『部屋選びを失敗した後輩くん』と、『いい部屋を見つけられた僕』ボストンでの部屋選びの大事な2つのポイント

海外に住むってなると失敗したくないのは、部屋選び。日本と選び方がまた変わってくる。ルールも国も違うならそれは当たり前。

2年前から住んでいる後輩くんの家と、今回住み始めた僕の家の違いから、とある失敗のポイントや、どうすれば回避できるかを教えます!

ちょっとコアな内容なので、ご了承ください。ボストンにこれから住もうと思っている人は必見です。

有料にしている理由は一部物件の批判(ここは住んではい

もっとみる
スキを食べて生きてます。
5

とあるボストンの休日~Phase1解除中とロブスターロールな日~

まだ州外に出ると検問警察に捕まるため、州内で遊ぶことになった今日。

州をまたぐと2週間の外出自粛をしなくてはならず、仕方ない。友人の中に感染者はいないが、日本人らしくきちんと規則を守りながら遊ぼう。

ボストンにきて、すぐ外出自粛になってしまい、遠出をしていなかったので、ちょっとワクワクです。もちろんお店は閉まっているし、飲食はテイクアウトのみだが、それでも十分でした。

本当は晴れの予報であっ

もっとみる
これからもAbekoをよろしく!
13
スキありがとうヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪
7

自己紹介 | 眼科専門医 x ピアノ弾きとして

呼び名。たけるくんとか、たけるさんとか、なぜか帰国後はたける先生と言われることが多くなってきました。。先生つくとちょっと構えるので、つけなくってもいいよー。こどものころからずっとfirst nameで呼ばれ続けてるので、苗字の方が違和感があって記号的な感じ。

なぜ「たける眼科」?

「たける眼科」って名前にしたのは、西新周辺には同じ苗字の病院・商店がいくつもあるからです。ゆかり眼科、まり眼科は東

もっとみる

夏のボストン 【後編】

さて、こうして5日間のプログラムがスタートしたわけだが、ここにたどり着くまでの珍道中に比べればその後はとてもスムーズで、人生で初めてのとても短い海外留学を心ゆくまで楽しんだ。

毎日朝から午後まで様々なカリキュラムをこなす。音楽理論の授業や少人数のグループでギターを弾くアンサンブルのクラス。また、自分の好きなジャンルを選んで受ける選択科目もあった。僕はブルースを選択。最初の日、「皆んなはどのブルー

もっとみる
ありがと!
360
スキありがとうヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪
3

アーティストチャレンジ 7/10 セレンディピティ

Be Active, Be Positive, Be passionate…🔥


パフォーマー/アーティストチャレンジというバトンが、私のいるマーチング界隈から届きましたので、こちらで参加します。私が“芸術”に対して、マーチングに対して、日々考えていることを少しずつ綴る、全10回のシリーズ。

ふと目にした人の、心の端っこにでも触れられると良いな。

セレンディピティ。
偶然の幸運、を私は信じ

もっとみる
ありがとうございます!
1

夏のボストン 【前編】

17歳の時に友人に誘われて、ボストンのバークリー音楽院が毎年夏に開催している「サマーギターセッション」という一週間のプログラムに参加した。

その当時はまだインターネットがそれほど普及していなかったので準備がなかなか大変だったが、その友人が細かな事務手続き(もちろんすべて英語)を丁寧に教えてくれたのでなんとか無事に申請を終えた。

初めての10時間を超えるフライトになぜかTシャツ・ハーフパンツにサ

もっとみる
いつもありがとう!
315