自分のやりたい事は何か?+ロボット人間について

俺には音楽しかない。

暇なのが苦痛。

音楽は24時間できない。

暇な時間が必然的にできる。

さて何をやれば良いのか?

この話は何度もしている。

今まで生きてきて27年間で解決しない永遠の悩み。

すべき事なら読書や勉強だとは分かるがやる気がないから出来ない。

やる気がない状態で無理矢理やるべき事をやろうとすると凄くストレスになり良くない。

つまり何度も同じ結論に至るが『本能的に生き

もっとみる

不運はまだまだ続く!

私は夫のことが大好きでした。口は悪いし私をいじっては大笑いする人でした。関西人独特のボケ&ツッコミしてる夫婦でした。本当に楽しかった。いつも笑ってた。子供はいないので、愛犬と3人でずっとこのままこの生活が続きますようにと願っていました。

でも。。。突然夫は脳出血で倒れて救急車で運ばれてそのまま。もう二度と家に帰ってくることはない。管につながれて目を覚さない夫を見て、私は病室で泣き叫びました。「い

もっとみる
私もスキよ♪
2

幸福も不幸も私のもの

常に幸せを求めて生きるものだと思っていました。

仕事も、男も、生き方も。

どうしたら自分が幸せだと思える状況にたどり着くか。

欲しいものを一番に考えて生きてきました。

でも、全てにおいて幸福であることが最上ではないんですね。

最上の幸福を手に入れることができるなら、

その不幸を甘んじて受け入れます。

不幸ぶらない生き方。

毎日ごはんを食べること、たまに友達と喋ること、仕事に打ち込めること、それをひたすら繰り返すこと日常は、すごく幸せなことです。

人間は、当たり前のことには鈍感になって、それが幸せなことなのかどうかが分からなくなってしまいます。

特に僕は、自分のことで思い悩んだり、人間関係のしがらみに囚われたりすると、どうしても日常の幸せを見逃してしまいます。

目の前の問題の解決が優先になって、他のことを考える

もっとみる
本当に、ありがとうございます。
53

不運が自分に自信を与えてくれたなんて思ってもみなかった

今までいろんなつらいことがあったなぁ。死にたくなる時もあったなぁ。自分はなんて不運なんだろう?なんで自分だけ?って何度思ったことか。

でも「そんな不運も乗り越えた自分!」になるとそれが自信になる。。とぷろおごがツイートしてた。それを読んでふに落ちた。そっか。。あの時もあの時も私は「もう無理!死にたい!」って思ったけど、乗り越えて今こうして生きてる。しかも幸せを感じられるようになった。これは奇跡か

もっとみる
私もスキよ♪
3

七夕、あなたはきっと幸せを願う

7月7日 七夕

大勢の人が短冊に願いを込める

好きな人と結ばれますように。これからも仲良くできますように。ずっと健康でいられますように。テストでいい点とれますように。受験成功しますように。

人それぞれ何を願うかは自由だ。自由だ、が

きっとそれは前向きで、叶ったら嬉しいことだ

生きていると幸せなことも不幸なことも嬉しいことも苦しいことも、それなりに起こる。今日は幸せな一日だった、よい一日だ

もっとみる
拙い文章ですが読んでくれてありがとうございます。
5

#101 イヤなものはイヤ。

サクッと書いてみたい。と思った。

以下、自分の棚卸し。



◎大事なこと

自分のペース/自分が興味があることをやること/疲れすぎない/追われすぎない/心地がいい/安心/自分の色/誰かに影響を与えていること

◎得意なこと

適応すること/空気を読むこと

◎好きなこと・興味があること

自分の感情を日々感じること/心理学/先端技術/ゆったりいられる服/ビール/美味しい食べもの/海/Mr.c

もっとみる
(=^▽^=)
42

【短歌】愛がない 陳腐な言葉 だけどでも 結局これが 不幸を作る

他人と比べて不幸になる治し方

幸せになりたいと思うほど他人と比べてしまう

幸せになる基準を持っており、他人を見る傾向にある。そしてあれよこれよと自分に足りないものを見つけてマイナスに捉える

特にSNSを見比べる時間が長くなるほど、不幸に感じる(ストレスを感じる)

SNSを見なくなれば、幸福度は上がる

(リアルなコミュニケーションをとる時間が増えたから)

人間は他人の行動を見て自分が行っている行動の正当性を測る傾向にあ

もっとみる
ありがとうございます。

無責任な結末を避けるには

兄、34歳独身、自宅警備員歴二年。
弟、29歳独身、兄の保護者歴二年。
 
幸いにも弟が俺である。自堕落で惰弱な日々を謳歌していた兄だが、近頃は家事に精を出し、ピアノ演奏を再開するようになった。邦楽のピアノ編曲から少しづつ難易度を上げ、最近はラフマニノフの音の絵シリーズを軽々と弾いている。そんな兄が言った。
 
「そろそろ再就職、かな」
「え?外出んの?」
「ん、や、自宅でピアノ教室とかどうかなと

もっとみる