消費経済

江戸時代にまなぶお金の使い方

江戸時代、粋な江戸っ子は「宵越しの金は持たねえ(持たない)」などと言われました。

「宵越し」というのは「夜を超えること」、つまり「日をまたぐこと」ですから、「宵越しの金は持たない」というのは「その日に稼いだお金は、その日のうちに使い切る(のが粋だ)」ということです。

 当時の江戸は、日雇いの労働者が多く、稼ぎは日当でもらっていたという事情がありますし、まさか大店の主が「宵越しの金は持たない」な

もっとみる
ありがとうございます!何度でも繰り返して読んでくださいませ♪
2

本革を知らない人は“フェイクレザー”も評価できない。これ今の経済の象徴?

これ…ゆゆしき問題だと思う。
僕は実はフェイクレザーという素材が大好きだ。
カバン、シューズ…色んなグッズでフェイクレザーグッズを持っている。安くて機能的で多様なテイストがあり、素晴らしいものを開発したなぁ!と感じてる。この商品が普及することには肯定的だ。
なんだけど、実はその『“フェイク”である価値がわからない人が増えてる?』もしくは『増えるんじゃないか?』と感じてる。そうなった時、フェイクレザ

もっとみる
ありがとうございます。
5

『積極的に消費』しないが『儲けたい』志向の“リッチゾンビ”。

今の時代…増殖してるこの方たちが増えるとどうなるか?
先進国(最近言わないか…)の成長は消費する新興国頼みということになり、そこが足踏みすれば経済危機が訪れる。
どういうことか?ちゃんと説明しよう。

リッチゾンビ というのは筆者の造語(和製英語)だ。
ゾンビという命名は過激だが、まあまあ的を射たネーミングだと思ってる。
簡単に言えば、お金を儲けたい(クラスアップ)欲求は強いが、使いたい(消費)欲

もっとみる
ありがとうございます。
10

サブスクは有りだけど『お金払ってることを忘れさせる』のは逆効果。

月額200円とか300円のサブスクリプションって微妙な金額だ。
そして危ない金額!でもある。

昔、i-modeでボロ儲け(失礼…)したdocomoさんが結果的にやってた(狙ってたわけじゃないけど)手法。顧客はアプリとかサービスを契約したこと(毎月の携帯利用料から引き落とされてること)を忘れてしまうのだwww

AmazonやZOZOの定期便ならモノが届くのでそんなことはないのだが、目に見えないサ

もっとみる

プラットフォーマーが壊した消費&市場経済を再構築する未来図と未来職種 その1

表現は悪いのだが、プラットフォーマーは消費市場を破壊した!と僕は捉えてる。
もうちょっと具体的に言うと、スマホと検索エンジンとSNSが(狙ったのではないと思うけど)生活者に対する『思考停止エンジン』として機能してしまい、かつ依存性のあるSNSは一日の生活時間を埋め尽くして奪ってしまった。結果として消費市場のデフレ化を助長していると感じるのだ。
スマホに見入ってる時間がもし無くなったら、人はもっと生

もっとみる
ありがとうございます。
7