藤井青銅

作家です。放送作家、脚本家、作詞家とも呼ばれますが、自分では全部同じことだと思ってます。ヘッダー画像は『ラジオな日々』(小学館)表紙カバー(画・木内達朗さん)より。

何も言わない

以前住んでいたマンションでのことだ。管理組合の理事になった。どこのマンションでも、たいていは抽選で順に回ってくるやつだ。マンション住まいの方ならば、一度や二度は...

意外な「その後」

駆け出し作家の頃「ラジオっ娘」というラジオ番組を担当していた。正式には「電話好きっ娘 ラジオっ娘 男の子にはナイショなの」と、なんとも凄いタイトル。1981~82年頃...

細々と、今度こそ、

ニコタマ(二子玉川)は、すでにクリスマスムードでした。11月13日なんですけどね。 向かったのは『蔦屋家電』というお店。本と家電製品が並んで売られている変わった...

本も作る番組も作る、パイも作る

そもそもは、『ゆるパイ図鑑』という本を出したことでした(2014年8月)。静岡・浜松の「うなぎパイ」は有名ですが、各地に旅をすると、 「おりょ? ここにも、うなぎパイ...

「学問のはじまり」を感じる時

早稲田大学の学祭に呼ばれて少し話をしてきた。FMwasedaというラジオサークルの番組に、ゲストで呼んでもらったのだ。 運営スタッフはもちろん大学生たち。彼ら彼女らの...

新刊が出ます

ラグビーのワールドカップを見ていて、あるいは先日の即位礼正殿の儀に来日する各国の方々を見ていても、 「世界にはいろんな国があるなあ」 と思いませんか? もちろん、...