ありがとございます〜。明日へのチカラになりますっ(^0^)♪
48

α7Ⅲの広角レンズに「Voigtländer COLOR-SKOPAR 21mm」を

広角ズームで散々悩んでおきながら、結局単焦点ですよ。まさに単焦点バカに付ける薬無し。

このレンズ、MFなので今まで完全にスルーしてたんですが、APO-LANTHAR 50mmを調べてたときに気になりだしたので、改めてまとめてみることにしました。
広角ズームが15万くらいかかる事を考えたら、半値くらいになる上に軽くもなるんだから検討しない手はないなと。

COSINA Voigtländer CO

もっとみる

iPhone11 Proと一眼レフの写真を見分けられたよ。まぐれかもしれないけど

こんな記事がありましたので、直感で判別にチャレンジしてみました。結果は全問正解。

私なりの判別ポイントは

・ボケが機械的に作り出したものか本物か
・HDR的な強引なダイナミクスが露出に生じていないか
・良質な(一眼レフの)広角レンズには、細部にディープフォーカスの美しさがあるはず
・自然な階調はどちらか

まぐれかもしれませんが。

もっとみる
出会いに乾杯~♪
5

Samyang 12mm F2.0

X-E2を手に入れる前から決めていたレンズ。

広角が好きだから、これだけでも楽しく散歩出来るのだがちょっと大きい…

樽型に歪むし絞り開放付近の周辺像はちょっと哀しいけど、寄れるしフィルターを付けれるし、そしてなかなかの広角だからシッカリ楽しめる。

息子に買ってもらった、実に親孝行である。

フィルターを付けれるので、夜空の撮影や長秒露光など散歩以外にも楽しめる。

単焦点でも広角だから後から

もっとみる

iPhone 11 Proで広角写真を撮影してきました

週末にiPhone 11 Proを持って少しお出かけして、新機能の広角写真をいくつか撮影してきました。

ペタペタとご紹介したいと思います。色補正はiPhone標準の写真アプリから色味を選んでいます。

建物を縦に撮影。少しパースがかかりすぎましたが、ダイナミックに撮れますね。

集合住宅の前にあったオブジェ的な何か。割と広く撮れますね。

同じく集合住宅の一角を。中心にパースを出すと画角の広さが

もっとみる

iPhone11Pro出たねぇ

水曜日の朝、僕が寝てる間に新しいiPhoneが発表されたことを思い出した。
で、(それほどでもないけど)慌ててiPadの電源をいれる。
iPhone11Proのデザインはすでに予測されていたものと同じで、機能に多少の違いがあったくらい。
デザイン上のポイントになるトリプルレンズも、なんだかでかすぎて(というか、場所をとりすぎて)目玉の大きな深海魚を思った。
肝心のスペックに関してはそれほど興味もな

もっとみる

昔の写真を振り返る5 ケルン大聖堂

古いスマホに入っている昔の写真を振り返る企画第5段。今回はドイツの写真です。

なんだか画質がやたら悪いですがケルン大聖堂です。たしかこれは2012年夏。当時はケルン競馬場まで電車で行っていて、ケルン中央駅で乗り換えるたびにこのケルン大聖堂を見ていたのでした。
多くの現地民や観光客がいつもケルン大聖堂にスマホやカメラを向けています。ケルン大聖堂はあまりにも大きいので、10mm台の広角レンズでないと

もっとみる

室内撮影は広角レンズ撮りがおすすめ

先日、ロイヤルアートホテル倉敷さんからとても良いお部屋の割当て頂いたので、一眼レフとスタビライザーで撮影。※お仕事ではなく、プライベートでお金を払って泊まっています。

大事な事を先に言います。
こういうホテルの部屋などの室内撮影には広角レンズは必須です。何故ならば、広角レンズ(幅広い視覚を切り取れる)を使えば部屋の奥行きがかなり深く、部屋のサイドに関しても広く見えるからです。

パンフレットやホ
もっとみる

励みになります!ありがとうございます!!
3