房総半島沖の深海、大量のプラごみを発見 海洋機構

2021年4月11日 日本経済新聞

海洋研究開発機構のグループは、房総半島沖の水深6千メートル付近の海底に大量のプラスチックごみが集積していることを突き止めた。

1平方キロメートルあたり平均4561個のプラごみが集まっており、数十年前に捨てられたとみられるプラごみも見つかった。水温が低い深海では分解しにくいこともわかった。

https://r.nikkei.com/article/DGXZQ

もっとみる
ありがとうございます*^^*/

「かげの海」と深淵の旅人

前回の話

第三海

私の名前はエンケラドゥス。
海洋学者とでも名乗っておこうか。

長年“かげの海”と言われる
深海エリアを調査している。

生命の故郷。原初の海。
漆黒に沈むモノクロの世界。

実はそこに“色”があるのを
ご存知だろうか。

これまでは光が届かないから
誰もその色が判らなかった

ちょっとした最新の技術で判明した
最近の大きな研究成果。

海の色は曖昧で、境界が
ハッキリはしな

もっとみる
読んで頂いて、共感して頂いて、ありがとうございます!!
21

人魚の涙は真珠。桜の雨が降りその中であなたと会う

➖もし、声がなくても話せなくても
気持ちはアナタに届くかな?➖

アナタが逆さ言葉のクセを持つことを
わたしは知ってるよ。

この世界ではツンデレと言うのかな。

アナタは嘘が得意なわけでも
嘘つきなわけでもない。

優しいヒト。

アナタは逆さ言葉を使って
言葉のカモフラージュで遊ばせてる
楽しみながらも孤独を味わっている

色香のあるヒト。

儚く寂しがり屋さん。

刹那を知ったヒト

もっとみる
ありがとう☺︎七星てんとう虫あなたに幸せきますように。
5

「かげの海」と涙の味の秘密

どうも!宇宙チンで~す。
(宇宙から地球に来たチョウチンアンコウの略)

まさかの第二話ですよ!

何を言い出したのかわからないあなたへ
前回までのあらすじをどうぞ。

――ここから有料記事(0円)――

第二海

宇宙からやって来た
僕のご先祖様は”かげの海”と呼ばれる
地球の海底に適応できるように
調整されていた。

地上の人との大きな違いは

視力が弱く
コミュニケーションは
物理的な音の高

もっとみる
あなた様のご多幸ご発展をご祈念いたしまして感謝の意とさせて頂きます!
33

「かげの海」と地上の成り立ち

第一海

僕はチョウチンアンコウしてる

と思われてるんだけど
実は違うんだよ。

痴情…、じゃなくて地上のみなさんには
チョウチンアンコウに見えるだけで

本当は人間。

いえいえ、頭おかしくなってないです
これは元々ですから←

話せば長くなるんですが
聞きますか?

奥さんこの記事無料ですよ!!
無料!(当然)

で、無理矢理始めますが

====ここから無料記事=====

僕がいるここは

もっとみる
象さんが好きです。でもあなたのことはもっと好きです!!
36

無職ライフ終了!これからは毎日絵を描きます。

無職生活を続けてきていた私。
ついに再就職が決まり、昨日より働き始めました。
半年のブランクがあるので、すごく緊張する。
ここでだめだったらもう社会性がないとということでどこか組織に雇われるという働き方の選択肢は今後一切捨てよう。
これが最後の就職だ。
そういうつもりの就職であるので余計に緊張していた。
だが、いざ入ってみたらあら不思議。
身体が軽い!

水を得た魚のように、俺に仕事くれくれカモン

もっとみる

小学生の時に、NHKのアニメが原因で、カンブリア紀の古代生物にハマっていた時期がありました。アノマノカリスとかダンクルオステウスとか、、、。恐竜よりもハマっていました。今も深海生物とか見るとワクワクします。共感する人が、いたらうれしいな!

ありがとうございます!励みになります!
2

深海を元気なく泳ぐティアラ。

脱退、退所。

これ程ファンを深海にいる見たことのない生物と戯れさせるものはない。
こんな生物いるんだね、へー、不思議ー、と悠長に構えていることはできない。

目に付く生物を片っ端から食べれるか検証し、やがて毒を持つ生物を捕食してしまい苦しむことになるだろう。

こんなに苦しんでいるというのに、まだ苦しめというのか。
鬼の子や、あんた鬼の子や!

このように、例えそれが前向きな決断だろうと、簡単に

もっとみる

深海生物の不思議

「深海生物」は、真っ暗で水圧が高すぎる所でも生きていけるので、すごく不思議です。

さらに、体の構造も不思議だと思います。

そこで、深海生物の体の構造について書いていこうと思います。

僕が最初に気になったのは「目」です。

暗い所でも見える「目」は、どんな感じなのでしょうか?

深海は、太陽の光がほとんど入ってこないので、眼球がデカいものなどと、深海に適応した眼を持っているそうです。

次に、

もっとみる