自分のルーツを辿ったら思わぬことが判明した話。

自分のルーツを辿ったら思わぬことが判明した話。

20代の始め、変わったアルバイトを 少しだけしたことがある。 依頼者の家系を遡り、家相から問題を探り、 先祖供養や、神仏の祀り方を改めることで、 現在の問題を解消に導くという仕事だ。 当時はちんぷんかんぷん過ぎて、 数回で辞めてしまったのだが、 最近、当時お世話になったAさんと久々に会って ひょんなことから自分の家系を遡ることになった。 家系を見るにあたり戸籍を取り寄せ、 家系を辿ってみると思わぬ事実が判明した。 父方の曾祖父にあたる人は、 養子として

スキ
1
有料記事、全て売り切れましたので、これで秋のお彼岸の慰霊修法の申込は終了致します
申込を出遅れてどうしてもという方はメールかDMなどで相談してください
講員の方は無条件に受付ます

有料記事、全て売り切れましたので、これで秋のお彼岸の慰霊修法の申込は終了致します 申込を出遅れてどうしてもという方はメールかDMなどで相談してください 講員の方は無条件に受付ます

魂とご先祖さま

魂とご先祖さま

ぶっ続けで書いていて大丈夫かなとやや体力の不安を感じますが、魂とご先祖様について。 魂は、肉体がなくても生きられます。という解釈です。よくおばあさんが「夢で死んだじいさんに会ったよ」って言う感じで、寝てると特に霊界と現世って差がないのでは?と思うこともしばしば。 先祖と血の関係って濃いんですよね…どうしても。嫌でも。親とか祖父母とか見てると濃いと思いませんか。中々縁切るの大変だし…それだけ縁がよかろうが悪かろうが深いんですよ。 ご先祖様の「魂」のことを書きます。 よく

今月の終活ニュース◆9月号

今月の終活ニュース◆9月号

こんにちは。広報担当の古屋です。最近天気が不安定ですね。偏頭痛持ちには少し辛い1週間でした。 今日は少々個人的な内容になりますが、 ①私が広報担当として社内向けに毎朝行っていること ②これから月1企画になる(かも?)な、今月の注目終活ニュース について書きたいと思います。 本日の終活ニュース💡の投稿広報担当は、メディアさんに取材していただいたり、プレスリリースを書いたり、こんな風にnoteを書いたり、社外とのコミュニケーションとの連続です。自社を知ってもらい、ファンに

スキ
4
NO.28・・・人でなし・・・

NO.28・・・人でなし・・・

怖い見出しから始まりましたが~今日は私の父方先祖の失態(先祖因縁)   (見えたり聞こえたりしないので師匠に通訳をお願いしてました) 私が生まれた時には まだ父の母(信仰心の熱い祖母)は健在でした。  3~4歳には他界してたかな(後この祖母さんも私に父の事で訴えにくる) お爺さんは父が小学生の時に他界。弟が居たようで2歳の時に突然死亡。 男が育たない家系。呪いは脈々と続く・・・ 私の側に10代後半頃から、いつも女の人が何する訳でも無く居てると言われてた。名前は梅・・・心

スキ
6
供養!!!【久しぶりだねぇ。2021/1/21作成の下書きです】

供養!!!【久しぶりだねぇ。2021/1/21作成の下書きです】

どうも。 来月末で5年務めた職場を辞めるんだけど、 あくまで自分としては普通に去りたいと思ってます。 不思議なもんだ。 「辞めます」と言った直後、周りから「大黒柱の一人の田代さんが辞めたらどうするんですか!?」とか「頑張って出てくれてるのに、、、変わりはどうしたら、、、」と言われたけど、解決策が見つかった途端、静かになった。 悟ったよ。でもそれでいいんだ。自分はここでの役目は果たしたんだよ。 何も目にしないで、簡単に挨拶を済ませて 「お疲れ様」 と言って店を出

人間不信になりそうになる瞬間はこれかーーーーーと実感した話

人間不信になりそうになる瞬間はこれかーーーーーと実感した話

日頃から相談を受けることが多く、「人間不信になりそう」という言葉をよく相談してきてくれた人たちが言っていた。 今までその感覚があまりわからなかったけど、遂にこれが人間不信に陥りそうになる瞬間かーーーーと実感することができた(実感する必要はないのだけれど)。 自分がかけてきたいろんなものが裏切れるというか、手のひら返されるというか、あれもこれも全部嘘だったのでは???????と思ってしまうくらいのことがあった。 端的に言うと、元恋人僕と付き合ってる時からソフレやらセフレやら

形ばかりの宗教

形ばかりの宗教

形式やルールや戒律通りにしても、いくらお金を注ぎ込んでも 本当の意味での供養なんてできません 人は弱いから どうしようもない不安や 目に見えないことに対して 救われたい こうしたから大丈夫 こう言われたから大丈夫 と思いたい生き物なのです 故人がどう思って肉体から離れるのか 残された人が故人の意思や気持ちを どれだけ汲み取り これからを生きるのか が分からなければ 何をしたって同じこと 形ばかりに囚われ信仰したって 神や仏には届かない 大事なのはは肉体をまだもっている

スキ
3
供養の対象は人だけではない。土地・建物への「供養」
+1

供養の対象は人だけではない。土地・建物への「供養」

供養の対象は人だけではなく、日本人は昔から土地・建物にも供養を行って参りました。 馴染みがあるのは家や事業所などの建物や施設を作る前に行う安心安全を願う「地鎮祭」ですが、その土地・建物を供養する必要がある事情があることもございます。 仕事柄、供養や終活に関する相談を多く頂きますが、人だけでなく、土地や建物に対しても、供養を行う必要があると感じております。 人だけではなく、土地や建物の供養も今後注目される近年は自宅で高齢の身内を看取るケースが徐々に増えております。 また

スキ
2
めっちゃ好きになって、後から死ぬほど憎んで、もうよくわからなくなっちゃった人の話④

めっちゃ好きになって、後から死ぬほど憎んで、もうよくわからなくなっちゃった人の話④

前回初デートの話を書いたので、今回はその後の話を少し。 (時系列的に合ってるとは思うが)まず俺が東京で一人暮らしを始めた。 営業マンからエンジニアに転職した先の会社の家賃補助のおかげで、 会社まで2駅で行ける距離のマンションに住み始めた。 「これで女連れ込めるな!!!」って友人からお決まりの言葉をもらったりもしたが、 連れ込んでどうやってそういう雰囲気になるのか全く想像できなかった。 いや、その辺はどうでもいいんだけど。 ただ、通勤も楽になったし、彼女とのデート

スキ
2