スポーツアナリスト

サッカー4-4-2のフォーメーションの特徴(長所・短所)を徹底解説!

サッカー4-4-2のフォーメーションの特徴(長所・短所)を徹底解説!

はじめに 昨今戦術分析をする中で、ささやかながらフォーメーションなんてあってないようなもの。なんて言われています。 もちろんフォーメーションを数字として捉えるのはナンセンスですが、現代サッカーは、可変フォーメーションを用いて、その場その場で最適なフォーメーションを用いて戦っています。 つまり、フォーメーション一つ一つを理解しているからこそ必要な戦術などが出てきます。 そんなわけで、今回はフォーメーションの代表格4-4-2を紹介します。 442フォーメーションの特徴

1
【セミナーレポート】サッカーの分析とプレーモデルとは〜概要から作り方まで解説〜(前編)

【セミナーレポート】サッカーの分析とプレーモデルとは〜概要から作り方まで解説〜(前編)

こんにちは。 今回は、RUN.EDGEが定期開催しているオンラインセミナーにご参加いただいたモリモトソウさん(Twitterはこちら)にセミナーレポートを書いていただきました。 レポートいただいたのはこちらのセミナーです。 プレー分析が学べるセミナーとは?オンラインでどうやって学べるの?そんな疑問に答える内容となっております。ぜひご覧ください。 ================================= 今回は、セミナーレポートということでその中でもプレーモ

アナリスト成長記録

アナリスト成長記録

初めまして!ご覧いただきありがとうございます! 私は、大学の女子バレーボール部でアナリストをしています! 今回、初めての投稿ということで、簡単にこれからどのような内容を投稿していくか、いろいろと紹介しつつ書いていきたいと思います! アナリスト活動の実態まず、はじめに大学のアナリストの実態を知って貰いたいと思います! 私は、アナリストとして大学のバレーボール部に所属していますが、実際、アナリスト専門で所属している人は少なく、マネージャー兼アナリストという形が大学の女子バレ

2
アナリスト育成論~洞察力vsIT能力~

アナリスト育成論~洞察力vsIT能力~

はじめまして METAFOOTBALLアナリスト部門担当の"Sou"です。 現在、プロのスポーツアナリストとして活動する傍らスポーツアナリストを目指す若者へのキャリアサポートをしていきたいという想いから始めた"METAFOOTBALL"の活動も2021年4月で1年が経過しました。 これまでは「職業:スポーツアナリスト」になるまでの軌跡 というタイトルで何者でもなかった私がプロスポーツアナリストとしてどうやってスポーツチームに加入したかについて赤裸々に書かせていただきました。

2
プレー分析セミナー開催してます。

プレー分析セミナー開催してます。

こんにちは。 RUN.EDGE株式会社 FL-UXサポートチームです。 今回は、弊社が定期開催しているプレー分析セミナーをご紹介します。これからお申し込みいただけるセミナーもございますので、ぜひご検討ください! Jリーグ制覇クラブの元分析官が教えるサッカーの見方と映像分析ツールの活用法 Jリーグチームで分析官を務め、チームをリーグ制覇に導いた実績を持つサッカーアナリスト杉崎 健(すぎざき けん)氏を講師としてお迎えし、プロアナリストのサッカーの見方、そしてツールを活用

3
FL-UX(フラックス)、noteはじめます。

FL-UX(フラックス)、noteはじめます。

こんにちは。FL-UX(フラックス)というスポーツのプレー分析ツールを開発・販売しているRUN.EDGE(ランエッジ)と申します。 FL-UXは、ビデオカメラやスマートフォンで撮影したプレー映像を活用してプレー分析が行え、さらに、分析した結果や映像ダイジェストをチームメンバーにシェアしてコミュニケーションができるツールです。 2020年11月より、国内外の高校サッカー、大学サッカー、社会人サッカーのチームの皆様を中心にご紹介をさせていただき、2021年7月現在では、国内外

5
ポイント付き勝利必須。自分たちがコントロールできることを確実に!! v NEC

ポイント付き勝利必須。自分たちがコントロールできることを確実に!! v NEC

こんにちは。だいすけです。 トップリーグカンファレンス戦も残り2試合となりました。 本日はNEC戦の週について描きます。 前回の記事をお読みでない方は、以下よりお読みください。 それでは、いきましょう!! トーナメントの準備トーナメント戦の準備に向けて、僕とボスは相変わらずバタバタしていました。次の日野戦に向けた分析はほとんど終わっていましたが、僕たちが所属しているカンファレンスは、波乱も波乱・・・ 神戸とパナソニック以外は、3位もあれば、8位になる可能性も・・・

5
「ARCS IDEATHON」と近況報告

「ARCS IDEATHON」と近況報告

こんにちは〜 かなり間が空いてしまいましたが、まだnoteをやめてはいません。というのも、、、 半年以上前からこちらのイベントの企画を進めていたからです!具体的には、散らばったGPSやその他のデータを一箇所に集め、使えるようにする作業(いわゆるデータの前処理、クレンジング)とチーム内ステークホルダーとの調整にもいくらか時間がかかりました。そんな中最後のトップリーグシーズンが始まったので、記事の更新がなかなか出来ず… 一回記事の更新をやめるとめんどくさくなってしまうもので

11
6月のレビュー・・・・

6月のレビュー・・・・

Kia Ora だいすけです!! 6月が終わり、7月が始まりました。 ここで少し、6月の振り返りをしたいと思います。 6月レビュー『Note』 記事の数:5本 全体ビュー (2021/06/03-2021/07/02):2739 スキ:55 公開した記事 Noteの記事は約1週間に一回のペースで描くことができました。 『Nacsport』の翻訳記事 記事の数:3本 全体ビュー:360 いいね:1 全体ビューが少ないことが課題・・・ 内容は、アナリス

5
「スポーツアナリスト」に興味津々な私

「スポーツアナリスト」に興味津々な私

最近はJリーグの試合が終わると、次の日には試合についての分析を独自でおこない紹介している記事をよく見かける。 私はこのような記事を読むのが好きで、とても参考になる。 時には対戦相手から見た分析も、相手はこんなこと考えているのかと気付くことがあり、これも読んでいて面白い。 「スポーツアナリスト」という職業が知られるようになったのはいつからだろうか? 私が学生の頃にそんな分野があったのか?記憶には無いが、おそらく一番最初はバレーボール女子日本代表でiPad片手に指示を出し

4