「お弁当はミクロコスモス」

ー ふたを開けた瞬間、そこには小宇宙が広がっている ー

先日、乃木坂にあるギャラリー『21_21 design sight』の「㊙︎展〜めったに見られない デザイナー達の原画〜」という企画展に行ってきた。

展示場の片隅で出会ったのが、タイトルにもあるこの言葉だった。

「弁当はまた、箱に入った小宇宙、多彩でポリフォニックなミクロコスモスとして、東洋の文化を象徴しながら、自己への深い観照をそくす

もっとみる
ありがとうございます!私も見に行きます☺️

人のことばかりでなく自分も大事にしてあげないとね。自然の力と家族の愛は偉大だなーと思った9月でした。

おはようございます。

渋谷区千駄ヶ谷の予約制サロン hair salon sato(u) です。

久しぶりにnoteを書いています。9月は自分のエネルギーが不十分だと気がつき、何もしないと決め込んでのんびりと気の向くままに過ごしていました。

8月に帰省できずにフラストレーションが溜まりに溜まっていたのには気がついていたのですが、どうやって発散させてやろうかとも考えていたけれども悶々としていた

もっとみる
ありがとうございます。
2

エコビレッジEKAM(エーカム)オーナー:出雲路あいかさん『植物に人生を捧げる』

今回のnegoball radioは屋久島でエコビレッジEKAM(エーカム)を運営している出雲路あいかさんに出演いただきました。

1996年兵庫県出身。実家は寺院。 祖母のガーデニングをきっかけに15歳で「植物に人生を捧げる」ことを決意。 園芸学日本最高峰千葉大学に入学、在学中に国費でガーデニング大国イギリスに留学。 イギリスでパーマカルチャー に出会う。 帰国後「人々の心に植物を」をモットーに

もっとみる

九州釣り旅

9月、2週間の休みをとった。
休むことは今年の初めから決めていた。
その時はまだコロナの感染が世界的に広まるなんて思いもよらず、海外旅行をするつもりだった。
ところが2月あたりからニュースが連日報道され、どうやら今年、そして来年も海外旅行などのんきなことは出来そうにないことが分かったので、国内旅行をすることにした。
せっかくだしこの機会に今まで行ったことのない場所へ行ってみることにした。
九州はほ

もっとみる

生きる

引っ越したのでまずは土を耕す。

以前倉庫の壁だったらしいものを解体。

バールを使って釘を抜いて。

バラしてバラして。

雑草を抜いて。

山鍬でさらっと畝立て。

石が多すぎるので、小さいスコップで石を取りながら畝立てしないとだったので、今日はここまで!

よくがんばった!私!笑

お疲れ様でした!

もっとみる
ホーリーバジルで身体と場の浄化✨
4

夢のあとさき(第四章③)

注進を受けても西村織部丞は動じなかった。
 「それは琉球船だろう。あの大風で帆を失ったとみえる。」
 「いえ、あれは日ノ本の船ではございません。恐ろし気な鬼が乗っておりまする。」
 「馬鹿を言え。この世に鬼などいるものか。琉球船にはシャムの輩も乗り組むことがあると言う。明国人も怪しげな衣を纏うておると言うぞ。」
 織部丞はおもむろに腰を上げると、自慢の葦毛に跨った。
 「二三人、付いて参れ。」
 

もっとみる
ありがとうございました
3

夢分析20200929 Osaka to Yakushima no tigai ni tuite ~「屋久島に住みたい」と思う人について~

#夢日記 どこかのアガルタ。屋久島のようなところから、大阪のようなところへ、コロナウイルスがあるのにわざわざ電車やバスやモノレールに乗って若者たち10名ほどのグループ行動で修学旅行みたいな集団旅行に行く夢。高級ホテルの喫茶店に行って水を飲んだが、飲んだ人のほとんどがお腹を壊してしまって、水が合わない体験をする。その後、ミネラルウォーターか何かを店員さんに頼んでいると、他の人はお酒を飲んで酔っ払って

もっとみる

世界の遺産を知ろう!GoTo世界遺産クイズ!

世界観光の日

皆さん、昨日9月27日は世界観光の日だったということをご存知でしたか?

1980年に世界観光機関が定めたもので、国際社会における観光への意識を高めるとともに、どれほどの社会的、文化的、政治的、経済的な価値を世界にもたらすか示すことを目的とされているそうです。

国内や海外へ旅行に行くとき、皆さんは何を一番の目的にしますか?
自然に癒されたい
温泉に入りたい 
おいしいものを食べた

もっとみる

今ごろ旅人になってるはずだった。

あれは2人目の子の小学校の卒業式のことでした。13 年ほど前でしょうか。その学校では卒業証書を授与されるときに将来の夢をひとこと言うことになっていました。それぞれ「プロ野球選手」「保母さん」←今では保育士さんですね、「パティシエ」「総理大臣」などと答えていた中、最後の方で背の高いちょっとカッコよさそうだけどへにゃへにゃした感じの男の子が「旅人」と言いました。式場全体がくすくす笑いで空気が揺れました

もっとみる
超嬉しいです!またいいの書きます!
28

屋久島へ行って気付いた、本当の魅力

この島の本当の魅力は
屋久杉でも、トレッキングツアーでも、海鮮料理でもない。
島民の「おもてなし」だと思う。

登山道に向かう為公共バスに乗っていた時、停留所でもない場所で停車して、「横にお猿さんが通ってますよ」という車掌アナウンス。

居酒屋で飲んでると、「ここはバスもタクシーも19時には無くなるから」って、宿まで送ってくれるマスター。

レンタカー屋に行く道中で大雨に遭い、雨宿りしていたら、そ

もっとみる