セザール賞

書いてみる

新着の記事一覧

『天才スピヴェット』:2013、フランス&オーストラリア&カナダ

◆レビュー.《映画『真夜中のピアニスト』》

『やさしい嘘』:2003、フランス&ベルギー

『善き人のためのソナタ』:2006、ドイツ

2022.5.16 ナワシロシネマ VOL.2『Tomorrow パーマネントライフを探して』

フランス語おすすめ映画 | 第47回セザール賞ノミネートおすすめ作品

フランス語おすすめ映画 | ピエール・ニネ出演おすすめ作品

愉快で魅力的で、常識にとらわれない自由な女性“パピチャ”――1本の映画タイトルに込められた想いを知る

1年前

So human, too human - 壁を取り外す時〜セザール賞と"BPM"