春日語カレンダー(1月7日)

こんにちは
今日の春日語は「なるへそ男」
なるほどという意味だと思います。
「なるへそ、なるへそ」って言う人たまにいたりするので、これはやさしい春日語ですね。
そこに男を付け加えるのが春日語らしいなと思います。

なるへそって死語らしいですね。
昔、いろりのほど(中心がくぼんだ部分)をへそと呼んでいた事からなるへそと言い換えたそうです。
死語のルーツって面白いですよね。

今日は卒論を出してきまし

もっとみる
ありがトゥース!

1/5 Tarot Reading of the Day♡

2021/1/5(Tue.)
を生きる「あなた」に贈る、
タロットのメッセージです;)

【1月】LIFE TUNING with miriishii
(こちらのマガジンを購入すると、
マガジン購入者様限定公開記事を含む
1月号の全記事が読み放題になります✌︎ )

▶︎【noteで遠隔タロット】
1月のあなたを輝かせる為に
聞いておくべき重要メッセージ #月間占い

新年1発目!
1月の【遠隔タ

もっとみる
スキって気持ちを表してくれてありがとう♡
18

男子厨房に入らず?

一昔前はそんな言葉があったようだ。

『男子厨房に入らず』

もちろんその時代には合っていた言葉なのかもしれない。

が、きっと今の時代にあっては死語となっている一つだろう。

男が外でバリバリ外で働き

女が家を守る。

そんな図式が大半を占めていた時代。

正月の三が日ぐらい家事をお休みさせてあげようじゃないかと

僕の祖父は厨房に入り始めた。

そこから我が家では代々男がお雑煮を作るという

もっとみる
スキありがとうございます!
7

【明けましておめでとうございます 2021年 丑】

丑(ウシ)年だけに、モウ〜、ギュウギュウ(密)な生活には戻らないライフスタイルになるのかもネ。

丑は、反芻(ハンスウ)動物だけに、三密を避ける事の学びを反省(ハンセイ)も必要だね。

昔(地の時代)は、大量生産大量消費の物の時代で、牛にかけて、モーレツ(死語かな?)なる言葉もあった。

今や風の時代となり、物から心へと豊かさが変化して、喜びのウッシッシ(これも死語かも?)へと変わって来てるのかも

もっとみる
スキをありがとうございます。感謝です
8

クラバーって死語なん!!!?

誰も気づいちゃないと思うけど、連載小説・'95 till Infinityのタグに、最近 #クラバー ってのをつけるようにした。

で、ふとこのクラバータグをクリックしてみたところ…

なんと14件!!!

しかも、その内13件が俺の記事…!

唯一、他にあったのが ↓ の記事。

クラバー(clubber)ってもう死語なん!?
今は何って呼ぶの?
パリピ…??

90年代当時はクラバーってのは本

もっとみる
こんなノートですみません!
22

櫺・連子(れんじ)・空間表現のRANGE

古い建築に関わると、普段使わない独特な言回しや、すでに死語となったような言葉に出会う。
そのたびに日常風景に揺さぶりをかけられたり、刷新されるような感じを覚えることが少なくない。
櫺 ・ 
欞 れんじ 
もその一つで、日常触れることはまずない漢字である。
【訓読み 】てすり のき れんじ
【音読み】 リョウ レイ
【訓】でれんじと訓む櫺に対して、連子は【音】で「れんじ」と読む
更に「櫺子」とも表記

もっとみる

猫田による猫田のための、レンジ。

レンジでチンッて、
写メを送るとか、
フロッピーの保存マークとか、
下駄箱みたいな、
かつての人工物の焼け残り、
そんなものじゃないだろうか。

レンジがピーと電子音を鳴らして、
そして止まった。

最近のうちの電子レンジはもっぱら、
冷凍のご飯を温めるか、
昨日の残りおかずを温めるか、
冷凍の豚肉を解凍するか、
コーヒーかすを乾かすか。
大体そんなもんだ。

ああでも最近は、
飲み物を温めること

もっとみる
ありがとうございます。小躍りしています。
1

12/13 Tarot Reading of the Day♡

2020/12/13(Sun.)
を生きる「あなた」に贈る、
タロットのメッセージです;)

【12月】 LIFE TUNING w/ miriishii
(こちらのマガジンを購入すると、
マガジン購入者様限定公開記事を含む
12月号の全記事が読み放題になります✌︎ )

▶︎【noteで遠隔タロット】
特別な12月を生き抜く為に
あなたが聞いておくべき
重要メッセージ

今月の【遠隔タロット】で

もっとみる
スキって気持ちを表してくれてありがとう♡
18

英語に敬語がないって本当?流行語は?方言は?全部まとめて調べてみた。

私は英語の授業の冒頭5分で、英語の雑学を紹介しています。

理由は2つあって、1つは生徒たちに少しでも英語に興味を持ってもらうため。もう1つは「雑学」の中にも英語学習のヒントがたくさん詰め込まれているからです。

今回から数回のnoteに分けて、私が普段の授業で使っている英語の小ネタを少しずつご紹介していきます。

初回はよく生徒からも質問のある、英語の流行語や若者言葉、方言、敬語などについて触れ

もっとみる
この「スキ」が次の記事執筆の原動力になります。
186

冒頭の内容は死語みたいな表現も多数ということだけど今だと
その当時の常識とかけ離れたためっていうのはあるよね…

け~たいも含めたデジカメやビデオレコーダの普及もあるため
使われなくなった内容も出ているし。