痴漢男のナンパをかわした時の話

今はBBAになったのでそういう悩みはないのですが、若い頃一回だけ痴漢に遭ったことがあります。JRの隣の席に座った男性にです。

私は窓際に座っていて相手は通路側でした。あからさまに触ってくるわけではなく、新聞紙をバサッと広げて読んでるふりをして右手は私の胸横に当たってるわけですよ。

何気なく向きを少し変えたりしたのですけど、手が食い込んでくるんですよ。もうガチで悪質だなと思ったわけです。

そう

もっとみる
読んでくださってありがとうございます!

コロナ禍で痴漢された話前編

先日、出勤途中に痴漢をされた。

出勤ラッシュの時間だったが、コロナの影響でそんなに混んではいなかった。

席は埋まっていて、立っている人同士は触れることなくゆとりを持っていられる程度。

電車に乗りこんでしばらくすると軽い車内の揺れと同時に臀部に後ろの人間の手が触れた。

ただぶつかっただけか故意かは分かる。

すぐに後ろを振り向き私のことを触った手を睨んだ。

真後ろの屑しか私を触れる位置には

もっとみる

青山トンネルで痴漢に遭遇した夏の話

人生で、痴漢に遭遇したのは、これで2度目のことです。

 1度目は、日比谷線の車内の中で。それは、またの話で。

で、今回。

 暑い夏でした。用事があって六本木から渋谷まで、246をずっと自転車でのんびり走ってました。六本木からですと、西麻布の交差点でぐっとおりて上がって、それからは、比較的なだらかなに下がっていっている感じ。比較的漕ぐの楽な感じなんですよね。で、たらたら。自転車のカゴを気にしな

もっとみる

恐怖の痴漢体験

以前、『ごく普通の日だったある晩の話』で性犯罪被害にあったことを書きましたが、実はあれが唯一でも初めてでもありません。レイプまではいかないレベルでいくつか被害経験があります。その中で多いのが、痴漢。

痴漢は高校生の頃です。気のせいかな、自意識過剰かな、と思いましたが、1回だけ、100%確実に痴漢されました。

高校生の頃、ボックス席の電車で帰宅していました。席に余裕があってのんびりした空気もあり

もっとみる
ありがとうございます★励みになります

あの恋!バック・エルボー

その昔!当時 彼女だった妻

彼女のお母さんの勧めで中学生の頃
合気道を習っていたそうで

「暴漢に遭ったらやっつけてやる」

といつも言っていました。

その日が訪れるとは・・
通学の電車内で痴漢に遭った時!鬼の形相で
振り向きざまエルボー(肘打ち)を相手に喰らわす!

それは見事な技でした!

「痴漢!この人!痴漢です!」

一撃を受けたおじさんは逃げようとする
その腕を掴んで離さない彼女

もっとみる
顔が濡れて交換したらヤマザキパン!
44

嫌がらせをしてくる人は無くなるか

心理学の勉強の中で、印象に残った勉強に、

「プラスのストロークとマイナスのストローク」

というのがある。

ストロークとは・・・「私はあなたの存在を認めています。」というメッセージ(言動)のやり取りのこと

人間にとって、ストロークは、必要不可欠なものらしい。

ストロークの表現方法には、二面ある。

(左:プラスのストローク/右:マイナスのストローク)

身体表現 :手をつなぐ・なでる・抱き

もっとみる
うれしいです!
2

痴漢経験、ある男です・・・

実は、経験あるんです、痴漢。

といっても、
もちろん「した」わけじゃなく、
「された」んですよ。

まあ、「された」ってのも珍しいけどね、

僕、男だし・・・。

はじめて遭ったのは、

映画館。

当時大阪に住んでた僕は、
名古屋に出張。

時間調整のために映画を観ることに。

あ、いかがわしい映画じゃないよ、念のため。

映画に集中してると、
なんだか左手に気配が・・・。

あたってるだけか

もっとみる
わー!共感してくれた?
37

忘年会の帰りにおっぱい揉まれた

忘年会帰りに知らない男に胸を揉まれた話。

年末の最終営業日、忘年会だった。早めに仕事を切り上げ、1次会でしゃぶしゃぶ、2次会ボーリング、3次会カラオケ、4次会で居酒屋へ。とにかく、その日は始発までダラダラと遊んで飲んでいた。

早朝5時過ぎ。メンバーと別れて帰路へ。六本木駅のホームのベンチに座って電車を待っていたら、酔っていて、ウトウト寝てしまったようだった。

「お姉さん、大丈夫?」  

2

もっとみる

女性専用車両の罠

朝、女性専用車両に乗っていたら。

混んでいた電車で「おえ」という声が聞こえたと思ったら、人の波が私のほうに押し寄せてきた。何事かと思って見たら女性が吐しゃ物を出してしまたのだ。

女性は車両先頭で丸くなっていた。

しばらくの間誰も近づかなかった。

私は声をかけて電車に降りて少し休むよう言ったが、女性は「大丈夫です。ごめんなさい」と言いながら断固としてその場を動かずにいた。その後私は駅員を呼び

もっとみる
ありがとうございます!