朝の儀式

朝の儀式

娘はちょうど1歳0ヶ月から保育園に通いはじめた。

毎朝、バイバイは大泣きだった。

最初は、心が苦しくなった。

かわいそうなことをしてるのかな、慣れる日はこないんじゃないかな、

本当に辛かった。

でも、仕事を辞めなかった。辞める勇気が、その頃は無かった。

年少クラスになってからの1年間は、さらに朝、離れられなくなった。

8時前の登園は、まだ合同保育の時間。昼間すごす自分のクラスとは違う

もっとみる

コミットメントで珈琲を

毎朝、わたしはハンドドリップで珈琲を淹れる。特に深い意味などない。習慣になっているだけだ。今のような寒い日よりは、暑い日の方がお布団から出やすい。これは間違いない。つか、夏に布団かけてないし。いずれにしても、さほど思考せず、布団から出て前日にベッド脇の椅子にセッティングしておいた靴下を履き(注1: 冬限定)(注2: 勝負日は、勝負靴下)、10歩少々移動して、ブリタでお水を浄水する。お水が落ちる間に

もっとみる

機関車

息子は幼稚園の登園の時、必ずやることがありました。

それは家から幼稚園まで全力疾走すること。

距離としては多分500mもないくらいだけど、毎朝必ず走りました。もしうっかり歩いて幼稚園まで来て気付いてしまった時は家の前からやり直しさせられました。

腕を車輪のようにまわし、口から蒸気を吐く。「シュッシュッシュッ・・・」暑い日も寒い日も必ず毎日。この時の息子は、アスファルトの上を走る蒸気機関車。歩

もっとみる
ありがとうございます。よかったらフォローしてください!
5

胡桃とアーモンドのパン

朝起きて
まずやるのは
薄切りになった
お気に入りのパンを焼くこと。

その5分の間に
ブルンジの紅茶でミルクティか
ミルクたっぷりのカフェ・オレにするか
決めて作り始める。

待っている5分間。

朝の静寂と重いまぶたを感じながら
外をボーッと眺める。

晴れなら空を見にベランダへ。
雨なら好きな一冊を。
曇りは、、、どうだったっけ。

それから焼き上がった
胡桃とアーモンドのパンを頬張りながら

もっとみる

短歌 #16 朝の儀式

目が覚める直前に伸びをしはじめてつる直前につま先戻し

ミシンがけ天秤が上下するように野菜ジュースを飲み下す君

背に腕に脚におもりがついたのを振り切ってするラジオ体操

鳴かないで朝を知らせに来る者よ私はさっき目を閉じたのよ

お団子がきれいにできたらとりあえず今日一日がうまくいきます

アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
58