フェイクミート

植物肉「普及元年」に コロナ契機に消費者選好

大豆など植物由来の成分でつくる「植物肉」の普及が加速してきた。新型コロナウイルス禍を契機に消費者の意識が変わってきた。米小売り最大手ウォルマートなど流通企業が取り扱いを拡充し、国内外の外食企業でもメニュー投入が相次ぐ。食品大手や新興企業も商品開発を強化し政府の後押しも広がる。2020年は植物肉の「普及元年」となりそうだ。

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
3

植物肉は「バーガー」じゃない? EUで議論白熱

大豆など植物由来の代替肉を使ったハンバーガーは「ディスク」、ソーセージは「フィンガー」などの呼称に変更すべきではないか――。欧州議会が21日、食品ラベル表示規制の改正案について投票するのを前に、賛成派と反対派の議論が白熱している。

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
1

イオン、PBで植物肉を本格販売 ハンバーグなど

イオンは30日、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」から大豆由来のハンバーグなど植物性食品のシリーズを10月6日から本格販売すると発表した。大豆は牛肉などに比べて生産時の環境負荷が小さく、大豆ミートなど植物肉への関心も高まっている。健康や環境に配慮した品ぞろえを拡充することで、嗜好が多様化する消費者のニーズに対応する。

大豆由来ハンバーグなど9品目を展開する
画像の拡大
大豆由来ハンバー

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
2

無印良品、植物肉に参入 環境意識の高まりに対応

雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は27日、大豆由来の成分でつくる「植物肉」の取り扱いを始めると発表した。ハンバーグやミートボールなど4種類をそろえる。大豆は豊富なたんぱく質を含み、牛肉と比べて生産過程で環境に与える負荷が低いとされる。環境配慮の商品を増やすことで、健康や環境への影響を重視する消費者が増えていることに対応する。

無印良品で販売する大豆ミートハンバーグ
画像の拡大
無印良品で販売

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
2

広がる「サステナブルフード」 ネスレやコメダも

#フェイクミート,#大豆肉,#フードテック,#ベジタリアン,#サスティナビリティ

喫茶店チェーンのコメダ珈琲店は7月、東京・銀座の歌舞伎座近くに「植物食」をうたうカフェをオープンした。店名は「KOMEDA is □」。□の中には「おいしい」や「健康」といった単語を客が自由に入れて楽しめるようにしている。読み方は「コメダイズ(米・大豆)」。文字通り、米や大豆など植物だけを食材に使

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
1

精進料理とビーガン 食材の冒険が生む未知の味とは

#フェイクミート,#大豆肉,#フードテック,#ベジタリアン,#サスティナビリティ

日本の伝統である精進料理と、いま世界に広がりつつあるビーガン料理。ともに制約の多い引き算の料理と思われがちだが、本当にそうだろうか。使うことのできる食材にルールがあるからこそ、作り手は多様な味を求めて食材への探求心を研ぎ澄まし、規律の先に開ける大きな自由を食べ手も享受できる。深淵なる味の創造の世界へようこそ。

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
1

野菜の日~Vegecoで手軽に社会貢献~

こんにちは。グリーンハウス 開発マーケティング部のたむっちです。
今回は、先日8月31日(ヤサイの日)に全国のビジネスレストランで実施した「Vegeco for SDGs」のイベントをご紹介したいと思います。
(レシピもありますよ!)
Vegeco(ベジコ)とは、以前にもnoteでご紹介した100%植物性の食材を使用したボーダレスで新感覚のランチメニューのこと。Vegetable(野菜)+Eco(

もっとみる
うれしいです!!!
5

信越化学、植物肉素材に参入 ESGで需要増

#フェイクミート,#大豆肉,#フードテック,#ベジタリアン,#サスティナビリティ

信越化学工業は大豆など植物由来のタンパク質で作る「植物肉」向け素材に参入した。欧米の植物肉メーカーへの供給を増やし、新たな収益源に育てる。植物肉は普通の肉に比べカロリーが低く、環境負荷も少ないとして需要が伸びている。食品メーカー以外の企業にも、植物肉市場の拡大が商機になってきた。

信越化学が手掛けるのは植物肉に混

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
2

クリーンミート 培養肉が世界を変える

書名:クリーンミート 培養肉が世界を変える
著者:ポール・シャピロ
出版社:日経BP
発行日:2020年1月9日
読了日:2020年8月19日
ページ数:368ページ
8月 :10冊目
年累計:31冊目

『クリーンミート』
最初は何だろう?って思った。
でも呼んでびっくり、人工的に作ったお肉という事である。
細胞を培養させて、お肉を作る。
なんかすごいお話である。

個人的な話になりますが、『ビ

もっとみる
ありがとう!嬉しいです!
1

「植物肉」21年にも日本上陸 ネスレ日本、まず業務用

ネスレ日本(神戸市)は植物由来の成分でつくる「植物肉」を2021年にも、日本市場に投入する。ハンバーガーチェーンやレストランなどに向けてまず業務用として販売し、国内での生産も検討する。同分野は米国や欧州で市場が拡大しており、食品世界最大手の参入で日本でも関心が高まりそうだ。

インタビューに答えるネスレ日本の深谷龍彦社長(神戸市)
画像の拡大
インタビューに答えるネスレ日本の深谷龍彦社長(神戸市)

もっとみる
この発見が奇貨となりますように
2