歴史の教訓

【3つの大切な事を実行すると人生が激変する 勝海舟】

夢を叶えるためのはじめの一歩は
リラックする事なの。
別の言い方なら“余裕”を持つこと。

気持ちに余裕がないと、
体カチカチ、気持ちカチカチ。
そんな状態で夢を引き寄せることは
出来ないの。

話がそれますが、江戸時代末期に
勝海舟という人がいました。
もちろん知っているよね。

勝海舟は、人生には、
3つの大切な事があると
言っているの。
それを紹介すると、

・質の高い知識を得ること
・私欲

もっとみる
スキ有難う!感謝。
15

善意で身を滅ぼした人たちの歴史

フツー、善意って素晴らしい!と思うでしょうが…歴史の中でだとなかなか厳しいですね。善意でかえって身を滅ぼしてしまったケースとかもあるので、

善意が万能ではない

ってことをそこから気づいてもらえたら嬉しいですが。

 まず、善意でありながらピンチに陥った例として

王様が権力を譲ってしまい、最後は殺された

こと。これはホントに、目も当てられません。

 この王様は名誉欲が強く、自分が心優しく慕

もっとみる
ありがとうございました!励みになります。
3

外交政策が失敗する理由(2018)

外交政策が失敗する理由
Saven Satow
Sep. 30, 2018

「小時期は最良の外交政策である」。
オットー・フォン・ビスマルク

 「地球儀を俯瞰する外交」と豪語したものの、安倍晋三首相は外交において成果を六に挙げていないことがようやく世論にも認知されてきている。「外交」ではなく、「観光」や「社交」との揶揄もある。これだけの長期政権でありながら、外交成果があまりに乏しい。それは尋常

もっとみる

#0096【英3C政策と独3B政策(英独対立、19C末-20C初)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。

No.95では第一次世界大戦前夜の仏独の対立を見ましたが、今回は英独の対立を確認します。

イギリスはアフリカ大陸においては、エジプトのカイロ(Cairo)と南アのケープタウン(Cape Town)を軸に大陸縦貫政策を目指します。

当時すでにインド全域はイギリスの植民地に組み込まれていました。インドの東部にあたるカルカッタ(Calcutta 現コ

もっとみる