時候

山茶始めて開く

こんにちは。
薬膳師のクコの花です。
7日に立冬を迎え、日に日に冬らしくなってきています。これからは身体を冷やさないよう食べ物に気を配りましょう。

立冬の初めの候を山茶(つばき)始めて開くといいます。山茶花の咲き始める頃です。読み方は「つばき」ですが、もともと中国ではツバキ科の花を総じて山茶と呼びます。山茶花の花が椿に良く似ているので、混同して使われたと言われています。

江戸時代の大阪の東洋医

もっとみる
記事拝読しますね!
16

言葉に心が欲しい。

 宣誓というのはどうしてするのでしょうか。その人が本当に宣誓したい内容なら聞いてみたいと思うけれど、何をいうのかが決まっていたりすることを宣誓されても、と思う。
 たまにはスポーツの宣誓で「全員ぶっ倒してやる」という物騒な宣誓をする人がいてもいいと思うし「勝つことには興味がありません。楽しい試合ができればいいです。仲間と一緒に」という適度に浮かれているだけの宣誓があってもいいと思う。
 私は文化と

もっとみる
ありがとうこざいます。気に入っていただけたのなら嬉しいです。
3

ご無沙汰しております、お変わりないですか、変わっていないことを前提とする挨拶がスッと心に入ってくるのは、きっと平凡であってもとても幸せだということ。ご無沙汰しておりました、お変わりないですか。