櫻井よしこ

「論理的思考法」クイズ!【第12問】「反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています」

「論理的思考法」クイズ!【第12問】「反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています」

政治家発言の「コント」日本の政治家は、いつから「お笑い芸人」になったのだろうか? 彼らの発言を聞いていると、まるで「コント」である。コメディアンが観客を笑わせようと意図しているのであれば理解できるが、彼らは国会や委員会や記者会見において公式声明を発しているのである。もはや、幼い子どもたちからさえ、大笑いされるレベルではないか! 読者は、次の発言をどのように思われるだろうか? その発言のあった状況を改めて確認した上で、なぜ「コント」になるのか、どこまで非論理的なのか、いかに日

12
1+1=3である、といくら主張してもさ、間違いは聞く耳持たれないんだぜ?

1+1=3である、といくら主張してもさ、間違いは聞く耳持たれないんだぜ?

安倍晋三が櫻井よしことの対談で「反日的な人たちがオリンピック開催に反対」と暴言! 4年前の「こんな人たち」発言の再現 2021.06.30 08:11  安倍晋三・前首相が元気ハツラツだ。東京都議会議員選挙が告示された25日には首相退任後はじめて自民党候補の応援に駆けつけてマイクを握ったかと思えば、秋に控えた総選挙に向けて全国行脚までスタート。一方、自身のTwitterアカウントでは、赤木俊夫さんが遺した「赤木ファイル」の一文を切り取って自己正当化を図るという下劣な投稿をお

3
地球温暖化と原発

地球温暖化と原発

なにやらカナダで49.6度を記録したとかでやべえくらい暑いですね。 カナダのニュースで思い出したことがあるんですが、かつてTwitter世論は地球温暖化懐疑論で溢れていました。 内容としては 1. 二酸化炭素排出は自然現象であり、人類の排出量の寄与は無視できるレベルで小さい(人類が温暖化の原因ではない) 2. 地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない 3. そもそも地球温暖化はしてない あたりでしょうか。 有名な地球温暖化懐疑論者としては 竹田恒泰 地球は温暖化して

4
拝啓 菅野志桜里様

拝啓 菅野志桜里様

 Facebookから転載しました。ちょうどご本人が「note」に書いているので、便乗させてもらいます。コメント欄はなかなか香ばしいですが、数が少ないので、読んでいる人の数も少ないのでしょう。いろいろな意味で「オワコン」だということに気づいているのかな。ちなみに「菅野」は本名で、「山尾」は離婚した元夫の姓です。  短く要約すると、「このまま選挙に出ても落選するから出ません」ということですね。 政治活動を支援してくれた国民民主党と玉木雄一郎代表に対し、「お前のところにいても当

1
#そこまで言って委員会 櫻井よしこの「男系男子の方が国民の求心力を維持」は世論を無視している点で説得力がない。「女系容認で皇室歴史が終焉」も男尊女卑で懐古主義的な悲観論。「新しい皇室・新しい日本の時代が始まる」とは思えないのだろうか。頭が固すぎて話にならない

#そこまで言って委員会 櫻井よしこの「男系男子の方が国民の求心力を維持」は世論を無視している点で説得力がない。「女系容認で皇室歴史が終焉」も男尊女卑で懐古主義的な悲観論。「新しい皇室・新しい日本の時代が始まる」とは思えないのだろうか。頭が固すぎて話にならない

2
植村隆株式会社週刊金曜日代表取締役の卑怯そのものの報道姿勢

植村隆株式会社週刊金曜日代表取締役の卑怯そのものの報道姿勢

この記事で触れる週刊金曜日令和2年2月21日号について 元朝日新聞記者でいわゆる「従軍慰安婦」問題の火付け役となった植村隆さんは、結果として朝日新聞が記事の取消しと謝罪に追い込まれるきっかけとなった記事を執筆し、その経緯から捏造であると雑誌に記事を執筆した櫻井よしこさんと西岡力さんにそれぞれ民事訴訟を提起し、いずれも敗訴が確定しています。この民事訴訟の係属している平成30年に植村隆さんは週刊金曜日を出版する株式会社週刊金曜日の代表取締役にこのnoteの記事は、東京地方裁判所に

14
このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

仕事で泣きたくなった日に読む本「大人たちの失敗」櫻井よしこ著

仕事で泣きたくなった日に読む本「大人たちの失敗」櫻井よしこ著

新しい仕事を任されました。 私は接客業務だけでなく、「人を育てる仕事」もしています。 朝出社したら、管理職から「ちょっといい?」と呼ばれ、「くららさんに、新しい仕事を任せようと思います。お願い出来ますか?」と。 任されたのは、「”人を育てる人”を育てる」仕事。いわば先生の先生です。嬉しかったのでもちろん「はい」と即答しましたが、少し時間をおいて考えると、「私にできるかしら?」とかなり不安になりました。 挑戦は好きです。新しい挑戦はわくわくします。けれど私は0を1にする

6
キリスト教と神道の解釈の違い

キリスト教と神道の解釈の違い

昨日櫻井よしこさんの「桜チャンネル」で 皇族だか近しい人の「竹田恒泰」氏が 面白いことを言ってたのですが キリスト教は 「万物を創造した全知全能の神がいる」 という一神教の宗教で 日本の神道は 「万物が存在する自然に発生した人間が神を創造した」 という「自然に存在する万物に神が宿る宗教」 と言ったような考え方(一部私の解釈が含まれます) の宗教と言ってました。 私は一時期キリスト教の観点で見てたのですが 今は神道の考え方の方が正しいような気がしてます。

2
植村隆敗訴が最高裁で確定:櫻井よし子・西岡力へのスラップ訴訟と弁護団の新たな「捏造」

植村隆敗訴が最高裁で確定:櫻井よし子・西岡力へのスラップ訴訟と弁護団の新たな「捏造」

元朝日新聞記者で、従軍慰安婦の捏造記事を書いた植村隆敗訴が起こした名誉毀損を理由とするスラップ訴訟について、櫻井勝訴=植村敗訴が最高裁で確定しました。 同時期に展開されていた西岡力 氏へのスラップ訴訟では、弁護団が新たに訴訟結果について「捏造」していたことも判明しています。 植村裁判を支える市民の会 不当判決に抗議する ■弁護団声明  元朝日新聞記者植村隆氏が、元「慰安婦」金学順氏の証言に関する91年の新聞記事を巡って、株式会社文藝春秋と西岡力氏を訴えた訴訟の控訴審で、東

140