『衝撃!!誰でもできるビジネス成功法』

この方法を知った時、わたしは驚愕のあまり運転席から落下しそうになった。あわや交通事故である。
現場が医療体制の整った場所だったという事が不幸中の幸い。
怪我してもお薬が置いてある薬局の前だったからだ。
先日、ショッピングモール内の薬局の前にあるぞうさんの乗り物に乗っていた時、それは起こった。

こんな簡単な方法でビジネスを成功させる方法があったとは。元手や労力はいらない。なぜこんな方法が今まで世に

もっとみる
感謝です☆フォローよろしくお願いしますm(__)m
49

60分で書ける!企画書の書き方講座(テンプレート付)紹介

現役経営者&アーティストが、明日から実践で使えるノウハウやスキルをレクチャーする「自活力育成塾」寺子屋ハイミの人気講座のご紹介です!

※事業の詳細はホームページをご覧ください。http://himejapan.com/terakoya.html

「ナイスアイディアが思いついた!!」とビジネスシーンにおいて、クリエイティブ色強めな方は、「○○○な事したいんです!!」と情熱と勢いだけで、「打ち合わ

もっとみる
スキをありがとうございます!嬉しいです!
7

『役に立つ!!企画書のプレゼンの仕方』

こうも簡単に企画書を通す方法があるのか。わたしはこの方法を知った時に驚愕のあまり、歩道で遊んでいたミニ四駆をつい手放し車道へ逃がしてしまったのを覚えている。

現在、企画書のプレゼンといえば、パワーポイントが一番効果的と思われがちだが、実はもうそんな時代ではないのである。一言で言えば、古いのだ。
あれは使用してない人の分母があっての使用する人の分子が少ないから目立ち、とりだたされ効果を成すわけであ

もっとみる
お互いフォローしましょ(^0^)/☆
44

おはようございます。

私はパソコンが大大大の苦手。恥ずかしいのですが大学を出てからExcelなんて殆どいじってなくて出来る人にいつもお願いして逃げていました(汗)

が、今ある美容室に委託販売をお願いする為に必死にパソコンと向き合ってます。

がんばれーわたし٩(๑`^´๑)۶

Thanks oh so much( *´艸`)
5

⑤企画の件_企画が上手くなるコツ(初歩)

今日1本、企画書を自治体に送りました。

その町の、若者の人材育成に繋がる企画。
どうか、自治体の方に想いが伝わりますように。

自分はまだまだ、立派な
企画書を書きあげるほどには力不足でアイデア不足で、
今回の企画書も上司や先輩から多大なサポートを頂いていました。

まだまだ企画に苦手意識もあり、
企画は難しい、そんな想いもあります。
でも、提案したい。誰かの課題を解決したい。
だから、空気を吸

もっとみる
嬉しいです!励みになります!!

企画書を書くときに考えていること

企画書を書くのが好きです。
企画を考えるのも好きなのですが、ここでは企画書の書き方にフォーカスをあてて、自分なりの書き方をまとめてみます。

去年、運よく一次を通過できたツタヤクリエイターズプログラム(TCP)で出した企画書を元に書いていこうかなーと。

1枚目。表紙。

表紙だし、結構こだわったつもりなんですが、2次審査を担当してた方に「ダサい」と一括されたので、ビジュアルは全体的にあまり参考に

もっとみる

企画書の書き方

企画書とは、何かを行う時や作る時に、自分の考えた内容を、実行に移すための具体的な計画を記載した書類のことをいいます。1つのプロジェクトを行うには、たくさんの準備をしなければなりません。例えば身近な例を挙げて、飲み会を開くとしましょう。そのためには参加者、開催場所、開催時間、予算、会費、所要時間などを決めなければなりませんよね。これらの具体的な内容を決めることを「企画」といい、それを書面にしたものが

もっとみる
年300記事程書いています。がんばります。
39

デザイナーではない人が資料をつくる前に知っておくこと - "Q&A part1"

「目次」についてのデザインnoteを執筆中ですが...もっと即効性のある情報を提供したい!と考えておりまして。

DMなどでもご要望があり、また大手予備校でのアンケートや企業研修でも大変好評を頂きました「Q&A」のコーナーを、このnoteでも共有したいと思いました。

尚、本文の執筆については一部加筆修正を加えておりますが、質問を頂戴した当時の文章をできるだけ掲載しております。ちなみに、時には35

もっとみる

【連載 第4回】プロフェッショナルの大原則「人を動かす一人歩きする」資料Before→After 基礎編①線グラフの基本

こんにちは。元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座」の講師松上です。

 前回に引き続き、過去に私が添削した実際のスライドのBefore→Afterをご紹介します。今回からは、ビジネスの現場で作成される頻度が高い内容を厳選して紹介します。

 資料作成スキルをより強化したいという方はAfterのスライドと解説を見る前に、Beforeのスライドだけをみて、自分だったらどのように改善するかを

もっとみる

企画書レビュー

この note は直接企画書をレビューする特別コースの note です。
 「プロが教える、企画書の作り方」をまだ読んでいない方はそちらを読んでください。

レビューについて

・1購入につき、1企画書をレビューします。
・同じ企画書なら何回でもリレビュー可能です。
・フォームの「名前」にはアカウント設定の「ニックネーム」と同じものを入力してください。(個人識別のため。ユーザ登録した上でご購入くだ

もっとみる