センシング

EC2021学会参加レポ
+6

EC2021学会参加レポ

杉浦研究室学部4年の怡土(いと)です。 2021年8月30日から3日間行われたエンタテインメントコンピューティング2021についてご報告させていただきます。杉浦研究室からは学部4年の山本君、高柳君、川﨑君、そして修士1年からは張さんが発表を行いました。 研究内容【山本君の発表】 カーペットを情報ディスプレイとして活用するデバイスを提案しました。既存のカーペットの毛を逆立てると濃淡が異なる跡ができる現象を利用して描画を行い、先行研究以上に写実的な画の描画を実現しています。

「オムロンリング」の話
+2

「オムロンリング」の話

昔勤めてた会社に、はじめてカラーコピー機が入ったときの社長の訓示(笑) 「いいか、お前ら、絶対にお札のゼロックスとるなよ! 絶対だぞ、絶対、わかったか!」 昔のデザイン業界では、コピー(複写)をとることを「ゼロックスとる」と言ってましたので(今では、そんなこと言うのはご老体くらいしかいないと思いますが)まぁ、どこでも導入時は、こんなやりとりがあったかと思います。今では「当たり前」のことなんで、わざわざ言わないとは思いますが…。 で、「オムロンリング」とはナニか? という話で

スキ
31
”現場”が地球レベルを超えて”宇宙”に広がる日

”現場”が地球レベルを超えて”宇宙”に広がる日

accoです。一昨日、日経新聞のある記事の見出しを見て、わくわくしました。 国交省、月面の建設技術 確立へ(日経サイトへリンク) #月面 建設現場はなんと #月面 。 お母さん「お父さん、今日はどこの現場にいくの?」          お父さん「月面だよ、今日から新しい現場なんだよ。」         お母さん「!月面!?」 という日も近いのか!? 25年度までに月面に無人で施設を建設する(遠隔で建設)技術を実用化するとの事。建設、建機、自動化、センシング技術を持つ

スキ
2
保育士の触感

保育士の触感

 手袋型の感圧センサーによる、物体の識別能が上昇しているそうなので、保育士のような子どもとの身体接触の多い専門職にとっての「触覚」の意味について、少し考えてみました。 (出典) 左:Wikipedia  体性感覚      右:Image by Mike 感覚器官としての手のひら 冒頭から少し入り組んだ画像から始まっているが、まずはご容赦いただきたい。  左の図は「ペンフィールドの図」と呼ばれ、人体の各部位からの感覚入力が、大脳皮質のどの部分と関係しているのかを示

スキ
19
ゴミのスマート化って何?

ゴミのスマート化って何?

 今はゴミ箱もスマート化になる時代だそうです。「スマートゴミ箱」はゴミの蓄積情報をセンシングすることで、管理者が必要な時だけ回収しに行くことができるシステムになっています。  スマートゴミ箱の導入は必要以上のコスト、人員、排気ガスを軽減できますが、日本はゴミ箱そのものの設置数が少ないため新規設備投資がかかってしまい、投資対効果が出づらいそうです。  実際に日本はゴミが少なく”きれいな国”と言われますよね。町のいたるところにゴミ箱があるのに紙くずや果物の皮が落ちている国に比

スキ
8
明日、発売開始!3日間だけ35%OFF!

明日、発売開始!3日間だけ35%OFF!

お問い合わせ →https://munashindenzu.com/l/xKVaF6.f.html 下の写真をクリックしてSNS一覧をチェック! --------------------- 心電図で命を救う男性看護師 宗形直哉です オンラインセミナーがあなたの手元に届く! 3月に行った 第1章 ペースメーカ心電図 理解するから読めるへ がいよいよ書籍となって発売されます。 しかも! あの「マナビツクセ」の仲間入りです♪ この書籍ではここがわかります! ・

スキ
4
本来そのまま Enough 十分に足りて大丈夫

本来そのまま Enough 十分に足りて大丈夫

本来私たちは、Enough 。 十分に足りていて 大丈夫。 自分の中心に、= 世界の中心に、どっかりと腰を据えてゆるがないこと しかしそれは 柔軟に 重心を保つこと 流れにあわせて 体は頭よりそれが上手 38億年の知恵だから ゆらぐのは ゆらぐのは 考えすぎたり 怯えすぎたり イマココにいなかったり 重心からずれたとき ずれたら 呼吸をして ハートと一体に戻すこと 生きている ということは 私たちは生きている ということは 常に最新 変容し動き続けているから

スキ
3
インタビュー:スマート在庫検知で効率化 在庫管理をもっと愉快にーユカイ工学

インタビュー:スマート在庫検知で効率化 在庫管理をもっと愉快にーユカイ工学

ものづくり新聞第2回目のインタビューは、ユカイ工学さんです。ユカイ工学さんは、「ロボティクスで、世界をユカイに」を合言葉に、人とロボットが身近な世の中を目指しています。ユカイ工学さんといえば、ファミリーロボット「BOCCO emo」やしっぽクッション「Qoobo」などの家庭用ロボットが有名です。しかし、そんなユカイ工学さんの技術を活用してB2B向けのソリューションも展開されているそうなのです。今日はB2B向けの展開についてお話をお聞きしました。 ユカイ工学について本日お話を

スキ
3
センシングの未来

センシングの未来

就活していた時期に将来どんな業種や研究なら食っていけるかな~といろいろ考えていました。貧乏博士学生なのでこういうことはかなり気にしてしまうのです。 そんなことを考えながら家電量販店を歩いているときにふと考えが頭をよぎりました データを扱うより人材よりデータを作り出す人材が不足するのではないか? 一言で書くとちょっと語弊があるんですが、 ビッグデータが流行ってデータ処理できる人材(データサイエンティスト)は確実に増えています。今さらそんなところに突っ込んでも経験なしのポ

スキ
29
今後もセミナー動画はずっと視聴可能♪

今後もセミナー動画はずっと視聴可能♪

お問い合わせ →https://munashindenzu.com/l/xKVaF6.f.html 下の写真をクリックしてSNS一覧をチェック! --------------------- 心電図で命を救う男性看護師 宗形直哉です まだまだ申し込みは間に合います! セミナーが始まる1分前まで受付中です。 多くの動画受講のセミナーは 配信期限がありますよね・・・ 私のセミナーは配信期限はありません! いつでも見たい時に見返し、 振り返っていただきたいと 思

スキ
2