現実的北朝鮮問題解決策《妥協案》

現実的北朝鮮問題解決策《妥協案》

現実的北朝鮮問題解決策《妥協案》 2021年7月27日朝鮮戦争休戦記念日に南北のホットラインが復活したとか報道されている が、未だに目だって関係が改善して無い! 2020年6月17日6月16日に開城の南北共同連絡事務所を北朝鮮が爆破したと南北強調路線 は完全に破たんした!金正恩の実の妹である金与正に全権を移すとか良く 分からんことが報道される?! 2020年6月5日拉致被害者のシンボル的存在「横田めぐみ」さんの父親で長年、拉致問題を 訴えて来た横田滋さんが、お亡く成りに

希望的中国覇権現状考察

希望的中国覇権現状考察

希望的中国覇権現状考察 2021年3月21日初稿QUAD(クアッドと発音)「日米豪印戦略対話」としてアメリカ主導の 対中国外交の基本としてのアジア太平洋地域における米中関係の緊張が増す 中でバイデン大統領の基本方針としてアメリカ一国で中国を如何にか抑え込 む事は出来無いとトランプの自身のビジネススキルで交渉次第で有利に成る と阿呆な考えで無い事を示して居るが、如何にも中国が、且つてのソ連以上 の難敵に成って居るのも事実だ! 更にアメリカの国務長官防衛長官が日本⇒韓国を訪れ2

【国際情勢】中国が改めるべき8の悪事

【国際情勢】中国が改めるべき8の悪事

1 台湾は中国と言い張り、悪いとも思っていない脳味噌中国共産党だけではなく市民までその脳のレベルと言うのがヤバイ。もはや同じ人間と呼びたくない 2 洗脳教育1に大きく関連 事実を知らないおかしな中国人が量産されている 許される事ではない(他の国に超迷惑と言う意味で) 3 宇宙ロケット実験でデブリ拡散 宇宙汚染ほんとに責任をもってデブリ回収をしてほしい 最近デブリ回収事業が始まったが、なんと日本企業 こういう所にもお国柄が出ている ごみを捨てっぱなし中国、ごみ拾い

8
クラッドの地政学シリーズまとめ

クラッドの地政学シリーズまとめ

はじめに本記事はクラッドが作成した地政学シリーズをまとめた記事となります。 現在、どの国が完成され公開しているかを一目でわかると良いなと思い作成しました。 また、コメント欄には書いて欲しい国や紹介して欲しい内容などあれば、書いて頂ければ今後の執筆時の参考などにさせて頂きます。 皆さま、お気軽にコメント下さいね。 下記の世界地図にて、緑色で塗ったものが公開中のものとなります。 (白地図ぬりぬり様にて作成) 公開中の国々(地域単位) ヨーロッパ ・イタリア ・ポーランド

3
歓迎会 40人 バッハ会長 菅義偉首相 小池百合子東京都知事 橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長 森喜朗 国際オリンピック委員会 IOC 迎賓館赤坂離宮 東京オリンピック 日本 東京都 港区 元赤坂 新型コロナウイルス 20210717

歓迎会 40人 バッハ会長 菅義偉首相 小池百合子東京都知事 橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長 森喜朗 国際オリンピック委員会 IOC 迎賓館赤坂離宮 東京オリンピック 日本 東京都 港区 元赤坂 新型コロナウイルス 20210717

 2021.07.18IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長などを招いて東京の迎賓館赤坂離宮で歓迎会を開催します。  菅義偉首相、小池百合子東京都知事、橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、森喜朗前東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長も出席します。  出席者は40人ほどの予定です。 https://www.youtube.com/watch?v=aosJsxUBK2g あす バッハ会長の歓迎会開催 菅首相・小池都知事などが出

5
アイデアを募ってよりよい未来へ

アイデアを募ってよりよい未来へ

レクサスが第10回目となる「LEXUS DESIGN AWARD 2022」の作品募集を開始しました。 国境を越えた多くの人々からアイデアを集めて、考えをブラッシュアップできる点はすごく良いですよね。自分の育ってきた環境によっても気づく所が変わってくるので、たくさんのYOU視点が生まれそうだな~と感じてしましました! 消費者や使い手の考えたアイデアを実現させることで、よりよい未来にしていくためのヒントを得ることができそうですね!あらゆる視点からの考え方をもっと重宝していくべ

スマホが普及するほど、国際競争力は落ちる!?

スマホが普及するほど、国際競争力は落ちる!?

経済協力開発機構(OECD)によって、「国際成人力調査」というものが行われた。仕事や日常生活で必要な能力の水準を計るというものである。「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3つの分野で測定された。 その調査によると、日本人は「読解力」と「数的思考力」の分野では、トップとなっている。だが、「ITを活用〜」においては、上位に入っていない。 ネット人口が爆発的に増加しているにも関わらず、ITを活用できていないとは、どういうことなのか? 理由は、考察するまでもな

8
J.V.ネウストプニー「外国人とのコミュニケーション」

J.V.ネウストプニー「外国人とのコミュニケーション」

・本書はチェコ生まれの言語学者による著者が、外国人問題の根を探り、国際化時代のコミュニケーション教育はどうあるべきかを考えた1冊(1982年刊行)。 ・外国人問題=外国人をいつも憐れみ、被害者のようにみなす(笑う・差別する)など、異質集団の問題。 ・外国人問題はコミュニケーションの問題ではない。外国人問題は実質行動(日常生活・文化・政治など)とコミュニケーション(言語だけではない)に分けられており、両方の研究を行う必要がある。 ・外国人のコミュニケーション問題は、文法や語彙、

2
これからの時代に必要な「〇〇力」!国際社会が新たに設定した力とは?

これからの時代に必要な「〇〇力」!国際社会が新たに設定した力とは?

これからの時代に必要なのは「生き延びる力」皆さん、「生き延びる力」って聞いたことはありますか? どちらかというと、一般的には似たような響きの「生きる力」という言葉の方がよく耳にするかもしれません。 実はこの「生き延びる力」 国際的なシンクタンクであるOECD(経済協力開発機構)が、「Education 2030」というプロジェクトで決めた、これからの時代に身につけるべき力のことなんです。 さらにOECDは、その「生き延びる力」を構成する要素として次の3つの力をあげてい

14
お前は子供かよ!!

お前は子供かよ!!

うちの旦那は、一日中家にいても、子供と一切一緒に遊びません。 全く子煩悩ではなく、子供の面倒が見られない人なんです。 そして私が、贄を切らして、「ちょっとは子供と遊んでよ!」 と言うと、仕方がなく、と言った感じで一緒に遊びます。 が!!!!!!!!! 会話を聞いてて腹がたつ!! 息子「パパ、トランプしよう!」 フランク「やだ トランプ嫌い」 息子「じゃーレゴしよう」 フランク「えーそれもやだ」 息子「じゃーボウル投げしようよ」 フランク「えーサッカーなら

4