デジタルツイン

宇宙ベンチャーのスペースデータが、現実空間をバーチャル空間として自動生成するAIを開発

宇宙ベンチャーのスペースデータが、現実空間をバーチャル空間として自動生成するAIを開発

▼おはトピ・衛星データと3DCGを使い、現実空間をバーチャル空間として自動生成するAIを開発。アメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン地区をバーチャル空間として再現したと発表。 ・同社が開発した技術は、一人称視点での3Dモデルの生成を得意とし、機械学習を用いて地上の構造物を自動で検出・分類・構造化。AIが地上の3Dモデルを自動生成する。 ・同社では、現実世界と瓜二つの仮想世界を作り、「デジタルツイン」や「メタバース」での産業活用を想定 ▼サイトリンク(画像引用)・株式

スキ
2
CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?【現実と仮想】

CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?【現実と仮想】

こんにちはsomekichiです。 皆さんはCPS(Cyber Physical Systems)という言葉を聞いたことがありますでしょうか? CPSとは現実世界にあるデータによって仮想空間を構築して、現実世界では不可能なシミュレーションを行ったり、分析を実施して、社会的な課題やあらゆる産業に良い影響を与えることを目的とした取り組みです。 今回はそんなCPSを通じた取り組みをsomekichiなりに学んでみたいと思います! デジタルツインとSociety 5.0「物理

スキ
15
長距離ワイヤレス給電(AirPlug®)技術の社会実装を実現するエイターリンクが,シリーズAにて2億円の資金調達を実施

長距離ワイヤレス給電(AirPlug®)技術の社会実装を実現するエイターリンクが,シリーズAにて2億円の資金調達を実施

資金調達情報 調達額:2億円 ラウンド:- 募集方式:第三者割当増資 調達先:KII2号投資事業有限責任組合     テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合 調達年月:2021年10月 企業情報 企業名:エイターリンク株式会社 住所:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル Inspired Lab内 事業内容:心臓のペースメーカーをはじめとする「メディカルインプラントデバイス」をワイヤレス給電する研究開発を行う. 設立年月:2020年8月 ST

スキ
5
あつ森にみるデジタルツインの未来
+8

あつ森にみるデジタルツインの未来

あつまれ どうぶつの森(あつ森)。Nintendo Switch専用ソフトで、どうぶつたちを自分の島に招き、島クリエイトによって、自分の理想の町をつくる箱庭ゲーム。オンラインで友達の島に遊びに行くこともできる。 どうぶつの森と「弱い建築」YouTubeにも島クリエイトの経過や、完成した島の様子が次々に投稿されているが、建築家の筆者から見ても、クオリティが高く、気持ちよさそうな島が多い。筆者の友人の、島クリエイトの一部が下図である。友人(24)は建築やデザインの仕事もしていな

スキ
6
メタバースは「自分に優しい世界」「都合のよい世界」を提供するサービス

メタバースは「自分に優しい世界」「都合のよい世界」を提供するサービス

【エピローグ前編】メタバースの平等は、フィルターバブルにくるまれた人が見る幻想としての平等岡嶋裕史さんのメタバース連載の31回目です。「1章 フォートナイトの衝撃」「2章 仮想現実の歴史」「3章 なぜ今メタバースなのか?」「4章 GAFAMのメタバースへの取り組み」に続き、エピローグを2回に分けてお届けします。今回はその前編です。 エピローグは全体のまとめ的な役割を果たします。エピローグを読んだ後に頭から読み直していただくと、より理解が深まるかもしれません。 次回はいよい

スキ
29
急上昇ワードでよく聞く【デジタルツイン】って何!? 今更聞けない人向けに解説
+8

急上昇ワードでよく聞く【デジタルツイン】って何!? 今更聞けない人向けに解説

流行の言葉に惑わされず、しっかりと咀嚼して受け答えできることがビジネスにおける相手への信頼になります。 先日紹介した、ソフトバンク基調講演における「スマボ」などのような流行する言葉を常にキャッチアップしていくことが大切です。 今回はその中でも巷でよく聞く「デジタルツイン」について解説していきます。 デジタルツインは、現実世界を仮想空間で作るデジタルツインとは、 「リアル(物理)空間にある情報をIoTなどで集め、送信されたデータを元にサイバー(仮想)空間でリアル空間を再

スキ
10
【4週目】 今週、社内で話題になった事例。
+8

【4週目】 今週、社内で話題になった事例。

こんにちは、株式会社アーキロイドの津久井です。 この連載も4週目になりました。(なんの節目でもありませんが) ”週刊連載というのは大変だ。漫画家はこれとは、質/量ともに比べ物にならないモノを、毎週出し続けているのか。人間じゃないな。” なんて思ったりしています。今週は事例数が少なめですが、それとこれとは別に関係ありませんよ。さぁ行ってみよう。 【事例1】toMap beta【概要】  toMapは3D都市モデルのプラットフォーム型サービス。ユーザーが持っているGISデータ

スキ
18
『日の名残り』とセンシング

『日の名残り』とセンシング

遅ればせながら『日の名残り』を読了しました。1956年の現代から、1920〜30年代の過去を回想する物語。2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが、1989年に上梓し、ブッカー賞を受賞した小説です。一方、メタバース、ミラーワールド、デジタルツインなど様々なデジタル空間の活用が語られるようになりました。ようやく日常的な話題として、これらの言葉が登場するようになり、社会実装の現実味が増してきたと感じています。『日の名残り』の主人公の言葉が、今日のメタバースに重なるよ

スキ
6
「アーキロイドで自宅を再現してみよう」

「アーキロイドで自宅を再現してみよう」

こんにちは、株式会社アーキロイドの亀岡です。 archiroid.comがリリースされてから約1ヶ月が経ちましたが、 皆さん、アーキロイドで家をつくってみて頂けたでしょうか? 観てはみたけど作ってみる時間が無い、正直操作が難しい、触ってみたいけど何から作れば良いか分からない等、ハードルは様々かと思います。 機能やUIなどの面はアーキロイドが日々改善していくとして、 この記事では「ほう、こんな感じで使えるのか」「週末ちょっと触ってみるか」等、気持ちの面でのハードルを少しでも

スキ
19
日本企業はメタバースで生き残れるか?
+7

日本企業はメタバースで生き残れるか?

4章⑩ GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバース連載の30回目です。「1章 フォートナイトの衝撃」「2章 仮想現実の歴史」「3章 なぜ今メタバースなのか?」に続き、「4章 GAFAMのメタバースへの取り組み」を数回に分けて掲載していきます。今回はその10回目です。 ウェブ、SNS、情報端末などの覇者であるGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)はメタバースにどう取り組んでいくのか? 果たして

スキ
23