櫻井よしこ

慰安婦「贖罪」が韓国に利用された――櫻井よしこ

2015年に日韓両国で締結された慰安婦問題に関する「日韓合意」。だが、朴槿恵から文在寅へと政権が代わり、その約束は反故にされる。今年7月、韓国が一方的に合意を破棄したのだ。なぜ、国家間で結ばれた約束をいとも簡単に破るのだろうか。/文・櫻井よしこ(ジャーナリスト)

 7月3日、韓国がまたもや理解できない愚行に及びました。

 2015年の「日韓合意」によって設立された「和解・癒やし財団」を解散した

もっとみる
ありがとうございます!

「公人の肖像を焼く」行為と表現の自由

■スペインでも国王の写真や人形を焼く行為が芸術として展示された
■不敬罪のあるスペインで作品展示ができたことは表現の自由への適切な配慮であった
■現代の国家は中立的な「芸術のパトロン」であるべき

あいちトリエンナーレにおける「表現の不自由展・その後」の展示中止についてはそれが「検閲」に該当するかという観点と表現の自由に対する政治介入という観点から詳しいコラムを書きました。

中止発表から1週間が

もっとみる