ホルモンを制する者は人生を制する

身体にお気を付けくださいね。
このNOTEの投稿のページにうっすらと書いてある文字です。
50代の私にはこの時期の寒さが毎年体に応えます。
元々、虚弱体質なんですが冬は極端にやる気が落ちて人に会うのも気乗りしない日が出てきます。更年期なのかしら?

年を取るってあえてポジティブ思考にしていかないと、気持ちが落ちることが多くないですか?メンタルトレーナーやってなかったら、きっと“うつ”にでもなってる

もっとみる

HIITトレーニングの目的と効果を高める方法。

以前やっていたHIITトレーニングは筋トレ中心でダッシュなど全身の筋肉を動かすものはあまりなかった。
[腕立て15→バイシクルクランチ(腹筋)15rep→リバースプッシュアップ20(三頭筋)→スクワット 30(太腿)]x3

しかし、今回の目的は心肺機能を改善することであるので、最も多くの筋肉を使って、さらに疲れるメニューでないといけない。(そもそもHIITトレーニングとは心肺機能を高めるもの)

もっとみる

細胞はミトコンドリアを手に入れて、初めて「エネルギーの壁」を突破し、大きく複雑に進化した

真核生物の細胞(真核細胞)は、その内部に、
 核とか、
 細胞骨格とか、
 ミトコンドリアとか、
複雑な構造をいろいろと持っている。

サイズも、真核細胞はバクテリアより直径で10倍ぐらい大きい。
(体積だと1000倍ぐらい大きい。)

そして、地球上の生物には、
 原核生物(バクテリア:細胞内に核がない)
 真核生物(細胞内に核がある)
の、大きく分けて2種類しかいない。

バクテリアと真核細胞

もっとみる
ありがとう!またらくがきを書きます。
5

【酸化とは】〜酸化・糖化・炎症について〜

◼︎若く見える人、老けて見える人。

20代以降は”加齢”ではなく”酸化”しているのです。

世の中には、実年齢よりも若く見える人と、老けて見える人がいますよね。

年齢の割に若くて綺麗な人ほど、若い頃からちゃんとエステやコスメはもちろん、食生活や生活習慣に気をつかっている人が多いような気がします。

それが習慣化して当たり前になっているから「特に何もお手入れしていません。」って言われたりします。

もっとみる

『すべての疲労は脳が原因』の要約と感想

要約

疲れの直接の原因となるのは活性酸素である(p65)

細胞で活性酸素の攻撃をもっとも受けやすいのはミトコンドリアです。(p68)

ミトコンドリアが傷つくとエネルギー工場としての機能が低下しますから、細胞はエネルギー不足に陥って疲れやすくなります。もっとも影響を受けるのは日常生活の活動や運動の主役となる筋肉、そして常に休みなく働いている自律神経の細胞です。(p68~69)

このように脳と

もっとみる

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。

ありがとう!
1

ミトコンドリアの祖先は、太古の昔にバクテリアに侵入したバクテリアだった?

ATPは、生命のエネルギー源だ。
僕たち真核生物は、ミトコンドリアでATPを作っている。

ミトコンドリアで何が起きているかを、最近何回かに分けて書いてみた。

ATPが作られる仕組みをざっくりと書いてみたし、

この仕組みがなんでこんなに回りくどいのかも書いてみた。

軽く振り返ってみると、ミトコンドリアの内膜の上には、電子伝達系と、ATP合成酵素があって、

 まず、電子伝達系がプロトン(水素

もっとみる

りんごをひとつくださいな。まるのふつうな宇宙的日常と今後のこと。(サポート募集中)vol.8

【本日はついに・・・!のお知らせがあります。よければ最後までお読みください】

10月下旬に左足の痛みに耐えかねて、出張先から自宅最寄り駅まで帰ってすぐに整形外科に駆け込みレントゲン検査でも原因がわからず。そこから痛みのためほぼ歩くことが難しくなり家で寝たきり、総合病院での再検査、それでもわからずにMRI検査へ。そこでやっと骨の内部の骨折と判明し、その時点でだいぶ回復してきたので通院は終了。特に治

もっとみる
ありがとうございます!(うれしいです!)
6

解糖系で乳酸ができるのは、筋肉が無酸素状態だからではなく、糖質の分解がミトコンドリアの反応可能量に関係なく過剰に起こるため、乳酸が一時的にできる。

無酸素運動か、有酸素運動なのか?

短距離走や短いダッシュ、重量挙げのような力を出す運動など、強度が高い運動は「無酸素運動」と呼ばれ、その反対に、ゆっくり長時間する運動は「有酸素運動」と呼ばれます。

しかし、ダッシュしているとき、ウェイトトレーニングをしているときにも必ず心臓は止まっていることはなく、どんな時にも、心臓が動いて肺から血液に酸素が取り入れられ、筋肉に運ばれ、酸素が取り込まれ、ミトコ

もっとみる
ありがとうございます!

ゆっくり息を整えて進む。まるのふつうな宇宙的日常と今後のこと。(サポート募集中)vol.7

今回からまたモードを変えて書いていきます。日常は見方を変えればギャグ満載で、どんなにシリアスなことも、自分の立ち位置や目線を変えると、ぜんぜん別のものに見えたりもしますよね。

ネットからの拾い物を拝借。(ご本人作ではありません)

楳図かずおさんが以前、テレビ番組のインタビューで、ホラーマンガとギャグマンガの描き方について、不穏なムードは俯瞰から遠距離で描くとそういうムードになり、ギャグはなんだ

もっとみる
ありがとうございます!(またきてください!)
6