看板は仕事をしてきた通り道がたくさんあるように、一人一人異なります。 看板と言ったり、武器と言ったりすることがありますが、看板とは、飯のタネのことです。 

看板とは、知識、ノウハウ、技術、特許、資格など、個人に属するもので、沢山あれば良いと言うものでもありません。資格については有名な言葉があります。 足の裏に付いた米粒のような資格は取っても食

もっとみる
新選組 局長 近藤勇 かたじけない

管理者が持つべき技術(12)

七現主義と三即主義と三徹主義も管理者が知って実行すべき技術になります。

問題やトラブルが発生した場合の対処方の基本です。

七現主義は①現場②現物③現実④原理⑤原則⑥人間⑦現金になります。 問題やトラブルが発生した場合、現場に行き、現物を確認し、現実にどうだったを知る。 現実の中に原理はあったのか、原則は守っていたのか、人間の状態はどうだったのかを確認するすることにより、本質が見えてくると言うこ

もっとみる
新選組 局長 近藤勇 かたじけない
1

管理者が持つべき技術(11)

「連絡の五か条」と言うものがあります。 ほとんどの管理者は知っているとは思いますが、知らない人のために

第一条 その場で記録する(電話でも、口頭でも、メモするのが当然です)

第二条 連絡内容を復唱する(内容の確認ですね)

第三条 伝達時期を確認する(すぐ連絡するのか、あとでも良いのか)

第四条 返事の要不を確認する(連絡だけでよいのか、返事が必要か)

第五条 結論から伝える(連絡を受けた

もっとみる
新選組 六番隊 平隊士 松崎静馬 ありがとうございます
1

管理者が持つべき技術(10)

管理者は教える技術を持ちましょう。

初めて仕事を任された時、事前に教育や指導は受けていても、任されると、上手くいかない場合があります。 管理者も初めてだった時があるはずです。 初めてのドキドキ、思い出しながら教育、指導しましたか? 自分が初めて行った仕事について、忘れていませんか? どんなことを考え、どんな心情で、どんな失敗をしましたか? 管理者は気前よく、すべてを与えましょう。 失敗も成功も、

もっとみる
新選組 六番隊 平隊士 松崎静馬 ありがとうございます
2

5名は管理者が目配りできる上限。

一人の人が管理できるのはその人を含めて5名までだそうです。
管理方法は色々あるとは思いますが、成果物の確認や相談をしたりミーティングや食事をしたり情報を交換する上での上限です。

組織の最下層のチームから上流のチームまで同じです。

理想的な会社の組織は役員3名から5名で営業部門と技術部門に分かれます。

そして基本的に組織とは成果物を手にするために機能させる必要があるので機能できる最大人数は1チ

もっとみる
嬉しいです。
11

管理者が持つべき技術(9)

新人などの部下を持つ管理者が持つべき技術として、管理者は、目の前の仕事を好きになれば良いだけと書きました。

実を言うとこれが技術としては、とても大切になります。 モチベーションの基本となるからです。

例えば、つまらない映画を見るように勧めますか? 面白くない漫画を進めますか? 飽きるゲームを進めますか? 

仕事も同じです。 自分のやってきた仕事が面白くないのに、部下にその仕事を進めれらると思

もっとみる
新選組 局長 近藤勇 かたじけない