呉服

きものが生き残る道

西野さんのこちらのVoicyを聞いて、『きもの』について思いをはせました。

斜陽産業と言われて久しい呉服業界

証券会社から呉服業界に転職したとき、周囲の人にとても驚かれました。呉服業界は斜陽産業と思われていたからです。

わたしが転職した理由はいくつかありますが、一番の理由は『きものが好きだから』です。

過去に手帳に書きとめた、実現したいことのひとつに、洋服と同じ感覚できものを着るというもの

もっとみる
恐縮です><
6

着物に全く興味がなかった私が、着物ってスゲー!って、沼に落ちたって話

着物について全く分からないけれど、着物の世界に足を踏み入れてしまいました!

正直、今でも本当に全くわかりません!

着物。みなさまどんなイメージでしょうか?

めっちゃ高価。

なんか着るのめんどくさい。

めっちゃ高価。(二回目)

敷居が高い。

なんか着るのめんどくさい。(二回目)

おっと、同じ言葉が二回も出てきましたね。わたくし、まじで、こんな感じでした。

着物。それは超ハイスペック

もっとみる
ありがとうございます~、あなたさまに素敵なことがありますように!
32

呉服って元から材料費高いしね、あの手この手で押し売りするお店、何かにつけて私はこんなに苦労して!という工芸の世界を見ると、ホリエモンがいうみたいにものづくりジャパンっていうより、Googleとか買収したほうが早い!って朝生で言ってたの、正解よね!

愛してるって言わなきゃ殺す。
1

ラグビー日本代表ユニフォームに見る日本文化

ラグビーW杯盛り上がっていますね。世界ランク1位の強豪国であるアイルランドに勝利したこともあり、その盛り上がりはとどまることを知りません!当店も試合の時間はテレビの前から離れられません…

 そして今回の日本代表のユニフォームは日本人としてとても誇らしい仕掛けがしてあります。兜をモチーフとしていることは有名な話ですが、実は生地にも和柄が織り込んであります。全て網羅できているかは分かりませんが、どん

もっとみる

『着物と共にある出会いの人生』月輪屋 着物と雑貨てて 店主“村上悦子”さん

大阪・空堀にある『月輪屋 着物と雑貨てて』の店主 村上悦子さんにお話しを伺いました。

プロフィール
出身地 
大阪府
活動地域
大阪・空堀を中心に全国各地で活動中
現在の職業
2015年より大阪・空堀にの「月輪屋 着物と雑貨てて」にて、リサイクル着物を中心に、月輪屋セレクトの商品やオリジナル着物・雑貨の販売している。「日常に着物のある暮らし」をテーマに、呉服業界出身の夫婦で店を営む。着物相談、手

もっとみる
ありがとうございます!!
18

未熟の稚味を味わう民族が日本人なのに

成熟した大人の皆さんがたの、就活生たちの板につかないリクルートスーツ萌え(男女)があるように、初心者のキモノや浴衣が板につかない様子の萌えも楽しもうぜー。それこそ粋人。

昔から、日本文化は「未熟さが持つ未来の伸びしろ」や「つたなさ、幼さが持つ独自の生命感から来る稚味」を味わったのです。

着物警察のようなものは無粋の極みです。

なんて思ふ。笑

フォリアが制作する和装品について

こちらの着物は、工房構成員の甲斐凡子が、大島紬の無地を染めたものです。

名古屋帯は、親方の仁平幸春が染めた桃山時代の辻が花を題材にした「菊疋田」という題名のものです。疋田の部分は、あえて辻が花の黎明期のような感じに不揃いに、一粒一粒手で糊を置き、表しています。

下の写真は、同じ大島紬の着物に、帯が「全面ロウムラ加工」という、ロウによる色のムラを強調した名古屋帯で、ちょっと北欧的な感じの配色です

もっとみる

フォリア工房の「更紗」について

日本で「更紗」と呼ぶものは、インド更紗、インドネシアのバティック、ヨーロッパ更紗、和更紗、それらに影響を受けた形式の文様などを総称してそう呼ぶようです。

更紗は、それが渡ってきた昔から、布好きの日本人に絶大なる人気があります。茶人は更紗が日本に到来して以来珍重し、愛好していますし、表具などでも良く使われています。また、和装の世界では昔から現在も根強い人気があり、貴重な舶来品の更紗を継いで着物や帯

もっとみる

浴衣は洋服の夏服部門の一種として取り込まれるかも知れませんね

ここ15年ぐらい、洋服メーカーが浴衣を製造し廉価で販売し、上手くいったり行かなかったりなのでしょうが、粘り強く繰り返し販売していた・・かの、ように観えます。

そのお陰で若い人たちが浴衣を着るのに抵抗がなくなり、浴衣着用者が増えた要因になっていると思います。

浴衣には、昔ながらの手間のかかる技法で手作りされた高額なもの、効率的な手仕事で作られたそこそこ高いもの、プリントの廉価なもの(和装の反物幅

もっとみる

着物ポスター大炎上で【女vs女】 の不思議な構図(日本の奇形フェミの秘密が明るみに……?)

呉服屋ポスター大炎上の巻

つい先日、銀座のいせよしという呉服店のポスターが大炎上したのをご存知だろうか。
2016年頃のポスターとキャッチコピーがいまさら掘り起こされ、その内容を見た方々が烈火のごとく怒り狂っているのである。

「ハーフの子を産みたい方に。」着物ポスターのコピーに批判殺到 銀座いせよし「着物に関心を持ってほしかった」
https://news.biglobe.ne.jp/tren

もっとみる