プロフェッサーとは?

学校から解放されて一ヶ月と少し経つ。頭が少し動くようになったので通っていた学校の記録のようなものを書こうかという気になってきた。クラスの誰も誰とも友達でないというプログラムにいたので、今まで思っていたことも口にしなかったので。私の考えや学習方法が古すぎるのかもしれないけれど、いろんなことを書きのこそう。

 不思議だったのは、ここの先生たちが俺たちプロフェッサーだから偉いしという態度だった。主語が

もっとみる

先輩になったのではなく、先輩にしてもらった|「仲間」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。
さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿を追いかけます。

“運命”のようなものを感じて

神大フェスタ(大学祭)実行委員会に入っていなかったら、大学生活がこんなに充実することはなかっただろう。

先輩とのつながり、同期とのつながり、後輩とのつながり、そして大学職員や地域の方々とのつながり。いろい

もっとみる
ありがとうございます。
6

Another Classroom(アナクラ)へ、ようこそ! 誰のための、どんな場所? 何を目指してるの?

はじめまして!
ご覧いただき、ありがとうございます。

Another Classroom(アナクラ)を立ち上げています、新留穏香(にいどめしずか)と申します。はじめに少しだけ、経歴など書いておきます。

1984年生まれ、愛知県育ち。東京大学 理科2類に入学後、薬学部へ進学。東京大学大学院薬学系研究科にてアルツハイマー病発症メカニズムの研究をして、Ph.D (薬学博士)を取得。その後、大阪大学蛋

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
22

アメリカとカナダ

初めて来た外国がカナダで広い国だとは思ったけれど、バンクーバー、トロント、カルガリー、バンフ、ケベックと色々見て、トロントでは国境を渡ってアメリカに行ったときに思ったのが、カナダはアメリカと比べると経済的に豊かな国ではないと瞬時で思った。食べるものやお店などが、国境を越えると一気に華やかになったことに驚いた。その頃は、他に比較することもできなかったけれども、その後アメリカで最初に生活した土地がバン

もっとみる

学生が大学図書館に入れない!無料宅配サービス実現までの舞台裏

神奈川大学図書館では、学生への修学支援の一環として、無料で図書を貸し出し・配送する「学生向け図書館利用サービス」を実施しています。サービス開始の経緯とそこにかける思いを図書館職員が語ります。

2020年4月7日、緊急事態宣言が発令されるとともに、学生の安全と安心を第一に、8月1日までの大学への入構禁止が決定された。

4月からの新学期に向けて準備をし、心待ちにしていたみんなに衝撃が走った。誰より

もっとみる
ありがとうございます。
64

大学生が映像授業に求めているものは? 1

珍しく余談を最初に置いてみる。今日の日本ダービーの話だ。わたしは競馬のことは正直1ミリもわからないし、多分今後賭け事をすることもない。

でも今日は大好きなYouTuberである東海オンエアの虫眼鏡さんが、ある動画の罰ゲームで今日のダービーに200万をかけていた。

東海オンエアの他のメンバーも数十万ずつかけ、予想をツイート。YouTubeチャンネルで、日本ダービーをテレビで観戦する様子をライブ。

もっとみる
あなたの記事も読みにいきますね!
43

「なぜ」の理由を考えさせる教師になりたい|「先生」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。
さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿を追いかけます。

化学の楽しさを知って、教師を目指した

高校生のとき、化学に興味を持った。
理科の先生が導いてくれた「有機化学」の世界。
先生はいつも、現象が起こる原因を考えることを大切にし、「有機化学の楽しさ」を教えてくれた。

いつしか、自分もその楽

もっとみる
ありがとうございます。
12

ワクワク生きてる大人を見て、「なんかあんな感じ、いいな〜」って思えてワクワクする。さらにその人が、自分の考えに対して、いいねいいね!って応援してくれる。それで自信を持って前に進める。これこそ「魂に火を付ける」最高の教育なんじゃないかなと思う。こんな場を作りたい!!

ありがとうございます!励みになります!
6

不安9割、期待1割から始まった大学生活|「親」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。
さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿を追いかけます。

自分を信じてくれる母の言葉に力がわいた

生まれ育った新潟を離れ、家族や友人など知り合いが周りに誰もいない横浜へ。大きく膨らんでいく不安と寂しさ、そして、ほんの少しの期待を胸に迎えた、4年前の引っ越しの日を今でも忘れない。

不安9割、期

もっとみる
ありがとうございます。
9

オンライン授業に寄せて③ 教師がまず自分たちでやってみるということ

大学の授業のオンライン化にあたって、同じ科目の担当者同士での協力の話を前回書いた。
が、このように、急遽降りかかってきたオンライン化に対応するべく協力するというのは、同じ科目の担当者同士でなければできないことではない。

たとえそれぞれ違う科目を担当している場合でもできること、まずすべきことと私が考えているのは、標題にもつけたとおり、新しいツールであれ学習形態であれ課題であれ、教師がまず自分たちで

もっとみる