端的に話せる力を養いたい

「1分で話せ」を読んで得た知識です。

黄金ピラミッド構造「1.結論」「2.根拠」「3.事実」

PREP法などに似た昔から語り継がれている万能な構造ですね
構造に当てはめて「だから何?」を繋げでいくとロジカルに組み立てれるそうです。
なので、どんな仕事にも使えそうな汎用的な構造だと感じました。

ちなみに、日本人は起承転結文化があるので、結論から述べるのが苦手だそうです。

いらない言葉や前置き

もっとみる

計算ラジオ#9

ミントとラジコン

00:00 | 00:30

ミントとラジコンによるネットラジオ#9

【TOPICS】
・ミント『涼宮ハルヒの憂鬱』を見る
・ミンラジニュース
・コーナー『ミントこれ知らないの?』
・ミントの買い物術@ミント
・兄弟カースト@ラジコン

ツイッター:https://twitter.com/Ksan_radio
ご質問や話してほしいテーマ等ダイレクトメッセージで受け付けております

BGM:魔王魂

感謝!コメントもいただけるとさらに感謝!
1

目は口ほどにものを言う

誰もが知っていることわざですが、人と話すことにおいて、本当に言い得て妙なのではないかと思います。

ことわざの意味としては、
人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。 また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。
(出展:http://kotowaza-allguide.com/me/

もっとみる
眠れない夜にあなたのスキを見返します
2

コミュ障でも上達!カウンセラーや交渉人が使うコミュニケーション技術を解説するシリーズ【後半】

こんにちは! こばとーんです!

コミュニケーションを学ぶ講座の後半戦!

シリーズを通して『ミミッキング』『バックトラッキング』を学んできましたが、今回で大詰め。

ちなみに前半はコチラ

会話で困ることはほぼ無くなるテクニックなので、ぜひ一般公開パートだけでもみてくださいね!

これだけでも十分な技術ですが、さらに上を目指したい、一生かけて上達させていきたい、そんなふうに思う方は会員限定の動画

もっとみる
嬉しいです!感謝!

話が面白い人、退屈な人

最近、プレシデントという雑誌で「話が面白い人、退屈な人」っていうテーマを読んで、まさしくそうだな〜って感じた。

記事を読んでいると、一言でいえば相手のことをどれだけ考えられているか?ということに尽きると思うが、特に会議やセミナーの場面で書いてあることがすごく共感する。

そこで今回はQ&Aをする時のせっかちな自分の意見を述べたい。

質問する時の長さに注意!

一番気になること、それは質問で相手

もっとみる

親密度を上げるために、1対1のトークで気をつける基本的なこと【人見知り・コミュ障】

「1対1の会話が続かない・・・」
「初対面だと緊張してしまって、うまく喋れない」
「友達を作ろうとしてるのに、堅苦しい会話になってしまう」
「会話は一応できてるんだけど、全然仲良くなれない」

こんな悩みよくありますよね。
2010年ごろには、「コミュ障」という言葉が流行ったくらいなので、コミュニケーションの能力が足りないという自覚のある人が、昔と比べて増えたのではないでしょうか。

僕もどちらか

もっとみる
シェアもお待ちしております( ; ; )
29

いだてんトークツアーファイナル① 〜クドカンってこんな人なんだ〜

トークツアーファイナルin熊本市、行ってきました!(^^)

最初から最後まで面白すぎて、終始「ヘ〜!」と納得するか、笑っているかのどちらかで、あっという間の1時間でした!(笑)

ゲストは、
・金栗四三役: 中村勘九郎さん
・脚本家  : 宮藤官九郎さん
・村田富江役: 黒島結菜さん

の3人でした。

(出典:NHKサイト)

ざっとコンテンツを箇条書きにするとこんな感じです↓↓

1️⃣

もっとみる

幾何ゼミトーーク!_格子群

前回は基本領域と双対格子,自己双対格子について書きました.今回は格子の体積(面積)とダイヤモンド結晶構造について書いていこうと思います.

内容的には,幾何学というよりは格子「群」というだけあって,群論などの代数寄りの話が多くなり,抽象度が高くなっていきます.それも一つの面白さだと思うのですが,具体的なイメージがしづらくなってくるのが難点です.一度前回の内容の復習として,「Z-基底」と「基本領域」

もっとみる

ゼミトーーク!(7)フーリエ変換

前回宣言した通り,シュワルツ超関数とそのフーリエ変換について説明します.

(やっぱりソボレフ空間やってないとしんどいな...)

D(R^n)の代わりにS(R^n)を試験関数の空間にとって,シュワルツ超関数を定義し,シュワルツ超関数のフーリエ変換を定義する.シュワルツ超関数は無限遠方での増大度が制限された超関数で緩増加超関数とも呼ばれ,シュワルツ超関数はフーリエ変換との相性のよい空間でフーリエ超

もっとみる

幾何ゼミトーーク!_格子群

前回の幾何ゼミトーーク!では格子群のZ-基底について議論をしました.今回は格子Lの基本領域についてと双対格子について説明します.

その前に,行列と群(group),環(ring),体(field)の関係についてちょっとだけ復習しておきます.定義通りR:実数全体の集合,Z:整数全体の集合,Q:有理数全体の集合,C:複素数全体の集合とします.

Mn(R):={ A | Aの成分が実数であるn次正方

もっとみる