北楠清名

マンガ・書籍の紹介サイト『僕の殿堂』(https://bokunoden.com/)の管理人です。 「死語現禁」などを書こうと思います。画像は長くプレイしたコーエー様の「のぶニャがの野望」の五徳ニャン(極)です。

北楠清名

マンガ・書籍の紹介サイト『僕の殿堂』(https://bokunoden.com/)の管理人です。 「死語現禁」などを書こうと思います。画像は長くプレイしたコーエー様の「のぶニャがの野望」の五徳ニャン(極)です。

    マガジン

    • 死語現禁

      消えて行く言葉達の供養塔です。

    • 創作物

      小話などの創作物です。

    • 空想連続テレビ小話「ナナはん」

      連続テレビ小話を空想してみました。

    • 自己紹介的文章

      自己紹介的文章です。僕のことが知りたい方向けですが、あんまり面白くはありません。

    最近の記事

    【死語現禁】183.オートリバース

    (英:automatic reverse) オーディオ-テープの録音・再生時に、テープの終端や特定箇所の検出によって自動的に記録面を切り替える機能。(広辞苑第七版)<用法> 安太は、オートリバース機能のついたカセットデッキがどうしても欲しいのだった。 「私のコンポのカセットはオートリバースだから、ずっと聴けるんだ!」<解説・思い出> コンパクトカセットテープレコーダーに使われていた言葉です。 昔のカセットデッキは、片面の再生や録音が終わるとカセットを取り出して入れ替えなけれ

    スキ
    70
      • 【死語現禁】182.列強

        (日:れっきょう)強大な国々。(広辞苑第七版)<用法> 列強と呼ばれる国々が植民地を探して世界に進出した。<解説・思い出> 世界史や日本史の教科書に出て来る言葉です。 植民地支配しようとする西欧の国々などを指していました。 「国」に対して使われる言葉です。 今でも軍事や経済が発展した国々はありますが、列強とは言いません。 「軍事大国」とか「経済大国」とか、「主要国」とか「先進国」などと言ったりします。 「列強」は教科書や学術的文章などでしか使われることは無く、普通の人が日

        スキ
        35
        • 【死語現禁】181.洋もく

          (日:洋+もく)西洋タバコの俗称。(広辞苑第七版)<用法> 誠は山奥の空気と見晴らしの良い峠で洋もくを吸うのが好きだった。 「この臭いは洋もくだね」と煙草好きの田中は笑った。<解説・思い出> 煙草を吸う人が多かった頃、日本製の煙草以外によく使われた表現です。 ちなみに「もく」は「(煙を雲に見立てた、その倒語)タバコ。また、そのすいがら。」(広辞苑第七版)という、なかなか凝った言葉です。 煙草を吸う人が激減したので、この言葉も滅多に聞くことが無くなりました。 死語ランク:

          スキ
          27
          • 晩蝉<ひぐらし>

            冬凪病院物忘れ外来 第二診察室 診察室は夏の昼光で明るい。冷房の風が空気を揺らしている。恒と妻の優美は若い女医の前に座っている。優美のために物忘れ外来に来ているのだ。冷房で寒い。 「認知症が進んでますね。薬を変えましょう」 色白で大柄な女医が小柄な優美に話しかける。恒の首元が冷たい。冷房機の音が鼓膜を激しく叩く。 優美は小さな手で器用に調理する。特におでんは絶品だ。四人家族の冬の楽しみとなっていた。子供が独立してからも恒のために味の工夫を続けた。恒が料理しようとしても譲らな

            スキ
            223

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 死語現禁
            北楠清名
          • 創作物
            北楠清名
          • 空想連続テレビ小話「ナナはん」
            北楠清名
          • 自己紹介的文章
            北楠清名

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            小話書いてみました!

            noteで「#2000字のホラー」を開催しているという告知を見て、久しぶりに小話を書いてみました!😁 前回の小話同様、自分への戒めのために文章に何個かのしばりをかけています。そのせいで古臭く感じるかもしれません👍 エディター画面の数字で2,000字ぴったりにしていますので、よろしければ読んでみてください😊😁

            スキ
            110

            【死語現禁】180.ウルトラC

            (英:ultra+C) (和製語)体操競技の用語。かつての最高難度を超える意で、もっとも難度の高い独創的な演技の称。(広辞苑第七版)<用法> もしこのジャンプが成功したら、ウルトラCだと正則は思った。 「ウルトラC的なことが起こらない限り、この取引は無理だろうな」<解説・思い出> 「奇跡的」という意味で使われた言葉です。 かつては体操競技の難易度でCが一番高かったようで、そのCを超えるという意味で使われ始めたのではないでしょうか。 今では体操の難易度でCが最高ではありません

            スキ
            101

            【死語現禁】179.アプレゲール

            (仏:après-guerre)ここでは、第二次大戦後の若者の放恣で頽廃的な傾向、また、その傾向の人。戦後派。アプレ。(広辞苑第七版)<用法> 「あの青年達はアプレだから、関わらない方が身のためよ」<解説・思い出> 第二次世界大戦後の無軌道な若者達に使われた言葉です。 当時の小説やエッセイなどを読むと出て来ます。 今はまず聞かれない言葉です。 若い人に言ったら 「!? ああ、excelの関数のことですよね?」 などととぼけられそうです。 死語ランク:☆☆☆ ☆☆☆・・・

