時候

ご無沙汰しております、お変わりないですか、変わっていないことを前提とする挨拶がスッと心に入ってくるのは、きっと平凡であってもとても幸せだということ。ご無沙汰しておりました、お変わりないですか。