            スキ
            54

            【死語現禁】178.永久就職

            (日:永久+就職)結婚して専業主婦になること。<用法> 「美那子さんは、会社を辞めて永久就職することになったのよ」 「私の夢は、しっかりした男の人と永久就職すること!」 <解説・思い出> 「女性の結婚=専業主婦」という時代の言葉。 結婚して家に入って、ずっと家事+旦那・子供の世話などに従事することを指しました。 当時は結婚率が高い上に離婚率も低かった上に、男性の給料だけで生活もできたので、主婦業が永遠に続くと考えられたのでしょう。 結婚しない人が増え、離婚も当たり前になり、

            スキ
            44

            13.<空想連続テレビ小話>影響

            1.国会議員の失態中盤放送中、与党の保守系の大物議員が、本作を見て自身のSNSに 「茶髪でオートバイに乗る不良娘がトラックに運転する番組を朝から見させられるのは不愉快極まりない」 と書き込み、権利擁護団体やマスコミ、インターネットなどで批判が相次いだ。 与党支持率にも悪影響があり、この議員は党の要職からの辞任に追い込まれた。 2.ロケ地でコーラ北海道のロケ地でコーラを飲むのがブームとなった。 3.オートバイとコーラオートバイとコーラの販売数が伸びた。 4.トラック運転手

            スキ
            69

            12.<空想連続テレビ小話>評判

            1.放送開始当初は不評 放映開始当初は、特に80歳代の以上高齢者から、 「全く意味不明な不快なドラマ」 という厳しい声が多く、視聴率も低かった。 2.北海道に渡り、評価が変わる 主人公が北海道に行き、各地をバイクで走るあたりから 「今度の連続小話は今までと違う」 という評価がインターネットに溢れるようになり、様々な世代の視聴率も上がって行った。 3.80年代の若者から支持 80年代に青春を過ごした高齢者からは特に高い支持を得た。 4.若い世代から「古き良き時代」 80年

            スキ
            28

            11.<空想連続テレビ小話>広報戦略

            1.メディア戦術 番組開始前に出演者や内容をどんどんメディアに露出させるという従来型の広報戦術もやめた。 2.期待値を高める 情報を絞り、 「どんなドラマか分からない」 という期待値を高める戦略を取った。 3.バイクにまたがる奈々 K7号にまたがる奈々の写真が放送開始一週間前からメディアに露出された。この写真はウェブページのトップ画面やOSTのジャケットにも使われた。

            スキ
            12

            10.<空想連続テレビ小話>音楽

            1.80年代~90年代の楽曲 80年代~90年代の、邦楽・洋楽が多数使われた。当時若かった高齢者から熱く支持された。 2.邦楽 和製AORや小室系やユーロビート、テクノなどの楽曲が印象的に使われた。 若者達からは「懐かしのメロディー」的にとらえられた。 3.米国の曲※タップまたはクリックで遷移します Missing Persons 『Words』 Prince 『When Doves Cry』 The B-52's『Love Shack』 Irene Cara『Flash

            スキ
            17

            9.<空想連続テレビ小話>主題歌

            1.主題歌は書き下ろし 曲名『Liberty』 日本発のラッパーとして日本だけではなくアジアでも人気のあるmAE-Zam8が、作詞・作曲で書き下ろした。 2.主人公夫妻が歌唱 主人公奈々と赤城青太郎が、「Red+Blue=TarO featuring Na2」名義で歌い、ドラマ中でも使われた。ラップ部分を奈々が担当。 3.ミュージックビデオ ミュージックビデオも作られた。 作中で奈々の次女が踊る上半身はユラユラと揺れ、下半身は激しくステップする「スワンダンス」も披露されて

            スキ
            13

            8.<空想連続テレビ小話>マスコット

            1.キツネのシールとぬいぐるみ マスコットとして、キツネをモチーフにしたシールとぬいぐるみが作られた。 2.「きつねシール」 シールはバイクの燃料タンク、トラックのダッシュボード、『イエロー・エアシップ号』の後部にも貼られた。 3.「きつねぬいぐるみ」 ぬいぐるみは、トレーラーの座席におかれた。どちらも実際に市販され、人気を博した。

            スキ
            5

            7.<空想連続テレビ小話>バイク

            1.YANIHA製900ccを使用 当初は1980年代の750ccバイクを使用したいと茂原は考えていたが、安全上の都合から現行のYANIHA製900ccが使用された。 2.外観をカスタマイズ 外観を当時に似せてカスタマイズした物が、撮影用に予備を含めて2台作られた。撮影終了後、MHQKとメーカーに1台ずつ保存され、一般に公開された。 3.一般向け限定販売 またメーカーで番組と同じ仕様で75台限定で販売したところ、定価の3倍近い価格にも関わらず、即日完売した。その後100台

            スキ
            4

            6.<空想連続テレビ小話>音響

            1.タルビー社サラウンド アメリカのタルビー社製サラウンドシステムを採用し、7.1chサラウンドで放送された。 2.高度なマスタリング バイクの音、トラックの音など乗り物の音は高度なマスタリングをほどこし、心地良い音に聞こえるように工夫された。

            スキ
            5